Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2015/06/22 00:54 - 2015/06/22

Xperia Z3 Compact 用カバーを5種類も試す羽目になった結果・・・


AQUOS PHONE ZETA SH-O6E から Xperia Z3 Compact SO-02G への機種変を果たし、
パフォーマンスには概ね満足をしていたのですが、1つだけ問題がありました。
 
 スベって落としそうになる
 
という問題です。個人的には 真四角のスマホ って実は好みとは
ちょっとズレるところがあって、変にデザイン性を意識して板状にしなくても、
多少丸みを帯びたりさせて「持ったときの引っかかり」を作ってくれても
良いのに・・・といつも思っています。
 
じゃあ何故今回は Xperia Z3 Compact を選んだのかというと、
新しめの機種で5インチ未満のサイズという条件であてはまるのが
SO-02G か SO-04A くらいしか無かったから、というのが正直なところです。
 
そうはいっても、工夫して何とかできるなら何とかしたい、ということで、
 

 
Xperia Z3 Compact 用の ケースをいろいろ試す ことにしました。
・・・最初はこんなに試すつもりはなかったのですよ。
何か完全に納得がいくものがなくて、気が付くと5つも試していました。

 

 
1つめはこちら。液晶保護フィルムでいつもお世話になっている ray-out の
メタリックフレーム・レザージャケット ブラック/レッド RT-SO02GLC11/BR です。


 
正直いまでも、デザイン的には このジャケットが一番気に入っています。
Xperia Z3 Compact のオレンジカラーは結構明るくてどギツいのですが、
このジャケットの赤黒のカラーはそれをかなり抑えめにしてくれます。
 

 
ただ、いかんせん結構なかさ張り度合いです。重さは 19.1g
最初使ってみたときは「おっ、ちょっとゴツいけどなかなかイイじゃん!」
と思うのですが、しばらく使い続けてみると、この微妙な厚みの増加によって
裏に回した指が 届くところが届かなくなって くるケースが結構でてきます。
 
主流を外れて4.6インチスマホを選んだ理由は「片手で違和感なく持てる」
ということだったのに、ここでその違和感が若干でも出てきてしまっては
本末転倒になりかねません。
 

 
2つめはこちらです。ELECOM のハイブリッドバンパー PD-SO02GHVBBK


 
これは「ケース」「ジャケット」とは違って本当に外枠だけを補強する
「フレーム」「バンパー」 タイプです。でもバンパータイプでも落下時の
保護にはなりますし、滑り止めにもなります。重さも 10.6g とかなり軽いです。
 

 
ただ、こちらも1つめのジャケットと印象は似ていて、バンパー部分によって
厚みが増すことにより、指が裏に回りにくくなる部分はどうしても出てきて
しまいます。ほんのちょっとの差なのですが、そのほんのちょっとが重要なのです。
 

 
3つめ。MS Products の超極薄0.5mm ハイブリッドケース LEPLUS LP-XPZ3CTTCL です。


 
これはシェルケースではなくもうちょっと ふにゃふにゃした素材
カバーのものですが、薄さ0.5mmを誇るだけあって装着をしても握ったときの
違和感が全くと言って良いほどありません。そして素材がビニールっぽいために
グリップ感もかなり増して良い感じです。
 

 
重さも 8.5g と今回試した中では一番軽い製品でした。
 

 
しかし問題が2つほどありました。
 
1つは、そもそもちゃんと確かめずに購入したのがいけないのですが、
このカバーはmicroUSB、microSDスロットのある 左側面を完全に塞いでしまう
タイプのカバーだったのです。製品説明をよく読むと、充電スタンド用の
端子のほうは塞いでいないから充電はスタンドでするように、ということが
書いてあります。私は充電スタンドは一切使わない派だったので、
もしこのカバーで充電するとなると、1回1回カバーを外して充電しなければ
ならなくなってしまいます。
 
もう1つは、各種ボタンが結構押しづらく なっていることです。
電源ボタン、音量ボタン、シャッターボタンがそれぞれ「カバーの上から」
押す構造になっており、そのせいでかなり力を入れないとボタンが効かない
構造になっていました。せっかくホールド感は良かったのですが・・・。
 

 
ということで、ここまできてまさかの「おかわり」で2つ追加です。
 

 
4つめに試したのは、ELECOM シリコンケース PD-SO02GSCCR

しかしまぁ、、、これはちょっと明らかに 求めていたものと違う という
感触しかありませんでした。厚みがかなりあるため、指が回りにくくなる
のに加えて、表面が案外とスベスベしていて、むしろ滑り落ちやすく
なってるじゃねーか的なツッコミを入れたところまでで諦めました。
 

 
重さも今回の中では一番重い 22.1g です。・・・いえ、別に製品として
劣っているとかそういうことではなくて、需要はあると思うのですが、
やはり「いま求めているモノとは違った」としか言いようがありません。
 

 
最後に試したのは、ELECOM シェルカバーラバー PD-SO02GPVRRD です。
かなり薄いシェルカバーで、重さも 8.8g と今回の中では2番目に軽い製品です。


 
装着感はかなりエレガントなもので、薄くてしっかりした素材なので
スマホ全体の厚みが増すわけでもなく、握ったときのかさ張らない度で
いうとトップクラスのデキです。
 
どうやらこれでキマリか?! とウキウキしていたのですが、これもしばらく
使い続けていると、やはり完璧とはいかないことに気づきます。
 
このケース、表面がかなりスベスベ で、側面をカバーしている部分を
指で握っていてもツルっとすり抜けてしいまいそうになることが多かったのです。
保護カバーとしては最適だったのですが、ことグリップ感を増すアイテムとして
の要求については、むしろ初期状態より若干滑りやすい くらいの印象でした。
 


 
ちなみに、こんなことを言っておきながら、実は以前から気に入っていた
「Fantouch-U」 という貼り付け型スタンドをこの Xperia Z3 Compact にも
取り付けることを考えていました。
(これ、取り付けても意外と厚みを感じないのです。カド張らずに
中心部だけ湾曲のある突起が付くだけだからでしょうか)
 
これを付けたら滑りやすさも多少緩和するかなと思っていたのですが、
それでもまだ、ちょっと角度を変えたりしようとするときに不意に
すり落ちそうになって ヒヤッとする機会 がなかなか減りません。。。
 
 
で、、、
 


 
最終的にいまどうなっているかというと、
 

 結局、カバーは付けないことになりました (えー・・・)
 
 
指を数本入れられる 長めのストラップ に必ず指を複数本入れて持つことで
落下の恐怖を抑えつつ、背面につけた Fantouch-U で多少の引っかかりを得て、
あとは側面の滑りはシェルカバーを付けるよりは初期状態のほうがまだマシだ、
ということで妥協することにしました。。。
 
サイドグリップだけ補強するのであれば、いっそ電気工事用のビニールテープ
か何かを細く切ってサイドに貼るくらいのほうが効果があるのかもしれません。
 
引っかかりのある素材のカバーを付ければもちろんそういう効果は得られる
のですが、小型スマホのせっかくの 「片手でまるごと掴める」グリップ感
損なわずに、というのはなかなか両立が難しいものです。
 
まぁ、これだけ試して結局「どれもフィットしませんでした」という結論が
出せるのは自腹切ってる個人ブログのなせる業ですよね(別に嬉しくない)。
これで納得しているワケではありませんので、また気が向いたときに色々な
カバーを試していってみたいと思います。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2015/06/22 00:54


« SO-02G Xperia Z3 Compact ざっとファーストインプレッション、手堅くまとまった機種

トップに戻る

新米提督、三か月。最短経路よりエース優先デース。金剛、時雨、足柄が改二に。 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.76368   投稿者 : m   2015年6月22日 22:39

BUFFALOのイージーハードケースを使用してますが、裏面に滑り止めっぽい加工があって割と良い感じです。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks