Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2015/07/12 18:32 - 2015/07/12

モバイルルータの代わりに honor 6 Plus を購入。楽天モバイルではなく・・



 
モバイルルータ Aterm MR03LN を SIMカードごと紛失 して
しまった、というお話を以前しましたが、その後も結局 MR03LN が
見つかることはありませんでした。
 
どこで無くしたのかわかりませんが、少なくともSIMカードの不正利用
だけは阻止ておこうということで、SIMカードの再発行手続きを実施。
手元に新しいSIMカードは届いたのですが、さて、ここからどうしよう?
MR03LN をもう一度買うのも芸がないしなぁ・・・と思っていたところでした。
 
そしてたどり着いた結論はこちら。

 

 
Huawei honor 6 Plus PE-TL10 です。
楽天HUAWEI直販「VMALL」で 49,464円 でした。
 
■HUAWEI | ファーウェイ Vモール 楽天市場店
http://www.rakuten.ne.jp/gold/huawei/
 
Hisilicon Kirin 925 のオクタコア、メモリ3GB、ストレージ32GB、
5.5インチフルHD(1920x1080)、さらにスマホでも一眼レフのような
ぼかしを実現するダブルレンズ搭載、という SIMフリー端末 です。
 
なんでいきなりこの機種が出てきたのかというと、
 
 ・テザリングが使えれば モバイルルータ「としても」 使えるし、
 
 ・日常的に使うスマホは指の届くコンパクトな Xperia Z3 Compact を
  選んだけど、大画面スマホ もどんなものか気になるし、
  オクタコア×フルHDでSIMフリーだとこれくらいしかないし、
 
という理由です。すなわち私は、この honor 6 Plus を日常使う
スマホではなく、最低限「モバイルルータとして」 活躍
してくれれば、という用途で購入したのであります。
どうせなら色々いじれるほうがいいですよね。
 

 
さっそく中身を取り出してみるとこんな感じで、まぁ何というか、
同じ5.5インチの iPhone 6 Plus への対抗心が非常にむき出しに
なっている印象があります。
 

 
背面はこんな感じ。噂の ダブルレンズ はまた後日じっくり試すとして、
実はこの機種、スピーカー穴が背面に 開いています。
ここを塞ぐと音にも影響が出ますので注意が必要です。
 

 
右側面に、音量上下、電源ボタン、そして、SIMカードスロットが
デュアルになっています。ただし片方が2G/3G/4G、もう片方は2G専用、
ということで、日本国内では実質1スロットという扱いになるでしょう。
 


 
microUSB端子は底面に開けっ放し。個人的には蓋のないほうが好みです。
上面にはイヤフォンジャックがあります。
 
 
 
では早速電源オン!
 

 
っとやると、いきなりこれが出てきて「ギョッ」とします。
 
 
 『 楽天モバイル 』
 
 
私は楽天モバイルのSIMカードセットを買ったワケではなく、
単体販売のSIMフリー端末 honor 6 Plus を買ったつもり
でしたので、まさか楽天モバイルの契約を間違ってして
しまったのでは?!と大変焦りました。ただ、結論からいうと
そんなことはなく、ちゃんとSIMなしモデルであります。
 
この honor 6 Plus 、現時点ではどうやら楽天モバイル向けモデルしか
存在しないようで、Huawei の楽天直販ショップで売っているSIMなし
単体モデルも、楽天モバイル向けのものからSIMカードを抜いただけで、
それ以外は楽天モバイルモデルと全く共通のものを使っているらしいのです。
 

 
すぐあとに honor 6 Plus の表示もちゃんと出てきます。が、
 

 
起動直後のホームはこんな感じです。見事に 楽天系のアプリが
大量にプリインストールされていて、ホームを占有しています。
 
いつも使い慣れた Chrome とか Gmail とか GoogleMaps とか
どこに行ったんだろう? と探してみると、
 

 
「Google」 というフォルダ? グループ? が掘ってあって、
そこにまとめられてしまっていました。楽天モバイル的には
「グーグル()」という感じなのかもしれません。
 

 
気を取り直して設定を続けていきます。
SIMカードが入っていないことは確認できます。honor 6 Plus は
2つのSIMカードスロットを持っていますが、実際には片方は
GSM専用になってしまいますので片方だけを使うことになります。
 

 
向かって左側が microSIM 用のスロット、右側が nanoSIM と
microSDカードの共用スロットです。micro SIM+microSDカードは
併設できますが、nanoSIM+microSDカードは併設できません。
 

 
ここに、紛失して再発行した BIGLOBE SIM 3GBプランを挿します。
ちょっと注意したいのは 一度再起動 しないとSIMカードを認識しなかった、
という点です。サクッと挿したあとに「あれ? 認識してくれない??」と
あたふたすること請け合いです。SIMカードってそういうものでしたっけ・・。
 

 
APN設定をする必要があるのですが、デフォルトで設定されているAPNは
やっぱり 楽天モバイルだけ です。ほかの主なMVNO各社のAPNをあらかじめ
登録しておいてあげようとか、そういう O mo te na shi は特にありません。
いいんですけど、こつこつ登録するだけですけど。
 

 
ということで、見事に Huawei honor 6 Plus で BIGLOBE SIM 3G/LTE
通信ができるようになりました。
 

 
テザリング用のWi-Fiアクセスポイントを設定すれば、テザリングも
問題なく使うことができます。Wi-Fiテザリングだけでなく、Bluetooth
テザリングもテストしてみましたが全く問題ありません。これでどうやら、
 
 最低限モバイルルータとして
 
honor 6 Plus を使う環境は整いました。
 
 
ちなみに SIMフリーiPhone6 のときとは異なり、初期設定時にSIMカードを
要求されるということはありません。そのため、最初から3G回線を使う気が無く
Wi-Fi専用端末として 使いたい、という方でも全く問題はありません。

スマホとしては大画面なモニタでnasneの映像を楽しむことができました。
まぁ自宅でそれをやるならテレビでやれ、と言われる気がしないでもありませんが。。。
 
私としては、スマホというのはあくまで外出先でPCの代わりに使うもの
なのですが、いまどきの若い人(自分で言ってグサッときますが・・)
にとっては
 
 外でも家でも使う唯一無二のネット端末
 
なのであって、そういう意味では「大画面」というのは「タッチのしづらさ」
と天秤にかけてもなお求められるものなのかもしれません。
 

 
私はスマホといえば、電車の中で片手で操作できないとストレスが
半端ないのですが、こういう大画面端末を使う方の 基本ポーズ
というのは「こう」なのですよね。優雅です、優雅すぎます。
立ち食いそば屋で ナイフとフォーク をもってディナーを食べている
くらいの感覚です。私にはちょっと真似できませんが、もうそれも
都心の通勤電車の中でも普通の光景になりつつあります。
 

 
一番左が honor 6 Plus (5.5インチ)、真ん中が Xperia Z3 Compact
(4.6インチ)、右が iPhone 6 (4.7インチ)。いずれも3G/LTEで繋がる
ようになりました。
 
honor 6 Plus は筐体が大きいぶん、バッテリも3600mAh とかなり
大きくなっていますので、電池喰いのモニタさえ消しておけば、疑似モバイル
ルータ=テザリング端末としては適任なのではないかと思います。
(モバイルルータにしては重すぎるというツッコミはさておき・・)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2015/07/12 18:32


« 市販のバイクで菅生を爆走! バイクレースゲーム「RIDE」にハマり中

トップに戻る

Huawei honor6 Plus のセッティング、保護シート等 - 死角は「名称」くらい?? »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks