Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2015/09/09 01:04 - 2015/09/09

新米提督、五か月。決死のカタパルト大作戦!(前編) 艦これ2015「夏イベ」ダイジェスト

カテゴリ : ゲーム タグ :


 
「艦隊これくしょん -艦これ-」 2015年夏イベント 「反撃!第二次SN作戦」
が発令されました。期間は8/10~9/2 (後に9/7まで延長されます)。
 
3/22から鎮守府に着任して4か月ちょっとが経とうとしていた
新米提督ももちろんこの作戦に参加をします。
行き詰っていた通常海域5-3の攻略は一時休戦です。
 

 
前回の春イベ は初のイベント参戦ということもあって、全6ステージのうち
4ステージだけを最低難易度の「丙」で突破したところで終了。
それでも十分な戦果でありました。
 
しかし艦これを始めてまだ1か月半だったあの頃とは違います。
今度は「丙」でいいから 最後のステージまで完走 することを
目標にしよう、そう心に決めて夏イベを待っていました。
 
しかし、そんな新米提督の元に思わぬ情報が舞い込みます。
 

 
『 試製甲板用カタパルト はE-6「乙」以上の報酬アイテム 』
 
 
このカタパルトは「 ある艦を改二に するための必須アイテム」と
アナウンスされましたが、その絵図からはどう見ても
翔鶴、瑞鶴の姉妹の改二実装が示唆されていました。
 
私の手元には未だ翔鶴はいません。しかし瑞鶴は嫁です(なにいってだおまえ)
 
司令部から一夜のうちに作戦の白紙撤回が発令されることとなります。
 
 
E-6海域だけ「乙」で制圧せよ。 他の海域の内容は問わない。 』
 
 
それが新しい作戦の骨子でした。その結果、これまで出撃制限のお札を
意識したことのなかった鎮守府は、出撃前から大パニックとなったのです。
 

 
E-6を「乙」で制圧すること、逆に言えば、E-6以外は予定通り「丙」で
良いことになります。「丙」であれば出撃制限のお札は関係ありません。
しかし、E-6に乙で出撃できるのは、E-3で 「機動部隊」 のお札を
付けた艦だけです。E-1、E-2で「初動作戦」の札が付いてしまったが最後、
E-6乙には出撃ができなくなってしまいます。
 
そこで今回はE-1、E-2の突破を担当する初動部隊と、E-3を初出撃にして
E-6の戦力にする主力部隊、この2つに分けて計画を立てました。
 
選ばれたのはこの時点でLv30を超えている艦娘を基準にした32艦。
それを、事前に情報を得ていたルート固定要員などの要素も考慮して
初動部隊14艦主力部隊18艦 に分けることとなりました。
 
まだ自分の艦隊が「乙」のレベルでないことは重々承知しています。
しかしE-6乙だけはどうしても譲れません。
これは瑞鶴の為に 決死の覚悟でカタパルトを奪いに行く
新米提督と鎮守府の面々の、丸々一か月にわたる激闘の記録です。
 
 
てれれれー↑、てれれれれ れー↑れれれー↓(♪映像の世紀のテーマ)
 
 

 
・・・と、意気込んでは見てみるものの、最初のうちはそんなに
肩ひじ張るようなものでもありません。早速E-1丙から肩慣らしがてら
出撃を開始します。旗艦に選ばれているのは、、、、 「菊月」???
 
菊月は申し訳ないのですがわが鎮守府ではいままで重用されたことはなく、
Lvはわずか20という状態でしたが、ルート固定のためにいきなりの出番が
やってきました。
 

 
E-1で待ち構えているのは 駆逐棲姫。あらかわいい。
 

 
しかし、このくらいでの強さであれば、旗艦がLv20の菊月でも、
他のメンバーがしっかりしていれば何とかなります。
ここは特に苦戦をすることもなく突破できました。
 

 
続くE-2丙、ここまではいわばサブメンバーで突破しなければなりません。
サブメンバーだけで水上打撃部隊 の連合艦隊を組めるように
なったというのもそれはそれで感涙ものです。
 
全てがLvが低いメンバーというわけではなく、構成上うまく主力部隊に
入れることができなかった陸奥、榛名、蒼龍、隼鷹、大井らがサポートに
まわって艦隊を支えます。
 

 
E-2のボスは、これはもう顔なじみ(?)になった軽巡棲鬼。
相変わらずワルの顔 してますわー。
 

 
軽巡棲鬼もそれなりに脅威ではありますが、それよりも道中の
戦艦ル級がこのサブメンバーにとっては難敵です。
誰かが大破したら即撤退、という中では、レベルの高い艦が多少いても
カバーはしきれません。厳しい戦いですが、ここで主力に頼るワケにはいきません。
 

 
我慢に我慢を重ねた結果、なんとかサブメンバーだけでE-2丙の突破を決めました。
なお、ここで使ったメンバーはこれで終わりというわけではなく、
乙で挑む予定のE-6以外であればまだどの海域でも使うことができます。
 

 
E-2の報酬艦は 江風。「えかぜ」じゃねーよ!読み間違えンなよ!?
 

 
そして何だかわかりませんが、このE-2攻略の中で、
 
 瑞鶴が2人もドロップしました。
 
瑞鶴はかなりレア度が高くて、長いこと提督をやっていても未だドロップ
していない人もいるくらいの艦娘なのですが、これはもう瑞鶴のために
カタパルトを奪りにきた決意の表れとしか思えません(適当)。
 
いや正直それよりもまだ持っていない 翔鶴姉 をください・・。
 

 
そしてもう1つ、ずっと改二を目指してきた飛龍が、このイベント中に
改二レベルのLv77に到達しました。最大火力空母 の誕生です。
 
しかし後でわかったことなのですが、イベント中の改二化は、
すぐに近代化改装MAXにできない という問題がありますので、
よくよく計画的に実施したほうが良いのかもしれません。
そうはいっても改二にできる艦をせずに置いておくなんてできましょうか。
 
 
よし、これでいよいよ、E-3海域への進撃、主力艦隊のおでましです!
 

 
っと思ったのですが、なぜか 「潜水艦を何個か沈めて来い」 とかいう
変な任務をこなさないとE-3海域が開放されません。なんだろうこの仕打ち・・。
 
しゃないのー!サブメンバにも入っていないうちが黙々とこなすだけじゃけぇ!
ここは 鎮守府のトゥーハンド (二丁拳銃)こと浦風が担当します。
 

 
そしてようやく E-3海域に到着。金剛、榛名、飛龍、瑞鶴、足柄、リットちゃん、
北上さま、時雨、響と、通常海域の最前線を張っていた面々が顔を揃えます。
 

 
そんな中なのですが、なぜか 旗艦はヅホちゃん なのです。
というのは、ここE-3では正規空母や戦艦などの大型艦を必要以上に突っ込むと
遠回りさせられてしまうということが判明したためで、第一艦隊には急遽
ヅホちゃんと呑んだくれ隼鷹が組み込まれることとなりました。
 

 
この海域で初めて 「航空戦マス」 というのを経験しました。
通常の開幕航空戦を行ったあと、もう一度航空戦が行われて、それでおしまい。
砲撃戦も雷撃戦もなし、という奇妙な戦いが行われるのですが、
大破率が低いという意味ではラッキーなマスといえます。
 

 
E-3のボスは初めましての 水母棲姫
ずっと 「オラー!オラー!」 言ってるオラオラ姉さんです(語弊あり)
確かに強敵ではあるのですが、そこはそれ、こちらも今回は最強メンバを
揃えていますので、むしろE-2よりも順調に進撃を繰り返します。
 

 
削り切れない回もありましたが、逆にラストダンスでは与ダメが
HPを超えてクリティカルしたらしく、案外すんなりとE-3丙を突破したのでした。
時雨はダメっ娘のふりして時々 猛獣のように 襲い掛かりますね。
 

 
報酬の 村田隊 もゲット。ネームドの艦載機は友永隊に次いで2つめでしょうか。
この村田隊、翔鶴を旗艦として艦載すると天山に昇格する任務というのがあるのですが、
残念ながら上述のとおり我が鎮守府には未だ翔鶴姉は不在なのです。
 
そしてE-3ラスダンのドロップは・・・。
 

 
 
ズイ ... ズイ ...
 
 
おいいい!!! 4隻めの瑞鶴 じゃないかこらあぁ!!!
 
いや瑞鶴好きですよ正直、瑞鶴のための決死のカタパルト作戦ですよ。
でも瑞鶴が4隻も出る前に、1隻くらい翔鶴姉が出てくれたっていいじゃないですか orz
近代化改修に食わせるのも気が引けるので取っておきますけどね・・・。
 

 
そして、忘れてはいけないのはこちら。E-3攻略中に見事 瑞穂 を確保しました。
この瑞穂がドロップしないために延々と掘りを繰り返した提督も多かったのでは
ないかと思います。今回の夏イベのドロップ艦としてお目当てによく名指しされたのが
この瑞穂と、それから 海風。海風には残念ながら出会えませんでしたが、
こうして瑞穂に出会えたので満足です。
 
さらにもう1つ、、、
 

 
ひゃっはー!! 隼鷹さんLv80だぜえええ!!!
 

 
ということで、なんとも別嬪さんになった隼鷹さん改二であります。
改二になったら美人に磨きがかかる艦娘トップ5 に入ると
言われている隼鷹さん(弊社調べ)はこれからも明るく呑んだくれます。
 
 

 
さて、E-3もクリアして次はE-4。名目上はE-4が通常作戦の最終海域という
ことになっています。E-5~E-7は例によってExtraという扱いですね。
 
しかし今回のわが鎮守府の作戦はあくまでE-6が目標海域。
E-4からも丙で札無視で出られますので最強布陣で駆け抜けたいところですが、
 

 
・・・・ん?
 
木曾「おい!ちょっとまて! これはどういうことだ!!! 説明しろ!!」
 

 
腐っても強敵揃いのイベント海域に、木曾は 単艦で放り込まれました。
E-3で貼られた札が本当にE-4、E-5で塗り替えられたりしないのかを
その身で確かめるという任務を命じられたのです。
 
 
木曾「正気か?! 鬼か! 悪魔か! 俺らの指揮官は無能だなぁおい!!
 
 
おかげさまで札が塗り替えられないことが確認できました。
貴君の犠牲は無駄にしないキソー(適当)
まぁおまえはいつも 「カタパルトいらん」 とか不謹慎なこと抜かしてるからのう。
(風の噂では当然のように初戦の潜水艦隊に大破させられたそうである・・)
 
 

 
ということで余興はこれくらいにして(ヒドイ・・)、
本命の艦隊を組み直します。例によってルート固定の問題があるため、
最強艦を並べれば良いというものではありません。
 
最初の分岐で 金剛+榛名 がいないと遠回りになってしまうのですが、
その次の分岐でまた戦艦+空母が3隻以上いると遠回りさせられるとか
駆逐は2艦 いないといけない等の縛りがあってこんな構成になっています。
 

 
隼鷹「くぁ~っ! カッコいいなあ! 自分に惚れそうだよ~!」
 
いやもう、この航空戦の隼鷹ステキすぎでしょう。
頑張って改二まで持ってきた甲斐がありました。
 

 
E-4に立ちはだかるのは 飛行場姫。HP500を誇る陸上ボスです。
やはりすんなりストレート撃破とはいかせてくれませんが、
ちょっとだけ削ったり、時には撃沈したりを繰り返してじわじわゲージを削ります。
陸上敵ということで、三式弾を持っていくと 撃破率はかなり上がります。
 

 
そして今回から初めて 「支援艦隊」 を使ってみました。実は通常海域も含めて
支援を出すのは今回が初めてです。というか支援のやり方を分かっていませんでした。
これは資源に余裕があるなら出しておくに越したことはありませんね。
ボス戦では例え1艦だけでも敵艦を減らしてくれれば戦況はこちらに大きく傾きます。
 


 
飛行場姫は、ラストダンスになると 「マジおこ顔」 になるのが萌えです。
ここアイアンボトムサウンドはラスダンのときだけ中央突破をしなければ
ならず、被害が甚大な中での叩き合いが繰り広げられましたが、
エース金剛ちゃん の三式弾が炸裂してE-4丙をなんとか突破したのでありました。
 

 
E-4突破の報酬艦は 速吸 ちゃん。ジャージ部魂 です。
 

 
さらにE-4攻略中に初の長門がドロップ しました!いままで陸奥が
ずっと1人で寂しがっていたのですが、これでもう安心ですね。
 

 
それから、実は合間合間に地味にデイリーの開発を続けた結果、
いままで1機しかなかった 烈風を4機まで増強 することができました。
 

 
これでE-4までの通常イベント海域はすべて制覇。ここからはExtra Operation
に入ります。最終目標のE-6は未踏の「乙」作戦。苦戦は予想されますが、
計画から若干遅れたものの司令部は 「まずまず順調」 の報告を上げていました。
 

 
8/10の 開幕から13日後 の8/23、いよいよE-5丙攻略開始が宣言されます。
全23日、のちに5日延長されて全28日となったイベント期間、
そのおよそ半分を使ってE-4までを突破した新米提督は、
このあと襲ってくる 悪夢のような事態 を、全く予期していませんでした・・・。
 

 
次々に大破する艦娘たち。ルート固定情報は誤報だったのか?!
「こんなはずじゃなかった・・こんなはずじゃ・・・!」
刻限が迫り、資源は枯渇、鎮守府には提督と艦娘の悲痛な叫び声だけが響き続け、
坂道を転がり落ちるように、戦況は刻々と悪化していくのです。
 
灼熱のカタパルト大作戦、このまま後編に続きます。
 
■2015/09/12 [新米提督、五か月。決死のカタパルト大作戦!(後編) 艦これ2015「夏イベ」ダイジェスト]

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2015/09/09 01:04


« 「前後距離」表示が復活! Forza6体験版をプレイ。アクアプレーン怖い・・・。

トップに戻る

新米提督、五か月。決死のカタパルト大作戦!(後編) 艦これ2015「夏イベ」ダイジェスト »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks