Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2015/05/25 02:50 - 2015/05/25

新米提督、八週間。初の連合艦隊出撃! 2015「春イベ」E-1~E-4 ダイジェスト

カテゴリ : ゲーム タグ :


 
エクストラステージ! いってみよー!
 
ということで、4-4まで攻略を終えてようやくひとつの区切りを迎えた
新米提督でありますが、ちょうどその頃 4/28~5/18 で2015年春イベント、
「発令!第十一号作戦」 が開催されていました。
 
私は最初、4-4の攻略に必死だったため、イベントには目もくれていなかった
のですが、4-4の攻略に目途が付き始めた5/8頃から急にイベントが気になり始め、
全20日間のうち半分を過ぎた 残り10日の時点 からイベント参戦を決めました。

 

 
難易度が「甲」「乙」「丙」と選べますが、新米提督はもちろん 「丙」であります
この難易度は敵の強さやドロップ内容にも影響するのですが、それ以上に、
E-3から発生する「出撃制限」(A海域に出撃した艦はB海域に出撃できない)
という制約について、「丙」だけはナシにしてあげる、ということになっているのが
大きなポイントです。育った艦が少ない新米提督に出撃制限は厳しいですよね・・。
 

 
E-1は軽巡と駆逐のみで構成された部隊での威力偵察ステージ。
軽巡が必要とされるステージは久しぶりなのです。
Lvもそれなりの艦で十分対応できるため、艦隊メンバは固定化せず、
誰かが入渠してはまた代わりの艦が参加して、というローテで挑みました。
 
その中で今回の旗艦を任されたのが由良。
 
 ウチの鎮守府では「ゆら公」と呼ばれています。
 
(・・・おいやめろ、ググるんじゃない。)
 

 
一番初期に建造された由良さんは、ウチの軽巡の中でいちばんLvの高い艦です。
久々の出番となった フフ怖天龍ちゃん と共にE-1攻略のツートップを張り、
危なげない展開でE-1ボスの5回撃沈を果たしました。
 
以前も触れましたが、艦これは艦隊構成の制約があるために、少数精鋭の
一軍を育てておけば事足りる、ということにはなかなかなりません。
逆に、いろいろな艦娘を育てていく楽しみがあるというものです。
 

 
E-2は 初めての連合艦隊出撃! 第一艦隊と第二艦隊を結合操作して、
6×2=12艦の大編成を作って挑むステージになります。
第二艦隊は随伴護衛艦隊で、第一艦隊は航空機動部隊か水上打撃部隊か
選ぶことができます。ルートが楽なのと、航空優勢を守りたいため、
今回は航空機動部隊を選びました。
 
第二艦隊には軽巡1隻と駆逐艦2隻が必須のため、残りを高速戦艦榛名と
お馴染み北上&大井ハイパーズで構成。第一艦隊は正規空母3隻の
豪華ラインナップで制空権を取って弾着狙いで進める計画です。
 

 
やばい! これは楽しい!w
 
初めての連合艦隊ですがこれはなかなか燃えます。空母機動部隊の場合は
航空戦の後は第二艦隊で砲撃、雷撃を1巡、続いて第一艦隊で砲撃×2巡、
夜戦をする場合はさらに第二艦隊で1巡、という流れになっていますが、
とりあえず「丙」で挑む分にはボスを沈めるのに夜戦は要るか要らないか
くらいのレベルで、普通にやれば何とかなりそうです。
 

 
怖いのはボス戦よりも道中大破のほうで、途中の戦艦で駆逐艦が
ワンパン大破 を喰らうことはままあるのですが、それでも結果的には
それほど手こずることなく装甲空母姫に6勝してゲージを全て破壊できました。
 

 
E-2をクリアすると報酬として正規空母の 葛城 さんが貰えます。
嬉しい嬉しい、初のイベント報酬です。
 
本当はここで終わりにしようかなと思っていたのですが、同じくE-4で
クリア報酬艦がいる、ということでしたので時間の許す限り進めてみよう
ということになりました。
 

 
E-3は再び6艦のみの編成に戻りますが、正規空母、低速戦艦は艦隊に
組み込むことができません。しかし我が艦隊の主力は高速戦艦金剛型です。
 
難易度が「甲」「乙」だとここで「札」が付き、E-3に出撃した艦はE-4、E-5に
出撃できなくなる制約が発生するのですが、難易度「丙」はこの制約が
ありませんので、高速戦艦を出し惜しみすることなく使うことができます。
 
E-3の攻略には今回初めて、霧島が旗艦に 選ばれました。
 

 
道中には 軽巡棲鬼 という強敵がいて、これで道中大破を喰らわなければ
クリアしたようなものです。・・軽巡棲鬼もかわいいですね(小並感)
 

 
ということで、E-3は特に問題なく突破しました。
 
この艦隊構成、よく見ると、
 
CV 東山奈央さんと CV 大坪由佳さんしかいませんね・・・。
 
 

 
いよいよE-4、ここはいわば今回の作戦の最終決戦地です。
(E-5、E-6はエクストラステージという扱いです)
 

 
っと、その前にちょっとやることがあります。
「開発」で回したのがこのレシピ、狙うのは「三式弾」 です。
 

 
E-4のボス「港湾水鬼」は陸上基地なのですが、その攻略に欠かせないのが
この「三式弾」なのだそうですが、普通に進めていると、自分で作ろうとしない限り
この三式弾にお目にかかることはありませんので、私は1本も持っていませんでした。
 
そのため慌てて開発で20回ほど回しましたが、出てきたのはわずか2本・・・。
まぁでも無いよりは良いでしょう。
 

 
E-2と同じく空母機動部隊の連合艦隊を結成しますが、その「港湾水鬼」攻略
のために構成を見直しました。ボスマスでは旗艦を沈めなければ意味がありません。
そして三式弾はその ボスに叩き込んで初めて意味を成す ものです。
そのため、三式弾を持たせた金剛と榛名にはあえて第二艦隊に入ってもらいました。
おそらくボスしか残っていないであろう最後の夜戦で確実に三式弾を撃ってもらうためです。
 

 
E-4の道中マスはわずか2マス。しかし、強力な戦艦が待っていることに加え、
こちらは第二艦隊から ハイパーズを1人削って いるために、開幕雷撃で
落とせる敵艦が少なく、1巡目の第二艦隊の交戦ターンでワンパン大破を
喰らう率も上昇しました。しかしここは耐えるしかありません。
それでも3回に2回くらいはボスまで到達することができました。
 

 
新米提督は初めてお目にかかる敵基地、これが「港湾水鬼」。
 
可愛く・・・ありません!
 

 
計7回の撃沈が必要ですが、HPが450もある港湾水鬼を削り切れるかどうか、
毎回ハラハラドキドキの連続です。しかも 最終形態だとHP 500 に増えてきます。
しかし、昼間に撃ちもらした場合に備えて、夜戦でも仕留めらるようにと
持参してきた三式弾が保険として十分な効果を発揮します。
 

 
こいつ・・・ 20インチ連装砲 とか持ってやがる・・・!
 
50cm級じゃないですか。まぁでも「艦」ではなくて「基地」だから
そんなものなのでしょうか。
 

 
港湾水鬼の攻撃で駆逐艦・軽巡から戦艦・空母まで、一発喰らったら大破に
追い込まれるようなレベルでしたが、ボスマスでは大破を怖がる必要は
ありません。相手を沈めれば 味方の損害は不問に付す のです。
 

 
ということで、ギリギリ最終日までもつれたものの、見事に7回のボス撃破
を達成し、E-4をクリア。報酬の Littorio を手に入れることができました。
 

 
ここでタイムアップ! ということでエクストラステージのE-5、E-6には
チャレンジする時間がありませんでしたが、初めての連合艦隊戦も
体験できましたし、新米提督でも十二分に楽しめたイベントでした。
 


 
イベントそのものもそうですが、普段お目にかかれないようなドロップが
満載になっているのもイベントの良いところですね。今回のイベントで
私の元に 「瑞鶴」と「瑞鳳」 がやってきました。個人的には大ヒットです。
 

 
その2隻と報酬2隻を含め、今回のイベントで初めて出会うことが出来た艦娘は
全部で13隻。手持ちの艦娘が増えれば増えるほど、通常ステージに戻ってからの
楽しみも増えていきます。次回のイベントがいつになるのかわかりませんが、
次は資源もたっぷりため込んで最後までいけるように頑張りたいと思います。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2015/05/25 02:50


« PinPで見ながら切り替え・並行視聴が可能、RATOCのHDMI切替器「REX-HDSW41」はなかなか良好

トップに戻る

モバイルルータ「MR03LN」を紛失中・・・SIMカード再発行だけでもすべきか・・ »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks