Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2015/05/04 13:19 - 2015/05/04

レース前から車体トラブル?! 初音ミクSLSは我慢のレースで5位 - SUPER GT第2戦富士決勝

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
GSR初音ミクSLS が参戦している SUPER GT 2015 第2戦富士スピードウェイ、
決勝日も快晴が続いて絶好のレース日和となりました。( ・∀・)σ

 

 

 
予選は8番手、朝の練習走行でも7番手のタイムだった初音ミクSLS。
31号車プリウス が速すぎて相手にならず、あとは10号車、3号車のGT-R勢が優勢、
という勢力図だったのですが、それ以外はわりと団子になっていて、
展開によっては表彰台も十分狙えるという雰囲気でした。
 

 
レースは10周目に早くもランボルギーニが1コーナーでタイヤをバースト
させてしまいセーフティカー(SC)導入で仕切り直し。ランボルギーニは
昨年も3周目で大クラッシュをしてしまいましたが、富士は鬼門ですね・・・。
 
このSC導入は10周目ということもあって大勢に影響はなく、レースは予想通り
31号車プリウスが引っ張る展開に。0号車初音ミクSLSは片岡さんが スタート
から一気呵成 で25号車VivaC 86MC、55号車ARTA CR-Zを抜き去り6番手に浮上。
さらにSC後は65号車LEON SLSもパスして 5位まで順位を上げます
 

 
このあと7号車Studie Z4、10号車GAINER GT-R、11号車GAINER SLS、そして
我らが0号車初音ミクSLSもレース3分の1より ちょっと早めのピットイン
敢行します。一方、トップ争いをしていた3号車B-MAX GT-R、31号車プリウスは
逆に少し遅めのピットインとなります。このあたりで勢力図は大きく変わりました。
 
独走が予想されていた31号車プリウスは、ピット直前あたりから
事前の予想よりもペースが落ち、3号車B-MAX GT-Rに抜かれてしまいます。
そしてそのまま両者がピットイン。
ピット前は 3、31、11、10、0、7 だったものが、
ピット後は 10、11、3、31、51、0、7 に変わっていました。

長めのスティントがタイヤに辛かっただけなのか、3号車、31号車は 息を吹き返して
11号車を再びパス。しかし10号車はその間にもどんどん逃げて行ってしまいます。
コース上で調子が良いのはGT-Rの2台、順位は10、3、31、11、51、0、7 に。
 
そして0号車初音ミクSLSの谷口さんは、早めのピットインをした51号車が
タイヤが辛くなってきた頃を見計らって 見事にパス し、5番手に順位を戻しました。
 
2回目のピットインが終わると、今度は0号車初音ミクSLSは7号車Studie Z4から
ずっと追われる展開となります。特にアウトラップではタイヤに熱の入って
いない状態で「やられた!」と思うシーンが何度もあったのですが、
片岡さんが必死に抑えきってStudie Z4に前を譲りません。
 
その頃、快調な走りで2番手からトップを伺っていた3号車B-MAX GT-Rがなんと
1コーナーでタイヤバーストを発生して緊急ピットイン。ただし数周後に
予定していたピットインをここで代わりにこなすことによって大損害は避けられ、
5位の0号車よりは前の4位で復帰。0号車は前の4台とはずっと水を開けられる
形となりましたが、最後まで7号車を封じ込める 我慢のレースで5位となりました。
 

 
このGSR、Studieの元同僚の争いはファンにはたまらない展開でしたが、
モニタにはStudieのBOB鈴木さんの厳しい表情が大映しになっていました。
初戦を0ポイントで終わってしまったStudieZ4は、初音ミクSLSよりも
シーズンの状況はシビアです。1つでも上の順位が欲しかったところでしょう。
 

 
さて、終盤は2位~4位の壮絶なバトルで大盛り上がり! またまた終盤でペースが
落ちてきた31号車プリウスに11号車GAINER SLSが肉薄して 延々とデッドヒート
繰り返します。この2台が争ってタイムをロスしている間に、バーストで脱落確定
だったはずの 3号車B-MAX GT-Rが20秒近い差を一気に詰めて大復活!
31、11をごぼう抜きして2位を奪取する興奮の展開でした。31号車プリウスも
11号車GAINER SLSを抜いて3位に上がったのですが、最終LAPの1コーナーで
痛恨の単独スピンにより4位に落ちてレース終了となりました。
 
 
GSR初音ミクSLSは開幕戦と同じ5位、6ポイントを重ねて12ポイントでシリーズ順位も
5位をキープしました。31号車プリウス、10号車GAINER GT-Rとは差をつけられて
しまっていますが、いまの状況の中では上々の結果だったのではないでしょうか。
 
というのもレース後の谷口さんのブログで公にされたことですが、
GSR初音ミクSLSは スタート前から車体トラブル を抱えており、
本調子ではないどころか、勝負にならない可能性すらあったらしいのです。
 
■おはようございます|NOB BLOG
http://ameblo.jp/nob-taniguchi/entry-12022274799.html
ところが...
不幸中の幸いか?
幸い中の不幸か?
スタート前のグリッドで、
トラブルを発見しました。
それの対応の為、
グリッドでメカが出来る限りの対策をし...
今回の勝つ為の物とは大きく異なる状態でのスタートとなった。
(この勝つ為とは、39秒台を並べることね)
それにより、
土曜日の練習走行でのデータがまるっきり白紙になりました。

たしかに グリッドウォーク も終わりそうな時間になって、急にメカニックの
皆さまが険しい顔つきで 初音ミクSLSの下に潜り込んで、左フロント周辺を
いじり始めた様子を、私は現地で目の前で見ていました。これがその写真です。
 

 
本調子ではないクルマを懸命にねじ伏せてのレースは本当に大変だったことと
思います。そんな中で7号車そのほかのライバルを抑えきっての5位入賞は
非常に価値があります。何度も繰り返していることですが、「取りこぼし」
すなわち 0ポイントのレースをしない というのはチャンピオンを狙うチームの
一番の命題ですから、今回もチーム一丸となってそのミッションをやり遂げた
ということになります。本当にお疲れ様でした。ナイスレースです!
 
 
次回の第3戦はちょっと間が開いて6/20~6/21、場所も タイでの海外レース
ということになります。国内に戻ってくるのは翌戦の8/8~8/9の第4戦富士
ですね。またGSRらしいレースを期待しております( ・∀・)
 
デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクGTプロジェクトを応援しています!

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2015/05/04 13:19


« GSR初音ミクSLSは8番手。FIA-F4やヴィッツレースも面白い!SUPER GT 2015 第2戦富士予選

トップに戻る

決勝レース直前、グリッド上で「糸を張る」?? GSR初音ミクSLS SUPER GT 2015第2戦富士フォトレポート »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks