Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/07/14 14:27 - 2013/07/05

モノクロレーザーのある生活 - とりあえず印刷(だ)して持って行く習慣



 
はてなブックマークでちょっと話題になっていた、このはてな匿名ダイアリー
の記事と、そのぶくまを読んでいてちょっと思ったことをメモしておこうと
思いました。結論からいうと、用途にもよりますが、
 
 インクジェットを離れて、モノクロレーザーに移るという選択
 
のお話を以前から何度かしていたのですが、その焼き直しです。

 
■プリンタはいらない - はてな匿名ダイアリー
http://anond.hatelabo.jp/20130713125116
コンビ二の10円プリンタでいいんじゃね。
今のプリンタはガンガンインク消費して稼ぐスタイルみたいだし
家庭用スタイルとしてはもう不要なのではないだろうか。

■はてなブックマーク - プリンタはいらない
http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20130713125116
 
はてなブックマークのコメントでも、結構な数の方がモノクロレーザを
薦めていますね。私もウンウンと頷きながら読ませていただいていました。
 
元の記事を書かれた方は 「インク消費」 という書き方をされていましたので、
おそらくは 「プリンタ=インクジェット」 というイメージで書かれている
のだと思います。以前は個人で使うプリンタといえばインクジェット一択でしたが、
最近はプリンタ自体のお値段がどんどんお安くなってきていて、以前は 高嶺の花
だったレーザープリンタも、個人で普通に買えるお値段になってきています。
 
私も2004年6月から Brother のモノクロレーザー「HL-5070DN」を使い始めて、
今年でもう9年以上 になるのですが、
 
■2004/06/16 [HL-5070DNで、自宅で、レーザーで、無線で、ホクホクで、]
■2005/12/16 [ブラザーのHL-5070DN利用から1年半、そういえばトナー交換って・・・]
 
インクジェットプリンタからレーザープリンタに置き換えて、
長期間使用してみてからあらためて気づいたことがあります。
 
 
『 インクジェットで 目詰まり とかして テストパターン印刷 とか
 クリーニング とか繰り返していたのは何だったんだ!!! 』
 
 
心の叫びですのでこれは声を大にして言いたいところです。
モノクロレーザープリンタにしてから、メンテナンスらしいメンテナンスを
したことがありません。しかし、月に1度くらいしか印刷しなかたっとしても
目詰まりを起こして印刷できなくなったり、クリーニングとかテスト印刷とか
を強要されて無駄にトナーを浪費しつくされたりといった経験がありません。
 
たとえ2~3ヶ月使わずに放置していても、あるときふと思い出したように
印刷してみればいつもと同じクオリティーでちゃんと印刷されてきます。
 
インクジェットプリンタはこういう 「めったに使わない」 というシチュエーション
に対して何とも脆弱なところがあって、長期間放置しているといつのまにか、
 
 目詰まり してる ⇒ かすれ印刷 に ⇒ クリーニング してください
  ⇒ インク使ってクリーニングかよ ⇒ テスト印刷 を何枚か
   ⇒ テストしてたら インクが切れました (てへっ)
 
みたいなことが起こってしまいます。そしてそれが当たり前のような風潮さえ
あって「用が無いときも定期的に印刷するようにしましょう」みたいな
不思議なバッドノウハウができてしまうのもまた悩みの種でした。
 
モノクロレーザーではそういう理不尽さを感じたことは一度もありません。
必要なときに必要なだけ印刷すれば、いつでもちゃんと同じクオリティで
(インクジェットよりもはるかに高クオリティで)紙が出てくる、という
安心感があります。(もちろん機種によるとは思いますが、、、)
 
 
それはレーザーが高価な機器だからだよね? 普通な買えないよね?
というのが10年前くらいまでの常識だったワケですが、
前述のとおり、いまはぐっとお値段が下がってきています。
 
■HL-2270DW|レーザープリンター|ブラザー
http://www.brother.co.jp/product/printer/laserprinter/hl2270dw/index.htm

 
たとえばこんな感じで、両面印刷、ネットワーク付き のモノクロレーザー
のエントリモデル (ここでは Brother HL-2270DW) を取ってみても、

実売は1.5万円くらい で手に入る時代です。同梱されてくるトナーはお試しの
700枚用ですが、2,600枚印刷の追加トナーも5,500円くらい(1枚あたり2円ちょい)。
両方あわせて3,300枚ぶんくらいがで 2万円ちょっと なのですが、この枚数を
消費仕切るのは「一般人の一般的な使い方」では結構大変でしょう。
 
かくいう私は HL-5070DN を購入した直後は嬉しくて色々資料を印刷しまくって、
最初の3,300枚用トナーを2年くらいかけて使い切ったのですが、追加で買った
6,500枚用のトナーはもう 一生掛かっても使い切れない ような
レベルです。9年経った今も何事もなく印刷をし続けています。
 
 
さて、元の匿名ダイアリーの記事では コンビニ印刷 と比較がされています。
コンビニ印刷だとネット印刷なら 20円/枚、メモリ持込では 10円/枚 くらい
だということですので、たとえば 月に10枚 印刷する機会があるとしたら、
ネット印刷でも1ヶ月200円、1年で2,400円、5年で600枚=12,000円 です。
 
600枚なら前述のモノクロレーザーでも初期トナーだけで賄えてしまいますが、
比較としては本体1.5万円に加えて、紙代/電気代あわせて+2千円くらいは
するでしょうから、確かに コンビニ印刷のほうが安い ことになります。
コンビニ印刷を全てメモリ持込にすればその差はさらに開きます。
 
しかし、コンビニ印刷は、自宅のプリンタ印刷と比較するとどうしても
手軽さに欠けて しまいます。私がプリンタを一番よく使うシーンというのは、
初めて行く場所の地図とか店情報とかを、出掛けにパッと印刷して持っていく、
というシチュエーションなのですが、
 

 
だいたいこういうときは急いでいるときなのですよね。
 
「やばい!もう時間だ、出かけなきゃ!
 でも現地で迷いそうだから 最低限の情報だけ印刷(だ)しておこう
 
という感じでPCから印刷したものをすぐ拾って持って行きます。
 
 
ちょっと話がそれますが、そういうのは「印刷」する意味があるの?
スマホとかタブレットで 見ればいいんじゃ?と思うかもしれません。
が、それは時と場合による、としか言いようがありません。
 
「紙」の取り回しの良さ というのは本当に異常です。
カバンに突っ込んだ紙を取り出して目にするまでに必要な時間は
 
 わずか3秒たらずです。
 
ポケットにつっこんだスマホで地図を見るには ロック解除画面 を越えて
いかなければなりません。スマホは地図を出しっぱなしにするわけでは
ありませんから、地図ソフト を開いて目的の地図を出します。もうこの時点で
1分 は掛かるでしょう。あらかじめ メモソフト みたいなものに取っておいたとしても
最初に目的のものを目にするまで 15~30秒 は掛かるのではないかと思います。
 
クルマの信号待ち、電車のホーム待ち、あるいは場合によっては歩きながら、
そのほか色々なシチュエーションで、紙なら「サッ」と取り出して
「んっ!」と確認して「よしっ」としまって 行動できるシーンも、
スマホやタブレットでは1歩から2歩遅れてしまうがために間に合わずに
イライラすることがあります。
 
紙は軽いのも利点です。逆にスマホやタブレットは重いとか粗雑に扱えないとか
いう点も難点になります。雨の中、傘をさしながら でも、紙ならギリギリ
片手で取り出してパッと確認することだけはできます。タブレットだとカバンから
出すだけで一苦労です。サーキットとか遊園地とか、行楽地をぐんぐん
歩き回る ようなシチュエーションだとタブレットで立ち止まって優雅に確認、
なんていう時間のほうが少なかったりしますね。
 
もちろん、スマホやタブレットなら 現地で最新情報を検索しなおせる という
超強力なメリットがありますので、時間を取って確認できるシチュエーションなら
そのほうが良いことも多いです。ただ、時間がとれないシーンでもサッと確認
できるようにと、こうして 「とにかく印刷(だ)しておく」 という習慣を
つけておくと現地で結構な確率で役に立ってくれます。
 
 
ちょっと横道に逸れましたが、スマホやタブレットの時代でも、
「紙に印刷(だ)して持っていく」というのは何かと便利だというお話をしました。
 
話を戻して、モノクロレーザーのように「初期コストはちょっと掛かるけど、
1枚あたりのコストはあまり気にしない」ような機器が身近にあると、
そういうちょっとしたものを 印刷していくのがクセに なってきます。
 
同じようなことをコンビニ印刷ではちょっとできません。
わざわざ印刷したものをコンビニに立ち寄らないと手にできないなんて、
しかもこれを印刷すると○十円掛かるのか・・・みたいな心境になってしまうと
どうしても 「そこまですることはない」 というブレーキが掛かってしまいます。
 
まして、急いでいるときにパッと持っていくというのが趣旨の場合には、
コンビニに寄ること自体が本末転倒になったりします。クルマで移動する場合
などは特に、コンビニに寄ること自体が 「一大めんどくさいイベント」 です。
そこでさらに 「このフォーマットは印刷できません」 とか言われた日には・・・
とか考えしまうと、自宅で目の前ですぐに印刷(だ)せるというのは非常に大きな
メリットになります。
 
当然、あらゆる人にとって必ずモノクロレーザーが優位性があるか? というと
そんなことはないとは思いますが、いままで「インクジェットプリンタは
なんだかインク代ばかり掛かって勿体無い感が強い」と思っていた方は、
2万円前後で整う モノクロレーザープリンタの活用
ちょっと視野に入れてみてはいかがでしょうか。
 
 
ちなみに、ここまでずっと 「カラーレーザー」 についてわざと言及を避けてきました。
実はカラーレーザープリンタも、最近はモノクロ用 +1万円程度 のお値段で
個人でも簡単に買えるようになってきています。ただ、モノクロ印刷が
2~3円/枚くらいという超お手軽コストで印刷できるのとは違い、
カラーモードで印刷する場合には 15~20円/枚 くらいになりますので
そんなにポンポン印刷できるものではなくなります。

もちろん、カラーレーザーの本体でもモノクロだけ印刷しているぶんには安いのですが、
カラー印刷をし始めると、今度は トナーも黒+カラー3種 で4本とかを
交換しなくてはいけなくなったりして、メンテコストのお手軽感はちょっと
なくなってきます。
 
また、トナー本数のぶんだけ 筐体もちょっと大きめ になりますので、
モノクロレーザーでできる部分だけ便利にするんだ!と割り切ったほうが
シンプルで気分も楽になるかもしれません。それこそ、どうしてもカラーが欲しい
ときだけはコンビニ印刷を使うという手もありそうですね(1枚50~60円しますが)
 
そうそう、年賀状 を印刷しなければならない方。諦めてください・・・。
インクジェットでも、レーザーでも、カラー機を頑張って使いこなしましょう。
私は私の人生の中から 「年賀状という存在」をデリート しました(; ̄ー ̄)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | コラム | | 2013/07/14 14:27


« あまとも通信 - DENON「ASD-3WW」が値下がり・・・って2007年製?

トップに戻る

目覚まし時計を買い替え - 今度は長生き(?)できますように・・・ »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.34042   投稿者 : きゃりーパフパフ   2013年7月14日 23:49

レーザープリンタは消費電力が高い印象があるなぁ。


No.34043   投稿者 : 優駿   2013年7月15日 00:08

10年前のモノクロレーザなら、okidataのMicroline4w使ってたから
自分としちゃそんなに高嶺の花ってほどでも無いと思ってた。

発売が1996/11で、定価44800円で39800円位で買えたはず。

まあ、ドライバがVista以降未対応なのでうちでは引退して、
その後プリンタはうちには無いのですが。今は出すときには7-11のプリンタ。


No.46576   投稿者 : 匿名   2014年1月 9日 00:16

似たような用途なので参考になりました。レーザー買おうかな…。
年賀状はモノクロでも良いと思うよ!水墨画とか。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks