Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/08/04 19:19 - 2013/07/21

WiDiアダプタでノートPC画面をワイヤレスでテレビに出力 - I-O DATA「WDA-X1」を試す

カテゴリ : デジモノ タグ :


 
先日近所のPC-DEPOTに立ち寄ってウロウロしていたところ、
ふと目に留まったのがこちら 「I-O DATA インテル・ワイヤレス
ディスプレイ用テレビアダプター」 です。型番は「WDA-X1」で、
価格は11,800円でした。ネットで買えばもっとお安いと思います。

 
以前からPCの画面をテレビに映し出す効用には着目していたのですが、
実際のところケーブルを繋げるのがなかなか億劫で、あまり頻繁に
つなげたり外したりはしていませんでした。
 
f
 
しかし、よくよく考えてみると Intel WiDi に対応したノートPCから
であれば簡単にワイヤレスディスプレイ化ができるらしいという
ことですので、さっそく試してみることにしました。
 
付属品は、本体のほか、ACアダプタ、スタンド、HDMIケーブルのみです。
 
ちなみに WiDi は 「ワイダイ」 と読みます。ちょっと卑猥な響きです(おい)。
WiFi(ワイファイ)のディスプレイ版ということですね。
 

 
端子類は背面に集中しており、電源のほかはHDMI出力、コンポジット出力と
光音声出力が備わっています。普通に繋ぐぶんにはHDMIケーブル1本でOKです。
 

 
電源を入れるとこのように待ち受け状態の画面が表示されます。
 
私も最初はよくわかっていなかったのですが、WiDi自体は宅内の
WiFiアクセスポイントを必要としません。WiFi Direct
という規格を使って機器同士が直接繋がる構造になっています。
 
スマホ等の画面をワイヤレスでテレビに映すMiracast等では、
WiFiを映像伝送用に使うために逆にWiFi通信ができなくなったりしますが、
WiDiでは複数のWiFi接続を使い分けるような構造になっているようで、
映像出力としてのWiDiと ネット接続 としてのWiFiは同時に使うことができます。
 

 
Intel のCore-i3/5/7あたりのCPUとHD2000/3000/4000あたりのグラフィック
を備えている最近のノートPCであればWiDiに対応しています。対応PCでは
大抵、「Intel WiDi」という プログラムがインストール されていて、
それを起動すると近くにあるWiDiアダプタを自動検出します。
 
ちなみに私の手持ちのノートPCでは、Let's note SX1Lavie ZVaio Pro 11
の3台はいずれも対応していました。ちょっと初期スキャンで見つからなかったり
することもあったのですが、WDA-X1のファームウェア更新を何度か促されて
実行してみたところ、無事どのノートPCからでも検出できるようになりました。
 

 
PC側からアダプタを選択して接続ボタンを押すと、モニタのほうにランダムの
セキュリティ・コード が表示されますので、それを120秒以内にPC側で入力します。
このセキュリティ・コードを介するのは、間違って 変な場所のモニタ にいつのまにか
自分のPCの映像が繋がってしまったりしないような防止策になっています。
 

 
ということで、無事にノートPCで作業をしている画面が、大画面のテレビモニタに
表示されるようになりました! これは何とも快適です。映像自体はワイヤレスで
飛ばしていますので、若干追随が遅い印象 もありますが、ゲームのような超反応が
必要な分野でなければ大きな問題とはならないでしょう。
 

 
以前もちょっと触れたことがありますが、数人で話をしているとき、
PCで得られた情報を共有するデバイスとしてテレビモニタというのは
非常に優秀です。いまどきはちょっと分からないことがあるととりあえず
PCで調べるのが何よりも早くて詳しい ですので、それを
みんなで見ながら話ができるというのは本当に大きな利点になります。
 
このように、旅程を GoogleMaps を見ながら話したり、宿の情報を見せながら
あれこれダメ出ししたり、といったシーンを想像すると良いでしょう。
 

 
テレビモニタによっては、デフォルト設定では画面の端までちゃんと使えない
ことがありますが、そのあたりの調整もWiDiのソフトの設定で行えます。
 

 
ビデオ再生も、ちょっとラグはあるものの一応再生が可能です。
ただしちょっとビットレートが高いようなものだと、無線の速度が
追いつかないのかカクカクになることがありました。
 
このあたりがちょっと面白いところで、元の映像のビットレートではなく、
実際に表示に使うデータのレートが問題になるようで、カクカクだったものも、
表示上で50%とか 小さくしてやるとスムースに再生されたりします。
 
なお、著作権関連の問題があって、市販のDVDなどの映像は流せないことも
ありますのでその点はご注意ください。WiDi 2.1になって対応したという
話もあるようですが、ちゃんと再生できるかどうかは機器に拠るようです。
 
いずれにせよ、ホームビデオ とか、アルバムのスライドショーとかを、
みんなで集まったときに「さっ」とテレビに映して鑑賞できるだけでも
「おおっ」という驚き があることと思います。
個人的にはこのWiDiアダプタというデバイスがとても気に入りましたので、
もう1つくらい買ってみようと思ったりしています。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2013/08/04 19:19


« SH-06Eのソフトウェア更新(3度目) 画面ON直後のタップの不具合修正など

トップに戻る

WiDiを色々試したくなったのでもう1つ注文、今度は NETGEAR Push2TV PTV3000-100JPS »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks