Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2015/05/17 15:27 - 2015/05/17

新米提督、七週間。4-4 カスガダマ沖海戦、鎮守府の総力を挙げた最終輪舞(ラストダンス)

カテゴリ : ゲーム タグ :


 
比叡 「気合い!入れて!いきます!」
 
艦隊これくしょん -艦これ- をプレイしはじめて、はや七週間目。
いよいよ 4-4 カスガダマ沖海戦の攻略です。

 

 
2013年4月、艦これがサービス開始した時点では最終エリアは3-4でした。
それから西方エリアが徐々に開放され、4-4が出来たのが2013年7月、そして
南方エリアも徐々に開放されたものの、5-4は出来たのは2014年2月です。
 
新米提督にとって4-4とは ひとつの区切りを迎えるエリア として
長らく愛されてきた(?)決戦ステージなのです。ここを突破することが
できれば文字通り「新米」からの卒業といって間違いないでしょう。
 
ここはひとつ比叡から気合いを入れてもらって頑張りましょう!
(なお、本攻略には 比叡は一切参加しません ・・・・! ミステナイデー!)
 

 
ここ4-4でも、ほぼルート固定のために必要な艦隊構成 (重巡×1、駆逐×2)
あります。道中に強力な戦艦がウヨウヨしている4-4では、駆逐×2という構成は
非常につらいものがあります。しかし、前回4-3でルート固定の大切さは
身に染みていましたので、まずはこの指定は守っていくことにしました。
 
しかし、あまりにも攻撃力が心許ないため、自慢の金剛型で戦艦を2隻配置し、
かわりに正規空母×1の構成で挑むことにしました。
 

 
ですが、この構成だとどうやっても 道中の制空権 がちゃんと取れません。
情報によると、正規空母一隻で制空権を安定させるには、艦載機数の多い
加賀さんに「烈風」×4をガン積みしてようやく数値が足りるとのことなのですが、
そもそもわが艦隊にはその 烈風は1機も 存在しません。
 
そして、制空権が取れず、開幕艦爆も弱いということになると、
敵の数を減らす速度はどんどん遅くなり、逆に相手の砲撃を喰らって
大破する率が高まってしまうことになります。
 

 
初戦は羅針盤の神にも恵まれず、ボスにもたどり着けませんでしたが、
それでも満身創痍でハズレ敵も殲滅できずに帰還する羽目になりました。
これではダメだ・・・という雰囲気がプンプンします。
 

 
「やはり私の力が必要なのですね、提督。」
 
我が艦隊では正規空母は赤城、蒼龍の順で育っており、加賀さんはこのとき
Lv30でようやく改になったばかりでした。しかし、艦載機数の多さはいまは
非常に貴重になります。この改になったばかりの加賀さんは、
早々に最前線に投入されることとなりました。
 

 
空母を1隻増やすということは、戦艦が1隻減る ということです。
不安はありますがまずは試してみるしかない! ということで、
赤城、金剛、榛名がドック入りしている間にも、蒼龍、加賀、榛名の
組み合わせでチャレンジをしてみます。しかし早々に蒼龍が道中大破!?
 
この海域は、今までの海域とはひと味もふた味も違う・・・!
 

 
はたして羅針盤のルート固定にこだわることがそれほど重要なのだろうか、
という思いが湧いてきて、ここで一度構成を変えてみます。
もう重巡、駆逐は一切入れず、空母×2、戦艦×4 の脳筋ゴリ押し構成です。
これまでもこの編成で幾度となく敵を打ち負かしてきたのですが・・・
 

 
羅針盤の神がほほ笑んだ場合、「道中3戦」は変わらないのですが、
あいだに1つ 「うずしお」 (弾薬減少)が挟まることになります。
 

 
運よくボスにたどり着けたのですが、その結果は微妙なものでした。
 
結局、敵旗艦である「装甲空母鬼」には カスリ傷ひとつ付けることなく
夜戦まで終了。A判定勝利を貰ったものの、実はこの海域ではA判定勝利は
何の意味も持ちません。この4-4エリアでは初めて「ボスゲージ」が出現し、
旗艦を「沈める」ことで初めてそのゲージを削ることができます。
並みはずれた体力を持つ旗艦のHPをきっかり0にしない限り意味がないのです。
 

 
戦闘終了後、弾薬は完全に底を尽きていました。この状態ではすなわち、
最後のボス戦では相当に火力が落ちていたはずです。ボスに対して十分な
火力を持つためには道中3戦がギリギリのライン、そこでうずしおが加わる
このルートはあまりにも形勢不利であることが分かってきました。
 
・上ルートでボス到達は ×1/2 ×1/3 × 1/2 = 1/12
・下ルートでボス到達は ×1/2 ×1/2 × 1/2 = 1/8
 
しかし、上ルートは「うずしお」が絡むため、ボス戦で目的を果たせない可能性が高い、
ということは、下ルートでボスに到達することを祈るしかなく、1/8の確率に
掛けるしかない、ということになります。1度だけボスを沈めればOKなので
あればそれでも賭けてみる価値はあったのかもしれません。しかし、
前述のとおり4-4はゲージ制。ボスを「4回」沈めて 初めて目的達成となります。
 
一方、重巡×1、駆逐×2 を入れて中央ルート固定すると、
 
・中央ルートでボス到達は ×1/2 = 1/2
 
大破撤退しなければ、なんと2回に1回はボスにたどり着ける計算になります。
やはりこちらで回数をこなすほうが現実的なのでしょう。
 

 
ということで再び、重巡×1、駆逐×2、戦艦×1、空母×2 の編成に戻して
チャレンジを続けます。しかし、駆逐艦の一発大破 が次々に発生。
 

 
ここで加賀のほかにもう1人、今回の作戦の要に新戦力が投入されます。
ぜかましちゃんこと、艦これのマスコット的存在、スピードスター島風 です。
 
島風は一般の駆逐艦に比べて回避力が高いのは分かるのですが、実は案外と
耐久力も高いのです。この島風を加えて、4-4攻略メンバはほぼ固定化され、
島風、時雨、足柄、金剛、赤城、加賀、という構成になりました。
 
「う!」
 
大丈夫、大破しても泣かない(;´д⊂)
 

 
もう1つの問題が、空母の艦載機でした。烈風が1機もいないわが艦隊では、
制空権を確実にするために 「零式艦戦52型」 を赤城、加賀にそれぞれ
3スロットずつ詰め込まなければならず、どちらも残り1スロットでは
攻撃参加がほとんどできない状態でした。せめてこの状態を改善したい、
あわよくば烈風も手に入れたい、ということで、艦載機の開発に着手。
 
しかし、残念ながら烈風は手に入りませんでした。目立った成果は流星×1。
いまはこの 「流星」 による若干の攻撃力アップだけで我慢するとしましょう。
 

 
ところが、この艦載機開発がまた思わぬトラブルを引き起こします。
今度は ボーキサイト不足 です。(艦載機の開発にはボーキサイトが必要)
 
赤城、加賀の一航戦コンビの出撃でもボーキサイトは消費されていきます。
このままでは最悪、ボーキ不足で出撃すらできなくなってしまうことに・・。
 
 
そこで、新米提督は考えた。遠征による資源獲得が追いつかないのは
 
「第四艦隊が解放されていないからである。」
 

 
第四艦隊を使えるようにするには、金剛型戦艦の金剛、比叡、榛名、霧島の
4隻を同時配備する任務をクリアする必要があります。しかしわが艦隊には
霧島 がまだ存在していませんでした。資源が足りないから戦艦を作る。
これこそが資源不足の我が国の現状を示すアイロニーといえましょう(何か違う)
こうして新米提督は、しばらく建造ドックに籠ることになるのです。
 

 
ちがう、おまえじゃない。
 

 
だからちがう。おまえじゃないってば。
 

 
 
「ゴォォーー!!」 (割とヤケ)
 
 
幸いなことに高速建造材は持て余していましたので、もう何というか、
艦隊に焦げ目を付けて美味しく頂く勢いであります。
 

 
違う! おまえでも・・・、
いや、伊勢さん初めまして! これはこれで良いのですけども!
 

 
のわーー! 陸奥ねーさまキター!!!
・・嬉しいんだけど、違うんです。いまは霧島さんを!霧島さんを!
 
こうして有事の際に何をやっているのですか、という感じの建造ラッシュの末、
 

 
ついに 霧島さんキター! (゚∀゚) ここまで長かった。
 
 
 
・・・っておもうじゃん?
違いますねこれ建造じゃなくて ドロップ ですよね、星が舞っていますよね。
もう自分自身、どこで手に入れたのか覚えていないくらい迷走していますよね。
 
でもいいんです! お待ちしておりました艦隊の頭脳さん。
 

 
マイクチェックしてる場合ではありません。
速攻で任務をこなし、第四艦隊を開放することができました。
 

 
第四艦隊には早速、艦隊の「おかん」 こと鳳翔さんが配属され、
「ボーキサイトを集める会」 を結成して遠征2-15に旅立つのでした。
 

 
こうしてボーキ等の資源枯渇を回避した艦隊は、再び4-4ボス攻略に挑みます。
これはメインの6人だけでなく、鎮守府に残るメンバ達のバックアップを
受けての総力戦なのです。
 

 
道中大破をせずにボスマスへ到達し、再び「装甲空母鬼」と対峙。
編成的な火力不足は否めず、昼間の戦いでは削り切れませんでしたが、
夜戦に持ち込んで最後の力を振り絞ります。
 

 
そして遂に、4-4ボスに対する 初勝利(旗艦撃沈) を掴みとりました。
これは4回のうちの1回でしかありませんが、一度でも成功すれば、
道は開けたようなもの。あとはめげずに繰り返しチャレンジするのみです。
 

 
時雨が 道中大破 (撤退) しても・・・
 

 
ぜかましが 道中大破 (撤退) しても・・・・・
 

 
めげない!! (´;ω;`)
 
新戦力の島風は、駆逐艦ですからどうしても脆いのは否めませんが、
Lv40台前半の駆逐艦としては十分すぎる頑張りを見せてくれています。
 

 
そうして「装甲空母鬼」を3回沈めると、最後は 「装甲空母姫」が登場
これが今回のラスボスです。そうはいっても「装甲空母鬼」の上位互換
みたいなもので、攻略の方法は特に変わりはありません。
 

 
 
・・・・姫、かわいいですね (小並感)
 
 
じゃなくて! 道中大破さえ回避していれば、ここで大破しようが何しようが
この旗艦さえ沈めれば、これさえ沈めれば全てが報われます。
 

 
苦戦はしたものの、夜戦まで突入して「装甲空母姫」を見事に撃沈!
鎮守府の総力を結して挑んだ 4-4 カスガダマ沖海戦で、
見事に 暁の水平線に勝利を刻み込んだ のであります。
 

 
北方、西方をクリアし、南方海域(ステージ5) も開放です。
ここまで長かった、、、本当に長かった(;´д⊂)
 

 
ということで、艦これアニメの最終話が始まる直前、2015/03/22 に2年遅れで
鎮守府に着任した新米提督は、ちょうど7週間後、2015/05/10 に4-4クリアまで
到達しました。おかげさまで艦これの世界がかなり見えてきた気がします。
 
もう「新米提督」の看板は外しても良い頃合いかもしれませんが、
いずれにせよ先輩提督がたの2年後ろを進んでいることには違いありません。
今回の攻略でもそうした先輩提督がたの情報がなければここまでスムースに
進められることはなかったでしょう。(本当に感謝です)そういう意味では
私はこれからもずっと 「2年遅れの新米提督」 なのかもしれませんね。
 
この手のネトゲの面白いところは、「有志の攻略情報ありき」で進めても
楽しさが落ちないところでしょう。というか、攻略情報がシェアされていって、
それを共有しながら進めるくらいのことを前提とした難易度になっているため、
先を進む人には発見の楽しみがあり、後から来る人もすぐにその仲間に加わる
ことができる楽しさがあります。私もまだしばらくはこの艦これの世界を
じっくりと堪能していくことになると思います(・▽・)ノ

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2015/05/17 15:27


« ストライクウィッチーズ OVA Vol.3「アルンヘムの橋」を観てきました。

トップに戻る

PinPで見ながら切り替え・並行視聴が可能、RATOCのHDMI切替器「REX-HDSW41」はなかなか良好 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks