Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/10/20 00:35 - 2013/09/23

TMPGEnc VMW5ではCUDAエンコーダを指定しないとCUDAは前処理だけに使われる



 
先日 TMPGEnc VMW5 と GTX650Ti によるCUDAエンコードの記事を書きましたが、
コメント欄で下記のように、間違いのご指摘 を頂きました。

 
■2013/09/21 [GeForce GTX650Ti のCUDAを試す i7-875K環境でエンコード時間が3分の2に短縮]
●No.36936 投稿者 : ぽぽろ 2013年10月19日 20:01
2パス/VBRの設定だとエンコードにCUDAは利用できないです。
フィルタの方はエンコード設定に関係なく効果があるので、早くなったのはそのせいかと。

えっ! と思って確かめてみたところ、ご指摘を頂きましたとおり
CUDAエンコードオプションについて 私が勘違いをしていた ことが分かりました。
大変失礼いたしました。そしてご指摘ありがとうございました m(_ _)m
 
私は先の実験でCUDAのハードウェアエンコーダが使用されているものだと
思っていました。ところが、実際にはCUDAのハードウェアエンコーダは
使用されていない というのが正解だったようです。というのも、
 

 
今まで全く気にしたことがなかったのですが、エンコードオプションの中には
ずっと 「映像エンコーダ」 という選択肢が存在していて、そこにCUDAが
加わっていたからです。これを 「x264」 ではなく 「CUDA」 に変えることで
初めてエンコーダとしてのCUDAを使うという指定になります。
 

 
ということで、この TMPGEnc VMW5 のCUDAオプション設定は、
私は最初こういう意味で読んでいたのですが、
 
 ・NVIDIA CUDA使用
  ⇒ エンコードにCUDAのハードウェアエンコーダを使う
 ・フィルタリングにCUDAを使用する
  ⇒ フィルタリングにもCUDAのGPUを使う
 
実際には、こういうことになるのですね。
 
 ・NVIDIA CUDA使用
  ⇒ 映像エンコーダで「CUDA」を選んだときだけ
   CUDAハードウェアエンコーダを使う
 ・フィルタリングにCUDAを使用する
  ⇒ フィルタリングにCUDAのGPUを使う
 
先日の設定は、両方にチェックを入れつつ、映像エンコーダにはCUDAを
選ばなかったため、フィルタリングだけにCUDAのGPUを併用した
という状態になっていたというワケです。
 
このあたり、TMPGEnc Xpress4.0の頃とちょっと違う気がするのですが
気のせいでしょうか・・・というのも、以前はエンコーダを考える間もなく
CUDAを使ったら明らかに画質が変わったような気がしましたので。。
 

 
あらためてCUDAのエンコーダを使うようにして実験をしてみると、
このようにちゃんと 「CUDAエンコード有効」 という表示が出ました。
そして・・・、
 

 
前回と同じソースがなんと 15分でエンコード完了 してしまいました!
 
1時間24分 (84分) : CUDA未使用
0時間53分 (53分) : CUDA使用(フィルタのみ)
0時間15分 (15分) : CUDAエンコーダ使用
 
おおい、ここまで全然違いますか(;゜д゜) ここまで速いとちょっとビックリです。
CUDAを全く使わなかったときと比べると 5~6倍速く なっています。
 
しかし、一方で、今度は 画質の劣化はハッキリと 見られました。
 
劣化というか、TMPGEnc VMW5 の x264 ソフトエンコードロジックと比べると
CUDA 3.1 のハードウェアエンコーダの画質はちょっと苦しいというのが
正直なところです。動きのないシーンだとほとんど気にならないのですが、
急な動きが画面全体で起こるような際どいシーンだと画面全体に一瞬だけ
ざわっ!という感じで ブロックノイズが目視できるような状態になるのです。
 
もしかするとロジックの優劣というよりは、1passしか使えない
いうことが大きく影響しているのかもしれません。いずれにせよ、
CUDAのハードウェアエンコーダを用いたエンコードは、いくら速くても
私自身としては ちょっと満足はできない な、という印象を持ちました。
 

 
もう一度、別の短いソースで比べてみました。
 
5分49秒 (349秒) : CUDA未使用
3分57秒 (237秒) : CUDA使用(フィルタのみ)
0分56秒 ( 56秒) : CUDAエンコーダ使用
 
やはり、CUDAをフィルタのみで使うと 150% くらいの速度アップ、
そしてCUDAエンコーダを使うと 600% くらいの速度アップになりますね。
 
逆にいえば、CUDAを前処理(フィルタ)に使うだけであればほとんど画質には
影響しないということにもなりますので、むしろこの 150%の速度アップの
恩恵は しっかり受けおくのが吉ということになりそうです。
 
そういう意味で GeForce GTX650Ti はエンコードにも 十分役に立つ という
結論になるでしょう。私も最初はCUDAエンコーダの画質劣化がどこで出ているか
分からないという理由で、
 
急にロジックが変わってしまうのはキモチワルイもので、、、私は本当に何となくですが、CUDAは使わずに 今までどおりソフトエンコードロジックのほうを使ってエンコードをしようと思ってしまいます。
などといってしまったのですが、この検証でエンコーダ自体はx264ソフト
エンコードを使いつつCUDAを前処理だけに使えるということが分かりましたので、
これからは積極的に恩恵に授かっていきたいと思います。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2013/10/20 00:35


« レーザープリンタのトナーを交換 - Brother HL-5070DNを使い続けてもう9年ちょっと

トップに戻る

「IS<インフィニット・ストラトス>」の「探して毎回予約」が機能しない?! »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks