Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/09/01 14:28 - 2013/08/17

トウカイテイオー死去、「奇跡の復活」から20年。夢と興奮と感動を、ありがとう。

カテゴリ : 雑談 タグ :

8/31未明、トウカイテイオー死去 のニュースが駆け巡りました。
急に馬房で倒れてそのまま息を引き取ったそうです・・。
享年25歳。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
 
■追悼~トウカイテイオー | 馬産地ニュース | 競走馬のふるさと案内所
http://uma-furusato.com/news/detail/_id_73802

 
トウカイテイオーは、わたしの競馬ファン人生の中で、一番大好きな馬でした
奇しくも世間では「ブログ10周年」なんて節目の年ですが、私がブログを
始めた頃(この頃はまだDoblogというサービスの上でやっていたブログでした)
の記事で「好きな馬10」にも文句なくトップで挙げていました。
 
■2004/03/20 [Doblogユーザ好きな馬ベスト20!!(トラックバック)]
1. トウカイテイオー 1988年生まれ 12戦9勝 GI 4勝
皇帝ルドルフの初仔にして一番の優等生。彼のすべてが、ドラマでした。
パドックで見せる「テイオー・ステップ」はまるで空に浮かぶような優雅さでした。
ダービーまで完全無欠だった彼のイメージは、骨折を機に「影のあるエリート」に...。
天皇賞春秋での惨敗、JCで復活、有馬記念でまた惨敗、丸1年後の有馬記念の「奇蹟」。
あの鬼気迫る脚でビワを差し切ったラストランを、涙なしに語ることは出来ません。

というか、あのテイオーの奇跡の復活が1993年。もう20年も前だったことに
今更ながら驚きを隠せません。
 
私が初めて競馬というものをテレビで目にしたのが1988年サクラチヨノオー
の日本ダービー。それから 「オグリの時代」 を見続けて競馬ファンの道を
歩み続けてきた私が、2年後に 「皇帝ルドルフの初仔」 という
触れ込みで紹介された中京の新馬戦の直線ビデオだけを見て
一目惚れしたのがこの馬、トウカイテイオーでした。
 
トウカイテイオーは本当に優雅な馬でした。空を翔る天馬のようだと言われた
パドックので歩様は 「テイオーステップ」 と呼ばれて親しまれていました。
足首が柔らかいのか、普通に歩いていてもクッションみたいな動きをして、
ちょっと前足をチャカつかせるような動きをするときには本当に
空に浮き上がっていくかのようなふわふわとしたステップになりました。
 
Google検索「テイオーステップ」
 
テイオーといえば余裕のあるときには ゴール前で手前を変える
(先に地面に付く脚を左右逆にする)シーンが何度かありました。
コーナーならともかく、「直線で手前を変える」というのは走りにとって
何か意味があるものではなく、馬が勝手に気分で変えているようなのですが、
その瞬間は本当に天に駆け上がるように見えたものです。

ちょっとだけ拝借すると、1992年の産経大阪杯(G2)のレースでは、
ゴール3歩前くらい に急に右手前から左手前に変えているのですね。
テイオーだけをじっと見ていると「あっ!」という感じです。
 
また、何よりもこの馬は 「イケメン」 でしたね。顔面に大きくて綺麗な流星
を持ち、整った顔立ちを持ったテイオーはファンから絶大な人気を集めました。
 
トウカイテイオーのベストレースといえばやはり1991年日本ダービー(東京優駿)、
1992年ジャパンカップ、そして1993年のラストラン、有馬記念。
 
日本ダービーのレースを観たときは、この馬に勝てる馬は誰もいないの
ではないかと当時まだ18歳だった私は興奮して眠れなかったものです。
しかし、その数日後に 骨折が判明。それからテイオーは「無敵の帝王」
から「影のある貴公子」というイメージの馬になっていきました。
 
■トウカイテイオーが急死 25歳、急性心不全か:競馬:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20130831-OHT1T00017.htm

同年の有馬記念で11着に敗れたあと、またも骨折。長期休養を余儀なくされたが、1年後の有馬記念で不死鳥のようによみがえった。中363日というレース間隔は、休養明けG1勝利の最長記録で、ファンの語り草となっている。
ラストランは中1年ぶり。
 
 有馬記念の次のレースが翌年の有馬記念
 
という普通に考えれば勝つことなどありえないシチュエーションです。
しかしいざ走ってみれば、ゴール前では鬼神のような走りでビワハヤヒデを
斬り捨てました。あのレース、ビワハヤヒデの走りだけ見ているといかに
テイオーがいなければブッチ切り だったかというのが良くわかります。
 
トウカイテイオーは本当に 「強くて」「優雅で」「ドラマチックな」馬 でした。
競馬に限らないことですが、誰しも、そのジャンルのファンになりたての頃に
出会ったヒーローのことをずっと好きになってしまうものです。
その後20年競馬を見続けた今でも、一番好きな馬はずっとこの馬でした。
テイオー、25年間本当にお疲れ様でした。夢と興奮と感動をありがとう。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2013/09/01 14:28


« Nexus 7 (2013) が届きました。発売日前日に注文して、発売日当日に到着!

トップに戻る

Dynのログイン必須化に気づかずドメインがexpired!? Pro版を購入して何とか復活 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks