Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2015/09/21 11:38 - 2015/09/21

ZenPad S8.0 32GB版を購入 - Androidでは貴重な縦横比4:3の高品質タブレット



 
iPad mini 4 が発表されたばかりですが、そんな中の手元には
同じ8インチの別のタブレットがあります。
 
 ASUS ZenPad S8.0 です。
 
新宿ヨドバシに寄ってみたら品切れだったのですが、
新宿ビックカメラには普通に在庫がありました。
まぁそんなものなのでしょうか(´ω`) 42,984円でした。

 

 
ZenPad S8.0 は iPad mini の対抗馬をはっきりと意識した
7.9インチ4:3モニタを搭載したタブレットです。
 
・・・そう、縦横比4:3の画面なのです。
 

(左が ASUS ZenPad S8.0、右は Apple iPad mini 2)
 
Androidタブレットは16:9が主流で、ときどき16:10のものがありますが、
4:3(16:12)というものはあまり無く、貴重な存在となっています。
 
ただ、私は以前から繰り返し主張しているのですが、7~8インチ級
タブレットにとっては、16:9というのはあまり適していないのでは
ないかと思っています。というのも PC向けのWebページ を見るとき、
7~8インチの小ささで16:9のモニタだと、縦画面では横幅が狭すぎて
超縮小になってしまいますし、逆に横画面にすると縦幅が狭すぎて
非常に操作がしづらくなってしまうのです。
 
これが4:3の画面だと、縦画面にしても横画面にしてもWebページが
見やすくなりますので非常に快適です。Androidタブレットにも
ぜひ 4:3画面の波が来てほしい と願ってやみません。
 

 
ちなみに選んだのは ストレージ32GB のタイプですが、もう1つ
16GBのモデルもあります。私はこの手のタブレットを音楽や映像の
データ母艦にする気はさらさらありませんので、ストレージは
少ないモデルを選ぶことが多いのですが、この ZenPad S8.0 は
32GBモデルと16GBモデルで CPUもメモリ量も違う のです。
 
 32GBモデル : CPU Atom Z3580 (2.33GHz)、メモリ 4GB
 16GBモデル : CPU Atom Z3560 (1.83GHz)、メモリ 2GB
 
ここで妥協はしたくない、ということで32GBモデルを選択しました。
 

 
重量を iPad mini 2 と比較してみます。iPad mini 2 は公称値 331g
実測は337g(ですがこれは保護シートを含んだ数字です)、
 

 
対する ZenPad S8.0 は公称値 298g、実測は285gでした。
先日発表された iPad mini 4 が公称値298gですので、
その軽さを先駆けて実現していることになります。
 

 
裏面の仕上げにもちょっとしたギミックがあります。
裏面が 片方の端だけマット仕様 になっているのです。
これのおかげで別売りカバーなどを付けなくても指が滑ったり
することがなく持ちやすい構造になっています。
 

 
ちょっと「おおうっ・・」と思ったのがこちら。Type-CのUSB
コネクタだけが装備されて、Android機主流のmicroUSBはありません。
充電ももちろんここから行います。
 
1つの充電アダプタを複数機器で使いまわして使っている身としては、
この ZenPad S8.0 だけ 別のケーブルを 使わなければいけないのが
ちょっと困りものではあります。ただ、いずれType-Cは標準になって
いくのでしょうから、いまから煙たがっていても仕方がありません。
 

 
そんなこんなで黙々とセットアップを。
途中で ASUSアカウント なんて項目がありましたが、特に作らずに
スキップして進めていきます。Googleアカウントが取ってあれば
Android機のセットアップは特に迷うことなくスイスイ進みます。
 



 
ChromeでWebページを表示してみたところ。
上でも述べましたが、4:3モニタの真骨頂 はやはりWeb画面です。
この7~8インチ級の16:9タブレットでは味わえないような
ちょうど良さというものをもっと多くの方に味わってほしいところです。
 

 
こちらは 「torne Mobile」
nasneさえあればいまやテレビもAndroidタブレットからサクサクです。
 

 
16:9や16:10の画面サイズのタブレットとは違い、こうした16:9の映像には
上下が余って黒い帯 になります。この点だけは16:9、16:10のタブレットと
比べるとちょっと見栄えが悪いのですが、Androidの場合だと4:3では逆に
再生アプリによってはメニューボタン列が映像の中に入ってきてしまうもため、
むしろ良い面もあります。
 
 
ということで、まだ2~3日使ってみただけという段階ですが、
いままでずっと iPad mini 2 を使ってきた身としても、
この ZenPad S8.0 は非常にデキがよさそうな気がしています。
 
おそらくスペック性能的にも最新の iPad mini 4 と比較して見劣りする部分は
ほとんど無いでしょう。といっても、iOSを選ぶかAndroidを選ぶかというのは
スペックの問題ではなく 「どちらのOSに使いたいアプリがあるか」 という点が
一番重要ですので、そこはそれ比較しても仕方のないことなのかもしれません。
 
いずれにせよ Androidにも縦横比4:3の高品質タブレットが
出てきたことは素直に嬉しいものです。
 
今のところ唯一問題なのは、
 
 この ZenPad S8.0 用の液晶保護シート が出揃っていない!
 
ことくらいです。というか ZenPad S8.0 用のサラサラで反射防止の
液晶保護シートを早く出してくださいませよ。
具体的にいうと私のお気に入りの ray-out さん、お願いします(´・ω・`)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2015/09/21 11:38


« Xbox One 純正コントローラを調節、スティックは専用品で、トリガーは自前のウレタンで

トップに戻る

今日もForza6で痛車デザインを駆る喜び - 野良でクリーンなレースはなかなか難しいが・・ »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.77855   投稿者 : .   2015年9月24日 17:55

4:3の2画面折りたたみ端末を待ち続けているんです。


No.78309   投稿者 : 匿名   2016年3月 4日 16:56

Androidで出ているゲームは
4:3に向けて対応してないのでパズルゲーム等は
画面に収まりきれなくてボタンが押せなくて進めない、などということも
多々あります。そこは注意ですね。
その手のゲームには、大概
ipad または スマホ推奨 ※タブレットは基本非推奨ですと書かれている。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks