Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/09/22 00:43 - 2013/09/08

RAID-1 NASのHDD 1基が突然クラッシュ?! 慌てずに交換・リビルドを実行

カテゴリ : デジモノ タグ :

部屋に入ってふと気づきました。我が家の心臓、全てのデータを保管している
大切なメインNAS、QNAP TS219P の電源ボタンが 赤く点滅 しています。
 

 
こんな症状はいままで見たことがありません。ドキドキして
Web管理画面から状況を確認してみると、RAID-1 で運用していた
HDDの片方が認識されなく なっていることが判明しました。

 

 
このとおり、Status で No Disk となっています。
その後、ダメもとでNASの再起動をしてみたのですが、起動時のチェック時に
 
 ガリッ、ガリッ、と嫌な音が するではありませんか!!
 
あー、もうHDDのトラブルは何度遭遇してもイヤなものですね(;´Д`)
幸い、そのまま片肺で再び起動はしましたので悪化はしませんでした。
 
■2012/06/23 [3TBのHDDを2本購入。目的はRAID-1 NASのHDD置き換え]

 
余談ですが、こんなことを平気でできてしまうのは、単純なRAID-1の
構成ではなくて、私が個人NAS運用としては一番信頼をしている形態、
 
 (N+N)+N の構成を取っているからです。
 
RAID-1 のミラーディスクと対にして、1週間単位で同容量の外部
バックアップ を取るという体制は、万が一RAID-1が全滅してもまだ
備えがあるという点で、非常に安心できる構成になっています。
(間違って削除してしまうというソフトクラッシュにも対処できます)
ただし、バックアップが正しく取られていること自体の確認は入念に行いましょう。
 
閑話休題。
 

 
システムログを見てみると、9/20 19:40 に なぜか再起動が
掛かっていることがわかります。
 
The system was not shut down properly last time.
 
とあるとおり、正常なシャットダウンが行われていなかったのは
間違いないようです。しかし、他の機器の様子を見ても、この時刻に
停電などの何かがあったようには思えません。そもそも停電であれば
このNASはVIP待遇なので 特別にUPSが 噛ませてあり、回避が可能なはずです。
 
あるいは因果関係が逆で、HDDの一基がクラッシュしたことによって
再起動が掛かったのかもしれません。
理由はともかく、いずれにせよいまは一基がクラッシュして
一基が無事、という状態であることだけは分かります。
 

 
というわけで 交換用の3TB HDD を準備することになりました。
購入したのは前回と同じ Seagate の「ST3000DM001」。
今回壊れたHDD、そして生き残った片割れのHDDと同じ型番です。
 
ちなみによくよく見ると壊れたHDDは 中国製 でしたが今回のは タイ製
でした。同じ型番でも製造工場は時期、ロットによって違うようですね。
 

 
QNAP TS219P のRAID再構築は非常にシンプルです。ホットスワップ対応
ですので、壊れたほうのHDDをこのようにそのまま取り出してしまって
問題ありません。そして付け替えてまた元に戻します。
 

 
するとあとは 自動でRAID-1のリビルドが実行 されます。
3TBのリビルドというのは量が多いため、結局そのまま 6時間ずっと
リビルドしていましたが、全く問題なく完了し、元通りになりました。
 
これでとりあえずは一安心です。また同じようなことが起こっても
こうして対処できることが分かれば安心感も増すというものでしょう。
 

 
それにしても、私の手元にはまた、壊れたHDDが積み上がりました。
HDDって 壊れるモノ ですよね。こんなの(おい)に単機で大事な
データを置いておくのは本当に怖くて仕方がありません。
 
上述のとおり (N+N)+N のRAID-1+バックアップ構成を取ってから
ようやく 枕を高くして眠れる ようになりました。結果的に
必要容量の3倍の容量を使っているワケですが、安心感には代えられません。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2013/09/22 00:43


« 缶コーヒー「Roots 微糖SPECIAL」の缶がびみょうに長くて・・・

トップに戻る

FF14のためにビデオカードを新調 - 玄人志向セレクト「GF-GTX650Ti-E1GHD/OC」 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.35747   投稿者 : きゃりーパフパフ   2013年9月26日 16:25

最近知ったのですが、TLER(Time Limited Error Recovery)やERC機能付きのHDDというのが在るんですね…。
これが無い一般向けのHDDは、不良セクタの修復時に応答が得られずRAID側からHDD故障と誤認識してしまうとか。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks