Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/06/06 12:28 - 2013/05/29

東芝レグザサーバ新型「DBR-M490」登場! フナイシステムに「フォルダ機能」が?!

カテゴリ : レコーダ タグ :


 
東芝のレグザサーバの新型 「DBR-M490」 が発表になりました。
お待たせしました!という感じです。ずっと「来るぞ」「来るぞ」と
言われつつ、前機種「DBR-M190」から 1年半 も経っての新型登場です。

 
■東芝、BS/CS録画対応で最大8ch全録「新レグザサーバー」 -AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130605_602104.html
 
発売予定日は6/20、店頭予想価格は 17万円前後 となっています。
ちょっとお高いのですが、あくまで小売希望価格みたいなもので、
ここからどう価格が動くのかが見ものという感じもします。
 
ちなみに前作の DBR-M190 も店頭予想価格 20万円 ということで変な意味で
話題になりましたが、実際に発売された2011年12月にはすでに予約価格が
15万円台 になっていたり、それから3ヶ月でさらに 12万円台 まで下がったり
していました。
 
 
さて、中身のほうですが、先日発売されたライバル?Panasonicの
「DMR-BXT3000」 と比べるとしっかりと上回ったスペックになっていて、
さすがマニアックなレコーダの王様?ともいえる東芝の面目躍如な
製品になっています。
 
■2013/01/27 [全録レコーダがPanasonicからも登場! 「DMR-BXT3000」はジャンル活性化に繋がるか?]
 
DBR-M190 では対応していなかった BS/CS のタイムシフトにも DBR-M190
ではしっかり対応し、DMR-BXT3000と同じく3chをBS/CSに割り当てられる
ようになりました。タイムシフト用ch数は、基本部分だけを使えば同じ6ch
ですが、今回のM490では「通常録画用」のシステムを3チューナーに増やし、
そのうち2chをタイムシフト化して使えるという荒業で、なんと 合計8ch
タイムシフト録画用に使うこともできます。
 
ただし、その残りの2chというのはタイムシフト用チューナとは微妙に
扱いが異なりますので注意は必要です。M490はM190と同じく、
4TB (タイムシフト用)+ 1TB (通常録画用)というHDD構成を取っているのですが、
通常録画チューナをタイムシフトに回す場合には、この1TBの領域の中に
750GB のタイムシフト領域を作ってその中に保存されていきます。
 
また、通常録画用チューナのほうでタイムシフトをする場合には、
AVC/H.264のトランスコードを使うことができず、DRのみの録画 になります。
そのため、録画日数としては非常につらいことになるでしょう。
まぁ、そうはいっても選択肢が増えるのは喜ばしいですね。
 
なお、BS/CSの3chというのはタイムシフトチューナ側の都合であり、
通常録画側をタイムシフト化すると、さらに加えてBS/CSを追加できますので、
合計5chのBS/CSをタイムシフトすることも可能です。ただし、1枚のB-CASカードでは
3chのBS/CSしか許されていないため、B-CASを1枚追加 する必要があります。
 
 
さて、M490のタイムシフトマシンとしての性能もさておき、私が一番
目を惹かれたのはこの部分です。「通常録画用」の部分は東芝の公式発表
では「DBR-T360相当がそのまま載ったイメージ」ということになるのですが、
 
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130605_602104.html

 
 
なんと、フォルダ機能が追加されています!
 
 
ご存じのとおり、旧来の東芝レコーダ、いわゆる 「RDシステム」 では
フォルダ管理がしっかりできるのが大きなウリだったのですが、DBR-T360
の世代になって 「フナイシステム」 (?)に変更になったことによって
フォルダ機能は無くなってしまっていました。
これが非常に不便だったため、フォルダ機能の復活が待望 されていたのです。
 
このレグザサーバM490でフォルダ機能が復活して、それが DBR-T360 の
フナイシステムの進化系ということになるのだとすると、今後の東芝
レコーダの 後継機種 にもフォルダ機能は追加されてくるのは間違いないでしょう。
 
となると、大量録画時にデータ整理の面で DBR-T360 はちょっと厳しいと
思っていた私のようなユーザでも、次機種は期待しても良いのかもしれません。
 
そして、RDシステムがもう復活しないのであれば、フナイシステムに対して、
フォルダ機能だけではなく、できれば旧RDシステムの良いところを 余すところなく
吸収して いってほしいですね。そんなワケで、レグザサーバのニュースを聞いて
むしろ DBR-T360 の後継機種の登場ほうが気になってしまったのでした。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | レコーダ | | 2013/06/06 12:28


« SH-06E に早くもソフトウェア更新が登場! 「戻る」キーの効きが改善

トップに戻る

あまとも通信 - ONKYOの高解像度Androidタブレット「TA09C-B41R3」が値下がり »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.33795   投稿者 : ys   2013年6月 6日 13:37

私がT360を見送った理由は、番組説明が記録されないからでした。新機種ではその点も改善されると良いな。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks