Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2013/01/15 12:14 - 2013/01/13

Xacti後継の新機種「HX-WA30」がCESに登場 - Wi-Fiにも対応

カテゴリ : デジカメ タグ :


 
CESの話題の中では1つ見逃していたのですが、Panasonicのブースに
 
 「HX-WA30」 すなわち 「Xactiの後継機種」
 
ちゃんとお目見えしていました。impressのブースレポートでは触れられて
いなかったので気づかなかったのですが、Phile-webによるブースレポート
にはさらっと登場していました。

 
■【CES】パナソニックブースレポート - 56型4K有機ELテレビや13年モデル一挙展示 - Phile-web
http://www.phileweb.com/news/d-av/201301/09/32263.html
 
それでも「さらっ」となのがちょっと寂しいところなのですが・・。
ただ、少なくとも ガングリップ型 ビデオカメラの新機種が
登場したことには間違いありません。
 
■2012/12/19 [三洋DIソリューションズはPanasonic傘下外へ。「Xacti」はどこに行くのか?]
 
既報の通り三洋DIが3月末を以ってPanasonic傘下から外れるというお話が
ありましたので、Xactiシリーズはどうなってしまうのだろうという不安は
尽きないのですが、ひとまずCESで「HX-WA30」「HX-WA03」「HX-DC3」という
3機種が確認できましたので、現時点で即時に ラインナップを縮小 している
というわけではなさそうです(もちろん今後はどうなるか分かりませんが)。
 
■HX-WA30 | Active Style Camcorder | Panasonic Global
http://panasonic.net/avc/camcorder/active/product/hxwa30/

 
さて、その注目度の薄い HX-WA30 ですが・・、それもそのはず、基本的な
スペックを見ると前機種の HX-WA20 と ほとんど変わっていない ようです。
 
光学ズームは5倍 で据え置き。有効画素と超解像を利用した
iAズームは 15倍→18倍 になりました。
 
素子の画素数や、暗所性能などもHX-WA20と全く同じです。
1080/60pに対応したというような進化もなければ、サイズが小さく
なったというような利点もありません(むしろ若干大きくなっています)。
基本的なムービーデジカメとしての性能は、本当にHX-WA20と大差ない
といっても良いでしょう。
 
では何か進化した点は無いのか? というと、大きなところでは
2つほどあります。
 

 
1つは、耐水性、耐衝撃性 の強化。HX-WA20と比べると、
潜水可能深度が 3m→10m に向上し、さらに1.5mからの落下への耐性や、
-10度 までの氷点下への耐性が加わっています。
 
そして、もう1つ大きな変化がありました。
 
 それが「Wi-Fi対応」です。
 
今回のCESで発表されたPanasonicのビデオカメラは、ほとんどの機種でWi-Fiを
搭載してきました。ガングリップタイプの機種としては「HX-WA03」「HX-DC3」の
2つにはWi-Fiは載りませんでしたが、「HX-WA30」にはちゃんと搭載されています。
 

 
Wi-Fiの搭載は、スマートフォンとの連携によって真価が発揮されます。
無料の専用アプリ「Panasonic Image App」を介してfacebookやtwitter
などの SNSに投稿 できるほか、スマホをリモコン変わりにして、
撮影中の映像をライブプレビューしながら 録画開始/停止の指示や
ズーム操作を
行うことが可能です。
 
手に持ってこそのガングリップということもありますので、こうした
リモートコントロールが役に立つ場面は多くはないかもしれませんが、
三脚で固定した撮影を行う場合には、離れた場所で操作できるのは
便利かもしれません。
 
他にもWi-Fiの使い道として、テレビなどのDLNAのレンダラー(表示)機器に
対してカメラから直接表示を行うことも可能です。(ただし間に無線LAN
アクセスポイントは必要)
 
なお、今回Panasonicから発表された多くのムービーカメラには
Ustreamへの直接配信機能 が搭載されていたのですが、HX-WA30には
残念ながらこの機能は搭載 されませんでした。このあたりは次期モデルに
期待といったところでしょうか。
 
今回はCESへの出展があったというだけで、発売時期などのリリース計画が発表に
なったわけではありませんが、北米では 3~4月頃 には発売されるとのことで、
国内でも同じような時期に発売が予定されているとのことですので、
正式な発表を期待して待ちたいところです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2013/01/15 12:14


« Gigastone の 128GB SDXCカード「11B1800」を試す。性能も相性も問題なし!

トップに戻る

GIGABYTEの120×120mm 小型ベアボーンPCがCESで展示 - 発売は4月 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.33154   投稿者 : kaito   2013年1月26日 10:08

WA20のときに散々言われた手振れ補正が進化しているか気になるところです。
海外の公式サイトにはActive Image Stabilizerとしかかれていないし、さらっとしか書かれていないようなので変わらんということでしょうかね…。
WA20からの買い替えとしては、うーんあまり魅力を感じないかも。
もしかしてコレが最後の商品とかにならないことを祈ります…。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks