Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2014/08/01 03:30 - 2014/04/22

今度はPC/カメラ/家電を直撃!(固定2%) - Amazonアソシエイトの料率ダウンと変動制廃止

カテゴリ : 雑談 タグ :

2014年7月31日、Amazonアソシエイトの料率変更 で再び?三たび?
の衝撃が走りました。月ごとの紹介商品数に応じた料率アップのルールを
全て撤廃して、9/1から 固定料率制 に変更するとの通達です。
 
中でも最大の衝撃は、
 
 PC、カメラ、家電が固定2%に大幅ダウン
 
したことでしょう。
 
■Amazon アソシエイト(アフィリエイト) - ホーム
https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/network/main.html
Amazonアソシエイトプログラムからのお知らせ
【2014/7/31: 紹介料率変更のお知らせ】Amazonアソシエイト・プログラムでは長期的なサービス品質向上を念頭に、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約第15条に従い、2014年9月1日よりアソシエイト・プログラム紹介料率表を改訂いたしますので、主要な変更についてお知らせいたします。
 
新紹介料率は下記の通りです。


 
かつては、紹介商品数に応じた料率の段階的アップというのは、
以下のようなテーブルで規定されていましたが、
 

 
その後、
 
 ・CD/DVD/ゲーム は2%固定
 ・ は3%固定
 ・フィギュア は0.5%固定
    :
 
というように、特定のカテゴリではこの料率アップテーブルを無視する
という独自ルールが沢山できており、この料率テーブルそのものは、
「固定料率が宣言されているカテゴリ『以外』についてのみ」
適用されている分かりにくい状態になっていました。
 
■2009/07/28 [Amazonアソシエイトが9/1から料率見直し、上限額ジャンルも拡大]
■2013/05/10 [Amazon紹介料率ショック再び! 6月から書籍は固定「3%」、フィギュアも固定「2%」へ]
■2013/11/23 [Amazon紹介料率変更でまた衝撃! フィギュアが「0.5%」というのは・・・]
 
そういう意味では、
 
これまでの出荷数に応じた段階制料率を廃止し、商品カテゴリ毎に固定で紹介料を設定することで、より透明性の高い体系に見直しを いたしました。
いずれも9月1日以降に生じた出荷、ストリームもしくはダウンロードがなされた適格販売分より対象となります。

「より透明性の高い」という説明は間違っているとはいえないのですが、、、
現実問題としては、透明性を高くしたことと、料率を明確にダウンしたことは
因果関係が全くありませんので、当然ながら今回の措置は 料率を下げることが
最大の目的 であるということは間違いありません。
 
10%(*) Amazonインスタントビデオ
 
8%(**) Kindle、Kindle本、Kindleアクセサリ、Androidアプリ、
  デジタルミュージックダウンロード、服、ファッション小物、
  バッグ、シューズ、ジュエリー、食品&飲料、お酒、コスメ
 
5% ヘルス&ビューティ用品、ペット用品
4% DIY用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ用品、ギフト券
 
3% 本、オフィス用品、おもちゃ、ホビー、家具、インテリア、
  キッチン用品、雑貨
 
2% CD、DVD、ソフトウェア(含 ダウンロード)、TVゲーム、
  PCゲーム、カメラ、PC、家電(含 小型白物家電)
  カー用品・バイク用品、腕時計、楽器
 
0.5% フィギュア商品
0% ビデオ商品
紹介料上限(***) 1商品1個の売上につき1000円(消費税別)
 
(*)は2014年9月末までの期間限定キャンペーンです。
(**)は2014年12月末までの期間限定キャンペーンです。
  2015年1月より変更になる場合があります。
(***)22014年9月末まで特定商品カテゴリー
  (服、ファッション小物)のみ紹介料上限はありません。

この新固定料率でもっとも目を引くのは、冒頭にも記しましたが、
 
 初期の頃からAmazonアソシエイトを利用している人にとっては
 最後の砦だった「PC」「カメラ」「家電」 が遂に固定2%にダウン
 
したことでしょう。上述の通り、今まで固定料率指定されていなかった
これらのカテゴリは従来は 最低でも3.5%、紹介商品数が多い人なら
5%~7% にもなっていたものです。「段階料率を廃止してわかりやすく」
という説明もむなしく、従来の最低設定を大幅に下回っているわけですから、
このカテゴリについては 単なる「紹介料カット」 と説明するほかはないでしょう。
 
全てのカテゴリでダウンしているわけではなく、実はフィギュア以外の
おもちゃ・ホビーについては地味に固定2%→3%に上がっていたりもする
のですが、これは本当に例外で、ほとんどの主力商品については
減額の方向に動いていると見て良いと思います。
 
そして、今回発表された新料率のカテゴリごとの設定を見回してみると、
露骨なくらい方針が読み取れる数字になっています。
 
要するに、
 
『 本、CD/DVD、ゲーム、PCパーツ、家電/カメラ、フィギュア/ホビーは
 もう Amazonが十分制圧 したから、紹介してもらう必要はない。
 まだAmazonが 制圧してないもの(ファッション、食品、電子書籍)を売れ! 』
 
ということですね。この方針を汲み取ってアクションを起こすのか、
あるいは流石にちょっとついていけない、と考えるのか、旧来のユーザが
判断を迫られるステージ に来ているとはいえるでしょう。
 
少なくとも今後についても、十分に紹介したらそのカテゴリは料率が
下げられる、というパターンになることは想像に難くありません。
 
■過去の主な料率変更(大きな影響があったもの)
 2009/9/1~ 上限一律1,000円化
 2012/8/1~ CD/DVD/TVゲーム 固定2%
 2013/6/1~ PCソフト/おもちゃ(ホビー) 固定2%、本(Kindle除く) 固定3%
 2014/1/1~ フィギュア 固定0.5%
 2014/9/1~ 出荷数に応じた変動比率を全カテゴリで廃止。
      PC、カメラ、家電を全て2%固定に。 ← New!!
 
ちなみに私自身のお話でいうと、度重なる料率ダウンによって、ここ3年で
紹介商品数は微増しているのに、紹介料はほぼ「半分」 になってしまいました。
今回の変更でまた主力カテゴリが軒並み打撃を受けるため、
2014年9月以降は 「さらに半分」 になってしまうかもしれません。
 
Amazonに限らずですが、アフィリエイトというのは事業者の意向によって
いつでも契約破棄・減額が可能である という前提の上で将来のことを
考えていく必要があるということは、肝に銘じておきたいものです。
 
 
※続き:過去の料率変更時の収益影響の実例をグラフにしました。
■【実例】過去のAmazonアソシエイトの料率変更の影響のグラフ | デジモノに埋もれる日々
http://ckworks.jp/blog/archives/2014/04/amazon_associate_graph201407.html

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2014/08/01 03:30


« スマホとモバイルルータの「分業制」がもたらす安心感、MR03LNを実戦投入

トップに戻る

【実例】過去のAmazonアソシエイトの料率変更の影響のグラフ »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks