Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/10/02 12:20 - 2012/09/26

iVDRアダプタに付いてくるカートリッジに注意。「iVDR」と「iVDR-S」と「REC-iN」

カテゴリ : レコーダ タグ :

■2012/09/23 [nasneのデータを引っ張りだせ! ムーブインできる「iVDR-S」を使ってみた]
 
nasneのデータをiVDR-Sで吸い上げて 別のDTCP-IP move対応
レコーダにムーブするというお話をしたのですが、その時に購入した
セットはIO-DATAの 「RHDM-US/EX」 と日立の 「iS500」 でした。
 
これ、実はしっかりと下調べをせずに、ヨドバシの店頭で、
 
 「iVDR-S・・」「iVDR-S・・」とうわごとを言いながら
 
見つけてきたものなのですが、そのときに隣に置いてあったのが
「RHDM-U500B」 という商品です。
 
■RHDMシリーズ | ポータブルハードディスク | IODATA アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/product/hdd/portable/rhdm/

 
これ、一見同じiVDR-Sアダプタに見えますし、500GBのHDDカセットが
セットになっています。お値段もセットなりに安くなっているように
見えましたので、「ああ、こっちを買えばいいのかな」と思ってしまいがちです。
 
しかし、よくよく見てみると、東芝REGZAで使える、ということだけが
強調してあって、iVDR-Sといえば本家本元?の日立Woooで使えるという
記載がありません。ブランド名称も 「REC-iN」 となっていて、
目を凝らしても「iVDR-S」の文字は 見当たりません
 
店頭でウンウン唸って悩んだ結果、結局わたしはアダプタのみの
「RHDM-US/EX」と、iVDR-Sカセットとしての「iS500」の2つの箱を取り、
レジに持って行ったのでした。
 
結論からいうとこれは正しかったようで、
 
 「RHDM-U500B」は「REC-iN」ではあるが「iVDR-S」ではない
 
ということのようです。いや、もう少し整理していうと「REC-iN」は
「iVDR」ではあるが「iVDR-S」とは限らない、といったほうが良いでしょうか。
 
「iVDR」は形状としてのリムーバブルHDDの規格であり、それに SAFIA という
著作権保護規格を追加したメディアを「iVDR-S(iVDR-Secure)」と呼びます。
著作権保護されたデータをムーブするにはメディアがこの「iVDR-S」対応で
なければなりません。
 
一方、東芝REGZAに直つなぎして録画保存するだけを考えたとき、
一般のUSB-HDDを挿しても使えることからわかるとおり、メディア自体に
著作権保護規格は必要ありません。著作権保護のための暗号化は
REGZA本体側で行い、HDDはただのデータ記録媒体として扱われます。
 
「iVDR」というリムーバブルHDDカセットを使って東芝REGZA用の
「入れ替え可能な録画HDD」 を提供するのがこの「REC-iN」という
商品のコンセプトということになります。が、それはつまり「iVDR-S」として
他からムーブすることは全くできなくて当たり前ということでもあります。
 
「iVDR-S」を探している側から見ると、「REC-iN」は思わぬ罠!みたいに
みえてしまいますが、どちらかというと「REC-iN」は「iVDR」の規格に
忠実な純粋なリムーバブルHDDカートリッジだというだけの話であり、
「iVDR-S」のほうが特殊用途だという見方もできると思います。
 
とはいいつつ、実際にはiVDRの生きる道はテレビ番組録画メディア
としての性質が強かったこともあり、「iVDR-S」に対する需要は
「-S」なしよりも断然高まっているということもあり、IO-DATAの
ラインナップもその後に変遷していっています。
 
 2010/03 RHDM-U500B iVDR-S非対応メディア付属
 2011/10 RHDM-U500HVB iVDR-S対応メディア付属
 2012/03 RHDM-U500HR iVDR-S対応メディア付属
 
iVDR-S自体はメディア(カートリッジ側)が対応しているかどうかですので、
アダプタ自体はどれでもiVDR-Sで使えるのですが、セット品として
付いてくる500GBのカートリッジは、2011/10発売のRHDM-U500HVBから
そもそもiVDR-S対応のものに置き換わっています。
 
RHDM-U500HVB と RHDM-U500HR は何が違うのか? といいますと、
付属の500GBカートリッジが「IVS-500」から「RMS-500」に変わっています。
前者は白い筐体で「iVDR-S」マークしかついていないのですが、
後者は黒い筐体で「iVDR-S」「REC-iN」 両方のマーク がついています。
 
推測ですが、筐体サイズとしてREC-iNとも互換を取って、REC-iNとしても
使えないこともないカートリッジになった、ということになるのでしょうか。
ただ、REC-iNとしてREGZAに直挿しした場合はiVDR-Sとしてではなく
単なるiVDR(リムーバブルHDD)として扱われるはずです。
 
いずれにせよ、本来の目的である nasne との連携を考えるなら、
アダプタはPCに挿して、iVDR-Sカートリッジを使わなければなりません。
したがって「RHDM-U500B」はダメですが、「RHDM-U500HVB」「RHDM-U500HR」
なら良い、ということになります。
 
■RMSシリーズ | ポータブルハードディスク | IODATA アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/product/hdd/portable/rms/
 
ちなみにその両マークがついているカートリッジ「RMSシリーズ」には、
500GBの「RMS-500」と、1TBの「RMS-1.0」があります。ほかにも500GBが2個と
さらにアダプタもついてくる 「RMS-500X2.A」 というパックもあります。
 
いろいろこんがらがってしまうのですが、このあたりの規格をしっかりと
見定めて「iVDR-S」対応のカートリッジを間違えずに入手したいところです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | レコーダ | | 2012/10/02 12:20


« 「幸せのピノ」「願いのピノ」 26個入りパックに含まれる確率は?!

トップに戻る

あまとも通信 - PQIのClass10 32GB SDHCカードが値下がり »


▼ 関連記事 ▼


▼ このブログの新着記事 ▼



▼ コメント ▼

No.32495   投稿者 : とおりすがり   2012年10月 2日 14:46

iVDR-sにREGZAで録画した物をPCで再生できるって訳じゃないんですね?


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks