Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/08/19 18:40 - 2013/08/10

灼熱の鈴鹿で魅せた初音ミクBMWの大逆転劇! ・・・のはずが車検失格?!

カテゴリ : 雑談 タグ :


 

 
GSR初音ミクBMW 参戦中のSUPER GT第5戦、鈴鹿決勝日の暫定レポートです。
決勝日もちょっと出遅れてしまったのですが、朝のフリー走行の前には
わずかですが雨も落ちてきたようです。しかし、結果的には最高気温36度、
1日を通して厳しい暑さが続く日になりました

 

 
4号車 初音ミクBMW は予選17番手。しかし、ここから 驚きの大進撃 が始まります。
 

 
スタートドライバーの片岡さんが、スタートしてすぐに16位にアップしてからは
まったりした序盤が続くように見えたのですが、しばらくすると混戦の間を突いて
片岡さんが次々に順位を上げていき、なんと 9番手 までジャンプアップします。
 
GT300クラスは160周程度のレースとなり、多くのチームは32周×5くらいに分けて
4回のピットインをするのですが、一気にジャンプアップしたあと4号車は
20周を過ぎたあたりで 早くも最初のピットイン を行います。
 
この時点では定かではなかったのですが、ピット回数を1回多くする代わりに
軽い燃料とタイヤを使う走り で稼ぐ戦法を視野に入れていたようです。
そして最終的には実際に5回のピットインを敢行することになります。
 

 
今回の鈴鹿で第3ドライバーに登録されていたのは、本国ドイツのBMWの
スーパーエース、ヨルグ・ミューラー選手。直前に来日して予選日に
SUPER GTのルーキーテーストをするという急場の準備で心配されたのですが、
そんな心配は全く無用でした。
 
 片岡 ⇒ ミューラー ⇒ 谷口 ⇒ 片岡 ⇒ ミューラー ⇒ 谷口
 
とそれぞれ2回ずつのドライビングになったのですが、ミューラー選手のパフォーマンスは
その中でも全く見劣りすることないどころか、一番光っていたといっても
過言ではない素晴らしい仕事っぷりでした。まさに BMWを一番良く知る男 です。
 
彼にクリアラップを渡すと周りのライバルより2秒も早いラップを次々と
叩き出して出してきます。第5スティントのドライビングでも前との差が30秒
あったものがみるみるうちに11秒まで縮まっていったのは驚きの一言でした。
 
 
さて、レースのほうは、中盤でランボルギーニのパンク&炎上によるセーフティーカー
導入と、それによるピット進入違反ペナルティを受けた車が続出するという出来事もあり、
簡単には説明できない状態だったのですが、それはさておくとして、、、。
 
元々FIA-GTの中では燃費も良いほうのBMW Z4がさらにショートスティントを切って
給油時間を短縮していったこともあって、同ピット回数比では 常に2位の位置を
走るという快走劇を見せ付けました。しかし最後に+1回のピットインを残して
いましたので、6位くらいに入る というのは大方の見方でした。
 
しかし、最後のピットインが近づいてくると、残り35周くらいで入った組、
16号車MUGEN CR-Z、88号車MonePaランボルギーニ、62号車LEON SLSとの差が
思ったより付いています。最終ピットも給油は少ないため期待が高まります。
残り25周くらいで、4回目の最後のピットインを引っ張っていた52号車
OKINAWA SLSと、直後を走っていた4号車初音ミクBMWが同時ピットイン。
 

 
あとで帰宅してからテレビ中継を確認してみると、このシーンは全くカメラで
捉えられていなかったようですね。グランドスタンドから観ていた
初音ミクBMWのファンからすると、ここは最高のハイライトシーンでした。
 
OKINAWA SLSと初音ミクBMWのピット位置は間に4~5チームぶんを挟むだけで、
結構近い位置にあります。数秒早くピットインしてきたOKINAWA SLSのチームが
作業を急ぎますが、後ろの初音ミクBMWの作業が気になって仕方なかったでしょう。
残り周回は同じですから給油量は大して変わらないはずですが、ピットから出て
くるときは 逆に数秒だけ初音ミクBMWが前に出た状態 になりました。
 
話はそれだけでは終わりません。ピットロードを出てみると、2位安泰だったはずの
MUGEN CR-Zが真後ろに いるではありませんか! 一瞬目を疑いましたが、間違いありません。
 
 【最終ピット前】 61 - 16 - 88 - 62 - 52 - 4
 【最終ピット後】 61 - 4 - 52 - 16 - 88 - 62
 
4号車がこれ以上ないくらい 会心の大逆転劇を演じたのです!

現地の私はグラスタでガッツポーズしながら観ていたのですが、前述のとおり
テレビには全く映っていなかったシーンらしく、2chやtwitterなどのネットで
正確な情報が得られなかったため、私も
 
 「え? これ2位だよね? 間違ってないよね??」
 
とドキドキしながらツイートしていました。
 

 
その後レースはもうひと波乱あります。ダントツのトップだった61号車
SUBARU BRZがディフューザの破損トラブルでタイヤを痛めて 緊急ピットイン
ピットアウトして出てきたところはなんと初音ミクBMWの真後ろということで
またまた大逆転で 一時トップに立つ というシーンまでありました。
しかし、ここはタイヤを取り替えたBRZが本来の圧倒的なスピードを取り戻し、
再び初音ミクBMWをパスしていく形となりました。
 
f
 
まるまる6時間にもおよぶ灼熱の大レース、初音ミクBMWは見事に
2位でチェッカーフラッグを受けました。
予選17番手からの大逆転劇に現地のファンの皆さまもテレビを見ている
ファンの皆さまも大興奮だったに違いありません。
 

 
初音ミクBMWの表彰台は今年第1戦岡山以来4戦ぶり。それもここ最近は
上位を走るのも難しいような状態が続いていましたので、この逆転劇は
チーム関係者の喜びもファンの喜びもひとしおだったでしょう。
 
作戦が見事にハマったのももちろんのことですが、それを遂行するためには
片岡さん、谷口さん、ミューラーさんのドライバーお三方が想像を上回る
プッシュを続けたこと、そしてピットワークが最高の仕事をし続けたこと、
そうした チームの総合力 が欠かせません。
表彰台は文字通り初音ミクBMW復活を予感させるグランドフィナーレになりました。
 
 
 
しかし、、、
 
それから1時間ちょっと経った後、ショッキングなニュースが駆け巡りました。
4号車 初音ミクBMW、レース後車検不合格による失格処分 です。
みんなで勝ち取った2位のリザルトは、取り消しとなってしまいました。
 
■本当にごめんなさい|GOODSMILERACING 広報ブログ
http://ameblo.jp/stgt/entry-11595486079.html

■応援ありがとう!|NOB BLOG
http://ameblo.jp/nob-taniguchi/entry-11595139287.html
 
Studie AGの鈴木さんやドライバーの谷口さんの説明がブログ記事に掲載
されましたが、原因は、エンジンストップ試験不合格 とのことです。
 
吸気口を塞いだときにエンジンが止まらないといけないというテストが
あるのですが、リストリクタという吸気口にはめるパーツの接着部分が
熱で剥がれかけていて、吸気口を塞いでもその塞いだときに押し付ける圧力で
わずかに隙間ができてしまい、エンジンへの空気の流れを完全に遮断できず
停止しなかったとのことでした。
 
この接着が剥がれかけていたことについて、レースに於いて有利になる部分はなく、
むしろ終盤で発生していたいエンジン不調の要因の1つにも挙げられていた
そうなのですが、不運にもルールで規定されていた動きから外れている状態に
なってしまっていた事実は動かすことができません。
本当に無念ですが、リザルトは受け入れるしかないでしょう・・・。
 
今回の鈴鹿 Pokka 1000km は、長距離レースということで ポイント割り増し
あるレースでした。2位18ポイントを積み増すはずだったものが0ポイントになり、
残り3戦を残して35ポイント差の8位。年間チャンピオンを狙うには絶望的とも
いえる差になってしまいました。
 
しかし、まだシーズンは終わったわけではありません。そして次回以降も、
今回のような素晴らしい走りができれば、またSUPER GTのレースを
初音ミクBMWが湧かすシーンを何度でも観ることができるでしょう。
 
リザルトは残りませんでしたが、灼熱の鈴鹿でわれわれが目の当たりにした
初音ミクBMWの大逆転劇は、この初音ミクGT参戦プロジェクトの中でも
指折り数える名レース としてファンの記憶に刻まれることと思います。
 
また次戦、顔を上げて頑張って応援していきましょう!
 
デジモノに埋もれる日々」と「コミックダッシュ!」は
GSR初音ミクBMWプロジェクトを応援しています!

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2013/08/19 18:40


« 初音ミクBMWは無念の17位Q1敗退・・・流れよ来い! 真夏の鈴鹿バトル

トップに戻る

6時間レースではスマホもバッテリ耐久! 初音ミクBMW SUPER GT第5戦鈴鹿フォトギャラリー(50枚) »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks