Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2014/08/15 03:16 - 2014/05/03

Vitzレースも初音レーシングが快走! 初音ミクBMW SUPER GT第5戦富士フォトレポート

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
ということで、真夏の富士 "台風ラウンド" は本当に大変な2日間でした。
SUPER GT第5戦 富士スピードウェイ、フォトレポート全65枚です。

 

 

 
いきなりですけどこちら。「GON for the DREAM」 という車がグラスタ裏の
広場に止まっていますが、これ、スルガ銀行の移動ATM車 です。
確かに現地でATMが必要なことって結構ありそうですが、サーキットの
施設として常設されてはいないようなので、こういうのは助かりますね。
 



 
今回の富士は近場なので朝7時の オープンピット から参戦です。
我らが初音ミクBMWとStudieZ4、そしてラブライブ!ポルシェ。
 
ラブライブ!ポルシェが何故車名に「ラブライブ!」と入れなかったのか
という疑問ですが、どうも 計時システム の仕様上「!」という文字を
使えないため、「!」無しの「ラブライブ」では商標使用許可が
下りなかった、という説が有力のようですね。本当だったらGTの実況で
「ラブライブ!」が連呼されるハズだったのですが・・・。
 

 
そのオープンピットでちょっと面白い一幕がありました。
IMPULのピットで行われていたのは 「緊急救助訓練」 です。
GTカーの天板をねじ回しではずしてそこから救出できるかどうかを
確かめているのは驚きました。「もしも」に備えるのは大切です。
 

 
パドック側のオフィシャルテントの横には、こんな感じでいつも
タイムスケジュールが掲示されています。これが一番正確です。
 

 
グラスタ裏の広場には今回も IAの痛車。もうすっかり有名です。
 

 
富士はいつもWEC推し。ということで展示されていたのは
TOYOTA TS030 HYBRID 2012年のモデルです。
 

 
その横には、、、これ、台の上でぴょんぴょん 跳ねるとそれを動力(?)
にしてミニカーがレールの上を走るという仕組みになっています。
あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~。
 

 
レクサスブースで86のシートに座らせて貰えるところがあるのですが、
レクサスの「くま吉」 がお客さんを「どうぞどうぞ」と乗せておいて、
そのあとから自分も体をねじこんできますw
 

 
サーキットで初めて食べた 餅巻きフランク、なかなか美味です。
 

 
GSRショップになぜか ふなっしー が・・・。
 

 
今回も貰ってきました、個人スポンサー特典の 缶バッジ です。
今年は全てレーシングミクデザインで、1戦1戦「Rd.5 FUJI」のように
そのレースの名称が記載されていますのでとても良いですね。
 


 
土曜日の練習走行ではレストランORIZURUの目の前、ADVANコーナー
撮影をしていました。この頃はまだ雨もほとんど降っていなかったのですが・・。
 

 
パドックエリアに止まっている ミシュランのトレーラー。巨大です。
 

 
こちらが今回のGSRの 個人スポンサーボード
前戦と比べて何だか違和感があったのですが、凄く上位に居た方が
消えてしまっていますね・・・。公式サイトには載っていたので、
もしかして名前抜けがあったのではないでしょうか(汗
(逆に2箇所に載っていた方とかもいらっしゃったようです)
 

 
前回、春に来たときにあったかどうか思い出せないのですが、
GSRのピットとは全然違うところにポツンと初音ミクBMWの旗が立っています。
 

 
近寄ってみるとなんと 「パドックスイート」 でした。特定の何チームかが
この特別招待ブースを持つことができるようです。さすがGSRはGT公式の
スポンサーになっただけあります。その後ここにはGSRツアーの方が
団体さんで入っていったりしていました。
 

 
ラブライブ!のピットに立っている キャラ全員のせの旗
いままで意識していなかったのですが、この旗は前戦の菅生でも
同じものが使われていたようです。ですが、
 

 
これ、春の 第2戦富士 のときの写真なのですが、ご覧のとおりキャラの
シルエットだけ の旗が写っています。果たして第2戦のときもキャラ入りの
旗は存在していたのかどうか、あるいはその後にデザインチェンジが行われた
ものなのかどうかはよくわかりません。しかしより痛車っぽさが出ますね。
 

 
ラブライブ!ポルシェの個人スポンサーボード。
柵が手前にある のがちょっと残念なのですが・・・、
台風で飛ばされないようにという意味もあったのかもしれません。
 

 
Vitzレース に出る痛車といえば、すっかりお馴染み 「桜織」 さんと、
 

 
我らが(?)初音レーシング の登場です。
 

 
Vitzレースは土曜の昼にA,B組に分かれて予選、そして土曜日の夕方には
決勝を走ってしまいます。初音レーシングは 予選14位 でした。
 

 
初音ミクBMWチームのピットウォーク恒例、土曜日の "祭壇" ですw
 

 
ラブライブ!ポルシェチームで配布しているうちわを今回もゲット。
第4戦は1年生トリオでしたが、第5戦は 3年生トリオ でした。
 

 
中嶋レーシングの 中嶋大祐 さんと ベルトラン・バゲット さん。
今回は大躍進の3位表彰台でしたね。
 

 
パドックに展示されていた謎の大型ファンとヒートシンクみたいなもの。
これは「PORT A COOL」という 業務用大型扇風機 のPRです。
これはその中でも最大級の「ハリケーン」モデル。
 

 
GT公式ショップに飾ってあった、、、これ何でしょうね?w
 

 
オフィシャルブースではプレゼント抽選会に色々なチームの
レースクイーンが呼ばれていました。ミクミクサポーターズ の皆さま。
 

 
GT300の 公式予選Q2 に出陣する3台。チャンピオンシップを争う上位3台・・・
かと思いきやGAINERは10号車のほうです。そう、今回11号車は予選で
Q1落ちしているのです。それが決勝であんな大躍進をしようとは・・・。
 

 
夕方に行われたVitzレース決勝では、初音レーシングが14位スタート
から5つも順位を上げて 9位シングルフィニッシュ を達成しました。
初ポイントゲットだそうです。おめでとうございます!
(※追記: レース後審議で1台変更があり、最終結果は1つ上がって8位になったそうです)
 

 
さて、今回はだいぶ前から宿探しをしていたこともあって、河口湖のほとり
宿を取ることができました。サーキットからは車で40~50分くらい。
前回の富士宮(70~80分)と比べたら随分近くて助かりました。
 

 
そこのホテルのロビーで目にして思わず買ってしまったのがこちら、
ゆるきゃら 「ふじちゃん」。世界文化遺産登録を記念して生まれた
キャラらしいので、2013年生まれだそうです。
 

 
朝から土砂降りで不安に思いながらもサーキットへ足を運ぼうと
したのですが、その道なりで「あるもの」が目に付いて、
 
 「これは見過ごせない!」
 
と思って慌てて駐車する場所を探しました。それは、、、
 

 
河口湖駅 に飾ってあった、「ヤマノススメ」 のキャラボードです。
富士急行とタイアップしてあちこちに立てているようですね。
 

 
ところで今回、GSRのピット裏にはこんなものが。
「AIR STREAM」 というキャンピングトレーラー?です。
 
メジャーなチームはトランスポーターという巨大な車載トレーラーを
レンタルしてレース期間中は中を居住空間にもしているのですが、
台数に限りがあってGSRはレンタルできなかったということで、
かわりに(GSRが子会社経由でw) 調達したものだそうです。
 

 
すみません、わたし的には完全にコレにしか見えないのですが、
ゆるゆりの 「魔女っ娘ミラクるん」 のガンボー様・・・。
 

 
日曜朝の練習走行中、ピットに戻ってきたラブライブ!ポルシェ。
雨が降ったり止んだりでパリッとしない天気が続く一日の始まりです。
 

 
いままでずっと記録目的でシャッター速度1/4000秒とかにして
止め絵のような写真を撮っていたのですが、少し背伸びして
シャッター速度を 1/125秒 まで落とし、カメラを振って流し撮りを
してみました(といっても秒間20連写のままですが)。
 
・・・まともに写ったのは 100枚に1枚 くらいですね('A`)
 

 
日曜朝の練習走行は土砂降りで幕切れです。
 

 
GSRピット裏に飾ってあったレーシングミク2014のタペストリ?です。
メッセージが沢山書き込まれています。
 

 
こちらはお隣のStudieのピット裏。Steiffのクマのぬいぐるみが
豪雨によって 屋根の下に退避 させられていました。
 

 
日曜日のピットウォーク。土曜日はすぐに品切れになってしまったという、
GSRピットで配っていたニトロプラスの すーぱそに子ステッカー をゲット。
 

 
Studieでは Steiffのぬいぐるみカタログ を配布中。
なにかとクマばかり見かけるGTサーキット場内ですw
 

 
ファンサービス中の松浦さんとリウッツィさん。いつも思うのですが
リウッツィさんってバリチェロさんに似てませんかね?
 

 
ゲイナーのピットでは11号車、10号車のドライバーが4人揃ってお出迎え。
左から平中さん、ビルドハイムさん、山内さん、植田さん。
 

 
StudieZ4 のヨルグ・ミューラーさんもファンサービスを欠かしません。
 

 
初音ミクBMWのピットには特別ゲストとしてF1ドライバーの 小林可夢偉さん がお目見え。
ひと目見たいというファンの方が押し寄せて大変なことになっていました。
 

 
IMPUL GT-Rのリアのカバーがまるまる外れた状態。何かワクワクします。
 

 
マクラーレンMP4-12Cをローアングルから。カッコ良いですねぇ。
 

 
SUBARU BRZ を駆る 井口さん。優勝おめでとうございます。優勝後は目に涙が
浮かんでいましたが、やはりプレッシャーは相当なものだったのだと思います。
 
井口さんのGT300優勝はこれで3回目。初優勝は2010年のaprカローラ。
2度目は昨年のBRZの鈴鹿ですがこれは3rdドライバーとしてのドライビングでした。
年間チャンピオンを争える戦闘力のあるチームでレギュラーを務めるのは
やはり責任重大です。あの山野さんの後釜ですからね。
 

 
IAガールズ・・と一緒に写真を撮っているのはFSW公式キャラのチェカ!
 

 
脇坂さんは何をしてはるのですか・・・。手に持っているのは
おそらくスポンサーさんの 「AQUANZ」 というボクサーパンツの商品。
 

 
ENEOSルマンの大嶋さん、国本さん、ですが、その後ろにいる
くま吉とエネゴリ の存在感が異常です。この2人に敵うのは
ミシュランマンかミクダヨーさんくらいしかいないでしょう(おい)
 

 
ZENTセルモの立川さん、平手さん。前回の菅生では大圧勝劇を見せた2人
でしたが、今回は戦略がハマらずに上位に絡むことができませんでした。
 

 
昼の間にも ゲリラ豪雨 かと思うような雨が突然降り注いで、
場内は常にバタバタしていました。ポンチョも着っぱなしです。
 

 
オフィシャルブースで恒例の二朗さんが仕切るトークショー。
今回のゲストは藤井さんと安田さんです。
 

 
決勝のグリッドにつく初音ミクBMW。普段から4号車の周りは人だかりが
多いのですが、今回は特にわやくちゃになっていたように思えます。
どうも小林可夢偉さんがグリッドにも姿を現していたようです。
 

 
最後のチェックを終えて、片山右京監督がトライバーの片岡さんに
「大丈夫!行って来い!」 とサムアップ。その手前で「まいど!」みたいに
手を挙げているのは、元reporter_dさん ことStudie仙台店マネージャの熊谷さん。
それにしてもGSRとStudieはこれで2戦連続でグリッドが隣になりました。
 

 
その所為もあって、レース序盤はこの2台の絡みが結構見られました。
赤旗再開後すぐに7号車がスピンして間が開いてしまいましたが・・・。
 

 
1コーナーでオーバーランしてしまうプリウス。濡れた路面はABSのない
JAF-GT勢は特に大変だろうと思います。そういう意味ではBRZは良く最後まで
ミスなく走りきったものです。ちなみにこんな台風の中でしたが、
今回のレースはなんと リタイヤなしの全車完走 だったのです。
ちょっと不思議な感じもしますね。(SCカー先導が長かったこともありますが)
 
※追記: JAF-GTも2014年からABSが解禁されているとのことでした。
大変失礼いたしました。コメント欄でご指摘を頂きありがとうございました。m(_ _)m

  

 
GT500を横に見ながら10号車と2号車のサイド・バイ・サイド。
これはホームストレートエンドを1コーナー席から撮っています。
 
ところで今回、ちょっと想定外のことがありました。前回富士に来たときには
レース中ほとんど1コーナー席最上段の手すりのところに立って写真を
撮っていたのですが、今回はスタッフの方に声を掛けられました。
 
「すいません、お気持ちはわかりますが、立ち見は禁止と
 なっていますので、少ししたら直ぐご着席ください~」
 
えっ??? 立ち見は禁止だったのですね。すみません、初めて知りました。
前回5月の富士ではずっと居たのに何も言われなかったのですが・・。
 
ということで今回はずっと座席に居て、最後のほうはグラスタに戻って
観戦しました。1コーナーは立ち見の位置だとフェンスを越えて車を
直接見られるのですが、座席に座ると全てが 「フェンス越し」 になって
しまいますので、ちょっと魅力は損なわれてしまいますね。
 
とはいえ決まりであれば従うほかはありません。おそらく立ち見を
野放しにすると写真愛好家の場所取り固定で人垣が出来るような
状態になるので散らしているのだと思われますが・・・。
 

 
グラスタに戻って撮影した最後のSC走行中の初音ミクBMWです。グラスタだと
座ったままでも、フェンスなどの障害物なしに車を捉えられます。
 

 
最後はSC先導の中の パレードラン・ゴール。TV中継を観ていた方は
ちょっと消化不良な印象があったかもしれませんが、現地で一緒に雨風と
戦っていた身としては 「もういいっ!!もう休めっ!よくやった!!」
という気持ちで一杯でした。ゴールのときには最終コーナーを回って
グラスタからSCが見えたあたりからずっと拍手でのお出迎えでした。

走るほうも見るほうも 消耗戦なレースウィーク でした。皆さま本当に
お疲れさまでした。私は次回の観戦はRd.8のもてぎになってしまいますが、
Rd.6 鈴鹿、Rd.7 タイももちろんテレビ観戦で応援したいと思います(`・ω・)g
 
デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクBMWプロジェクトを応援しています!

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2014/08/15 03:16


« 初音ミクBMWは大躍進4位!現地は台風で地獄絵図?!SUPER GT第5戦富士決勝

トップに戻る

デスクトップPCの心臓移植を計画! Nehalem世代から一気にHaswell世代へ »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.60747   投稿者 : 匿名   2014年8月15日 20:16

2014年からJAF-GTもABS許可されていますよ〜。
BRZは今年からABS/TCS共に装備しているそうです。

FIA-GT3との性能差を埋めるための措置だそうですが、
それならシーズン中の開発も制限して欲しいところです…。


No.60750   投稿者 : CK   2014年8月15日 20:56

●No.60747 投稿者 : Anonymous さん
 >2014年からJAF-GTもABS許可されていますよ~。
 >BRZは今年からABS/TCS共に装備しているそうです。
おおお、そうだったのですね。ご指摘を頂きありがとうございます。
だとするともしかしてむしろJAF-GTのほうが効きの良いABSを
持っていたりすることもあるのでしょうかね。失礼いたしいました。。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks