Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/09/21 13:21 - 2012/09/15

デジ一眼の「ブラック」ボディに、間違えて「シルバー」レンズを買ってしまったお話

カテゴリ : デジカメ タグ :

■2012/09/14 [お買い物で久しぶりに"衝撃"走る・・・!]
 
まぁ、今となっては 夢まぼろし だったんじゃないかなーって、
わたし、そう思うんですよ。
 

 
 
 
 
・・・いえ、そんなハズないのですけどね orz
 

 
Olympus PEN E-PL2 用の望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7」
をAmazonで注文し、翌日には届いたのですが、所持しているボディは
ブラック なのに、届いたレンズは シルバー でした・・・。
 

 
注文履歴を見ると、確かに商品名末尾に 「SLV」 と書いてあります。
確かブラックを見ていて注文したと思ったハズだったのですが・・・。
 

 
Amazonの商品ページは結構前から、カラーバリエーションごとに
商品ページがバラバラになってしまって使いにくいという問題を
解決するために、このように同じ商品ページから 別のカラバリの情報
見たり、そのままそのカラーで注文できたりする仕組みがあります。
これが今回はアダになってしまったのかもしれません。
(とはいっても自分の確認ミスであるとしか言いようが無いのですが・・・)
 
ちなみに余談ですが、このカラバリ商品間を行き来する仕組み、
商品ID(ASIN)が統合 されているワケではなくて、シルバーならシルバー、
ブラックならブラックでちゃんとカラーごとに異なるASINを持っています。
ただ、お互いの商品ページが同一商品のカラバリの情報を芋づるで引っ張って
それぞれのページで全色を扱えるようにしてある、というだけの仕組みです。
(ですので、アフィリエイト等の場合はちゃんと指定カラーの商品画像が貼れます)
 
 
・・・そんなAmazon豆ちしきーはどうでも良いのです。
 
 
とにかくいま目の前にあるのはブラックのボディに似合わないシルバーの
レンズです。しかもお値段がちょっと普通じゃない。
 
 1本で 6.9万円 のシロモノです。
 
これが5千円くらいだったらまだしも、さすがにこのお値段だと
(ノ∀`)アチャー で済ませてしまえるほど私も冷静ではいられません。
 
コメント欄でもご指摘を頂きましたが、私もすぐに 「返品」の2文字
頭をよぎり、Amazonのサポートページを血眼になって探しました。
ジャンルごとに返品のルールは多少違うのですが、
 
■Amazon.co.jp ヘルプ: 家電&カメラの返品
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=3494131
未使用かつ未開封 の商品の返品期間内の返品に限り、原則として商品代金と消費税を 全額返金 いたします(配送料および代引手数料は返金しておりませんので、あらかじめご了承ください)。また、一部受注生産のカメラについてはお客様都合での返品は承っておりませんのでご注意ください。
使用済みまたは開封済み の商品を返品期間内に返品された場合、原則としてお客様へは商品代金(税込み)の 50%を返金 します。メーカー既成の梱包を 開封した場合、未使用であっても開封済み扱いとなりますので、ご注意ください。

このように記されていました。お客様都合の返品でも開封を一切していなければ
全額返金できるんだー、へぇー、とむしろちょっと感心したりしてしまったのですが、
しかし、メーカーの箱を ちょっとだけも開けたらアウト! ということのようです。
その場合、返品はできるとはいえ返金されるのは わずか50%。要するにこの段階では
返品というよりはもう中古買取扱いになってしまう、と考えればよいでしょう。
 
私もダメ元でAmazonのサポートにメールで問い合わせをさせて頂き、
 
「箱を開けてからカラーを見て間違いに気づきました。
 箱自体は開けてしまいましたが、製品を包むビニールすら
 一切開けていない状態です。これもやはり返金は50%でしょうか。」
 
というような趣旨を伝えましたが、結果は やはりダメ でした。
販売した側としても、箱を開けたという事実を聞いてしまったからには、
そこに目を瞑って返品を受け取ることはできないのでしょう。それで後々
次の購入者とトラブルになったりしたらそれこそお店の評判に関わってしまいます。
 
ということで、返品はできないということになりました。こればかりは
先方の事情も分かりますので、仕方が無いとしか言いようがありません。
 
 
これも余談ですが、じゃあ箱を 開ける前に気づく ことができたか?というと
これが非常に難しい。なぜなら、最近のこの手の家電製品のパッケージは
カラーバリエーションごとに異なる箱を使っていないからです。
 

 
おそらくコストダウンの結果でこうなっているのだと思いますが、
パッケージ写真は代表的なカラーのブラック が載っていて、
実際の中身がシルバーであることはこのラベル部分に「SLV」と書いて
あることでしか判別ができません。
 
こんなの分かるかー!!と、箱を見るだけだと考えてしまうのですが、実際には
スーパーで自分でレジに持っていって「ピッ」とバーコード通しておしまい!
という買い方をすることはありえなくて、オンラインショップなら注文時に
必ず商品名にカラーが書いてあるはずですし、家電量販店の場合は店員が必ず、
 
 『 カラーはこちら「SLV」シルバーでよろしいですね? 』
 
と確認をする決まりになっています。実際、私もあとでヨドバシでブラックを
買いなおすことになるのですが、そのときは念入りにこのラベル部分を見せて
確認をされました。従って、これでもそれほど問題にはならないハズです。
 
ただ、返品をできるかどうかの瀬戸際が 「箱を開ける前にカラーを確認する」
というタイミングにあるとすると、その時だけは異常に難易度が高いという
ことになります。盲点といっても良いかもしれません。
というかその前に注文間違えるなよ、というのはごもっともでございますが・・・ orz
 
 
さてさて、
 
こと、ここに至っては、3つの選択肢があります。
 
1. 中古買取ショップ に持っていって買い取ってもらう。
 ⇒ 相場は上限価格 4.4万円。いきなり2.5万円の赤字。しかし一番楽。
 
2. ヤフオクなどの オークション で自分で売る。
 ⇒ 相場は 6万円中盤 でほぼ取り返せる可能性あり。しかし一番面倒。
 
3. もう開き直って 白黒パンダ状態 で使い続ける。
 
 
あまりにも高額商品だったため、最初は2.オークションに初めて手を出して
みるか!という気持ちもあったのですが、いろいろ調べてみた結果、
最終的には 1.中古買取 をしてもらうことにしました。
 
ヤフオクで売ることも考えて情報を調べまわっていたのですが、
私はこの手のオークションのことについて事情をほとんど知らなくて、
「ほとんど新品同様です」というのは「意外と新品とは違います」という
ことになることもあまり分かっていませんでした。
 
メーカ保証書 をそのままつけても、基本的にはセカンドハンド扱いになる
オークション購入者には(厳密には)その保証を受ける権利がなく、万が一、
先方の手に渡ったときに動作しなくなっていた等でクレームが付いても、
「そのときはメーカーに持っていってください」だけで済ませられるとは
限らないようです。そう考えると万が一何かあったときに、言い争いにでも
なったらその苦労だけでも赤字でお釣りが出てしまいます・・。
 
それに比べると買取ショップで買い取ってもらうのは 本当にノーリスク
であるという点が嬉しいところです。ということで、
 

 
4.4万円で買い取りをしてもらいました。6.9万円の新品を買ってから
わずか2日で2.5万円の赤字 ですが、仕方がありません(;´Д`)
(Amazonで半額で返品するよりはずっと良いですし)
 
そして、、
 

 
私の手元にはその帰りがけに ヨドバシ で買った同レンズの「ブラック」が
あります。82,600円の-10%ポイント、実質 74,340円でした。これでも
Amazonとほぼ同等のお値段なのですが、そもそも、
 
 シルバーよりブラックのほうが、相場が3~4千円高い のですね!!!
 
いや、元々ブラックを買おうと思っていたワケですから、ここでは損をした
ワケでも何でもないのですが、さっき思わぬ出費を強いられていたところ
ですので、なんだかダブルパンチを喰らった気分であります・・・。
 
何はなくとも気持ちを切り替えて、新しいレンズを堪能していきたいところです。
皆さまも商品購入時には カラーには十分ご注意 ください(切り替えられてない)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2012/09/21 13:21


« お買い物で久しぶりに"衝撃"走る・・・!

トップに戻る

望遠側の手ぶれ対策は慎重に - PEN E-PL2用に望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm」 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.32459   投稿者 : とおりすがり   2012年9月21日 18:12

メーカーに問い合わせて見ても温情は受けられない物なんでしょうか?


No.32463   投稿者 : ↑の人へ   2012年9月22日 22:26

メーカー関係ないでしょ。
不具合でも何でも無いのに販売店スルーしてどうんすんのさ。
メーカーの問い合わせ窓口で一蹴されて終わりだよ。

注文後確認メールもよく見てなかったお金持ち管理人が100%原因なんだよ。


No.32480   投稿者 : 匿名   2012年9月30日 12:46

まあ、私ならそのまま使いますね。
実際、手持ちのカメラ(銀塩中心ですが)にもそんなパンダカラー(あるいは逆パンダカラー)になっている組み合わせは何台もあります。
黒が無ければシルバーでもいいやって妥協しちゃうほうなので・・・・・


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks