Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/10/26 03:16 - 2013/09/27

新型LavieZは795g、法人モデルVersaPro UltraLite VGならWin7も選択可能ですが高い!


NEC の超軽量13.3インチノートPC Lavie Z に新型が 登場しました。
前モデルの875gからさらに軽量化して 795g となったほか、
タッチパネル搭載で964gのモデルも新たに加わりました。
 

 
■NEC PC、約795gで13.3型WQHD対応IGZOを搭載した新「LaVie Z」 ~フルHDのタッチ対応モデルも - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131015_619192.html
 
新しいモデルは重さは従来より80gも軽いものの、フットプリントが
313×209mm ⇒ 319×217mm とひとまわり大きくなっていて、しかも
厚みは変わりません。これはタッチパネル搭載タイプの大きさにあわせた
ということらしいのですが、まぁ重量は軽くなっているワケですし、
実際はそれほど気になることはないでしょう。
 
Haswell世代 となってCPUは上位モデルが Core i7-4500U (1.80GHz)、
下位モデルが Core i5-4200U(1.60GHz)、メモリは4GBのまま据え置きです。
 
タッチ無しモデルは IGZOの2560x1440 という超解像度モニタを
持ってきました。そしてそれよりも、
 
 このIGZOモデルは 「ノングレア」なんです。
 
これは思い切った選択をしましたね。コンシューマ向けでタッチパネル無し
なんていうのはもう完全にビジネス向け一択、という判断なのかもしれません。
大変嬉しいです。ノングレア万歳。もう アンチグレアシート をセットで
買う生活とはおさらばです(おい)
 
一方、タッチパネルタイプは解像度自体も異なり、1920×1080のIPS液晶
を搭載しています。スーパーシャインビューとありますので 光沢 ですね。
たぶん謳い文句としては「反射率は抑え・・」みたいな感じのおまじないが
付くと思いますが、普通に光沢な感じ(?)だと思われます。
 
店頭モデルでは、タッチなし上位CPUモデル(LZ750/NSB)はSSDが256GBになって
店頭予想価格が 18.5万円、タッチなし下位CPUモデル(LZ550/NSB)はSSDが128GBで
店頭予想価格が 16.0万円 となっています。
 
タッチありモデルはブラック(LZ650/NSB)とシルバー(LZ650/NSS)が用意されます。
CPUはi5-4200U(1.6GHz)、SSDは128GBモデルのみで、店頭予想価格は 17.5万円
こちらはバッテリ駆動時間がかなり長くなっています。(9.2時間⇒14.5時間)
 
なお、どのモデルも Office Home and Business 2013 をプリインストールした
状態になっているのですが、NEC Direct のカスタマイズモデルではOfficeを
外すことでベースモデルはかなり安くなるほか、細かいスペックも変更が可能です。
タッチなしモデルは最低価格が 13.4万円 から、タッチありモデルは 14.9万円 から。
 
■NEC Direct > ノート > タイプZ
http://www.necdirect.jp/shop/note/lavie/z/index.html
 

 
 
 
・・・っと、長々とご説明してきたのですが、本題はここからです。
 
■【.biz】NEC、795gの13.3型ノートを法人向けにも投入
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/biz/20131023_620483.html
 
コンシューマ向けの Lavie Z は直販カスタマイズモデルも含めてすべて
OSが Windows 8.1 固定 になっており、ダウングレードもできない
仕様になっています。しかし少し様子を見ていたところ、同モデルの
法人向け としてVersaPro J UltraLite VG の新モデルが出てきました。
 
 こちらは Windows7 が選択可能に なっています!
 
それ以外の基本的なスペックは新Lavie Zとほぼ同じです。
タッチありモデルもタッチなしモデルもそれぞれ用意されていて、
「カスタマイズ/お見積もり」のところから注文することができます。
 
■UltraLite タイプVG <2013年10月発表商品> : VersaPro/VersaPro J | ビジネスPC | NEC
http://jpn.nec.com/products/bizpc/versapro/vg2/index.html
 

 
スペックの上で注意すべき点は、この法人モデルは上位CPUのモデルが
そもそも存在せず、CPUはi5-4200U固定 となっています。それから、
LavieZでは標準で付いているWebカメラがVersaProでは標準では付いておらず、
Webカメラを付けたければベースモデルとして「Webカメラあり」のほうを
選択してカスタマイズする必要がありますので、注意が必要です(+2000円)。
 
そのあたりは、まぁCPUが上位版を選べないのはちょっと痛いのですが、
堅実に使えるモバイル超軽量ノートを選ぶ上では許容範囲だといえるでしょう。
ただ、よくよく見てみると、
 
 法人版のほうが ベース価格がまるまる3万円くらい高く
 
なっています・・・おお・・・そこまで違いますか('A`)
CPUはi5-4200Uしか存在しませんので、LavieZのCPU下位版との比較になるのですが、
上述したとおりLavieZのカスタマイズモデルが 13.4万円~ からなのに対して、
VersaPro J UltraLite VG のほうは同スペックだと 16.6万円~ からと
なっています。(Webカメラ0.2万円はありで合わせました)
 

 
SSD 128GB、Officeなしでこのお値段ですが、これを増やそうとすると、
 
 LavieZ SSD 128GB⇒256GB +15,750円
 VersaPro SSD 128GB⇒256GB +19,000円
 
 LavieZ Office Home and Business +24,990円
 VersaPro Office Home and Business +28,000円
 
ここでも微妙に差が付いていくのですね・・・。それぞれ3千円くらいずつ
法人版のほうが高くなります。これらを合計して、i5-4200U、SSD 256GB、
Office付きで比較すると、17.5万円と21.3万円 という差となって現れます。
 
17.5万円というと「ここは思い切って清水の舞台から飛び降てみるか!」
という気持ちにもなってきますが、21.3万円といわれると、
「いや、スカイツリーから飛び降りるのはちょっと・・」みたいな気分です。
 
そうはいってもせっかくのノングレアモデル、そして13インチで800g切り、
しかもWin7モデルが手に入るというトリプルヒットですので、
ぐぬぬぐぬぬと言いながらも 手に入れたい気持ち でいっぱいです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2013/10/26 03:16


« あまとも通信 - Panasonicのミラーレス一眼 LUMIX GX7 が値下がり

トップに戻る

まどか☆マギカのパンフレットは何処ですか?(汗 「叛逆の物語」を観てきました! »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks