Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2014/02/01 05:10 - 2014/01/17

1/27にオープンした「nonowa(ノノワ)東小金井」に立ち寄ってみました。

カテゴリ : 雑談 タグ :


 
1/27にオープンした「のワの」、・・・じゃなかった、
「nonowa(ノノワ)東小金井」 を覗いてきました。

 
■nonowa(ノノワ) - "緑×人×街 つながる" 中央線からはじまる、新しいライフスタイル
http://www.nonowa.co.jp/
 
nonowa(ノノワ)というのはJRの新しい商業施設のプロジェクト名で、
高架線 になった中央線の下のスペースを活かしてモールを作る
というものです。2012年から始まって西国分寺、武蔵境と続き、
この「東小金井」が3箇所目ということになります。
 

 
ホームから階段を下りて改札に向かうと、従来のメイン改札である
東側改札 のほうにnonowaの案内カウンターがあります。
 

 
が、実はnonowaのメインとなるのは西側のほうで、
そちらにはこのように 「nonowa口」 という小改札があります。
 
■施設案内 | nonowa東小金井
http://www.nonowa.co.jp/higashikoganei/facility/facility.php

 
全体像はこんな感じで、東側にKIOSKを除くと7店舗、
西側は大型スペースの店を中心に11店舗あります。
蕎麦屋さんの1店舗を除くとすべて「改札の外」にあるモールです。
東西スペースの間には改札が横たわっており、通り抜けはできません。
 

 
私はたまたま病院通い帰りに平日に立ち寄ったのですが、
まだオープンしたてということもあって物珍しさもあるのか、
かなりの活況を呈して いました。
(写真は、あまり衆目の中では撮り辛いのでちょっと人の少ない
カットになってしまっていますが、もっと混み合っていました。)
 
全体にわざと照明を抑えて、「夜の街」 っぽさを醸しだしています。
西側はロッテリアを中心としたフードコートが目立ちますが、
それ以外はブティックとか女性向けっぽい小物雑貨店が多く、
結構 おしゃれな雰囲気 を漂わせています。正直、私のような
男性サラリーマン風が入るのはちょっと躊躇するレベルですw
 
東側は狭いですが、明るくて普通な雰囲気で、不二家とか和幸とかの
普通の食品店が並んでいる感じですので、気楽に立ち寄れる感じです。
 

 
この「nonowa(ノノワ)東小金井」、外から見るとあまり派手な
ショッピングモールっぽい雰囲気は無いのがちょっと気になりました。
外側からの入り口 はほとんどなく、中の盛況さが外からは伺い
知れない状態になっています。ほかの駅でもこんな感じなのでしょうか。
 
ちなみに古くからの地元民は 「東小金井=ヒガコ」 とか、
「武蔵小金井=ムサコ」とかあまり呼ばないのですよ。
でもあまりにもそう呼ばれるものなのでもう最近は諦め気味で
話を合わせて「ヒガコ」「ムサコ」と呼ぶのに慣れてきました。
 
「nonowa(ノノワ)」のために東小金井に足を運ぶ、というタイプの威力の
ある施設ではないかもしれませんが、地元民や東小金井に通う学生の方々等
を中心として愛着のある場として定着していくと良いですね。そうそう、
今日は平日の夕方に立ち寄ったこともあって、学生さんの姿 を沢山見かけました。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2014/02/01 05:10


« あまとも通信 - QNAPの横型NAS HS-210 が値下がり

トップに戻る

「妹ちょ。」の放送枠変更。曜日変更はレコーダの追随が効かないため注意 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks