Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/09/03 12:10 - 2012/08/29

LaVie Z のバッテリ持続時間ベンチマーク - Let's note SX1の軽量バッテリと同程度?

カテゴリ : デジモノ タグ :

■2012/08/19 [届いたゾ! 875gの超軽量ノート「LaVie Z」 - まずは「トランプタワー」から?!]
■2012/08/20 [LaVie Z でタイピングしてみた(映像付き) 875g超軽量ノートPCファーストインプレッション]
■2012/08/24 [LaVie Z にアンチグレア(低反射)シート - グレアよりは落ち着いて作業できそう?]
 

 
超軽量875gのUltrabook 「LaVie Z」 のレビュー、「キータッチのテスト」
「アンチグレアシート貼付」ときて、最後にどうしてもここは外せない!
というポイントは、
 
 バッテリ持続時間の問題です。

 
ノートPCに於いて、軽量化に於いて最もネックとなるのはバッテリです。
したがって軽量化のために思い切ってバッテリ容量にもメスを入れる必要が
あったはずですが、それでモバイル時の実用性を欠いてしまっては本末転倒です。
 
公称値は 「8.1時間」 となっていますが、実際どのくらい使えるのでしょうか。
 

 
LaVie Z にはデフォルトで2種類のカスタム電源プランが登録されています。
「LaVie」 はパフォーマンス重視のプラン、「ECO」 はバッテリ持続時間重視
のプランです。それぞれに対してベンチマークを実施してみましょう。
 

 
ベンチマークに用いたのは BBench 1.01 です。
バッテリ残量が1%変化するごとにログ(秒)を残してくれて、
キーストローク、Web巡回アクセスをシミュレートしてくれるモードがある
というのがメリットで、最近はあちこちでデファクトになりつつあります。
 
■BBench(バッテリーベンチマーク)の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se211432.html
 
この BBench、私は今回初めて使わせて頂いたのですが、設定には注意が必要です。
 
まずWeb巡回をシミュレートするには、PCの環境に合わせて iexplorer.exe
位置を正しく設定する必要があります。今回LaVie Z + Win7Pro で実施したところ、
初期状態ではIEがちゃんと立ち上がってくれませんでした。IEが立ち上がっていないと
Web巡回をシミュレートしていることにはなりません。
 

 
さらに気を付けたいのがこちらです。IEの設定で
 
インターネットオプション > タブ > 他のプログラムからのリンクを開く方法
 
の欄を 「現在のタブまたはウィンドウ」 にする必要があります。
この欄がデフォルトでは「現在のウィンドウの新しいタブ」になっていますが、
これだとWebページを開くたびにタブが増えてしまいます。
 
60秒に1回アクセスの設定でも3時間実行すればタブは180個にもなる計算で、
それぞれに広告表示のFLASHなどが含まれていたらそれだけで正確なバッテリ
消費量の計算を阻害することになってしまいますのでお気を付けください。
 
なんでこんなお話をしているのかというと、わたし自身が実際にこれらの
設定をちゃんとしていないまま計測を実施して、かなりの無駄骨を 折った
からなのですね・・・ orz
 
 
さて、気持ちを切り替えて、BBenchの結果を見てみましょう。
 
実施条件ですが、キーストロークが10秒ごと、Web巡回が60秒ごとで、
当然Wi-FiはON、という条件で実施しました。
 
ただし、実験時間を短縮するために、若干横着をしています。
本当に満充電からゼロまで計測をしたワケではなく、95%以上充電された
状態から55%程度まで減るところまで実施し、ログから 「90%→60%」
掛かった秒数を記録。そこから、
 
(90%→60%の秒数)÷30(%)×95(%) = 逆算された想定持続時間
 
という計算で逆算した数値となっていますので、その旨ご容赦ください。
(100%→0% をやると、その後の充電時間も含めて凄い時間がかかるのです・・)
 
これで本当に正確な数値といえるのか?! と疑問に思う方もいらっしゃると
思いますが、事前に何回かフル充電からバッテリ切れまで計測したときには、
バッテリ容量は 確実にリニアに減少 を続けていくことが確認できましたので、
この計算はほぼ正確だと思われます。
 
あと、95%を掛けている(100%ではない)のは、モバイル用の設定として大抵、
「残量5%を切ったら 自動的に休止状態 に入る」という設定があるためです。
これを考えると実用的には95%までが連続利用可能時間とみることができます。

プラン90%→60%(秒)グラフ推定連続利用時間
★LaVie Z ECOプラン
液晶モニタ20%
6,781秒5時間57分53秒
LaVie Z ECOプラン
液晶モニタ40%
5,744秒5時間03分09秒
LaVie Z ECOプラン
液晶モニタ70%
5,070秒4時間27分35秒
★LaVie Z LaVieプラン
液晶モニタ100%
4,469秒3時間55分51秒

「★」が付いているのがデフォルトで用意されているプランで、それ以外に
2つほどバリエーションを増やして実験をしました。ECOプランをベースに
して液晶モニタの明るさを 「40%」「70%」 にそれぞれ増やしたものです。
 
LaVieプラン(100%)における 「3時間55分」 という結果はかなり厳しく
感じますが、ECOプラン(20%)における 「5時間57分」 という結果は
ギリギリ妥協できるラインまで頑張ってるという見方もできるでしょう。
 
ただ、液晶モニタの明るさ20%というのはやはり相当暗く、おそらく屋外では
視認にも困りそうなレベルです。(室内であれば何とかなるかもしれません)
そのほかの結果も、液晶モニタの明るさがそのままバッテリ持続時間に
大きな影響を与えることが非常に良くわかる結果となっています。
 
 
で、このECOモード(20%)の持続時間をどうみるかですが、比較対象として手持ちの
Let's note SX1 軽量バッテリ(S) でも同じ実験をしてみました。
Let's note SX1 では「パナソニックの電源管理(モバイル)」というプランが
液晶明るさ20%でほぼ同じような位置づけになっています。
 
SSD搭載時には公称で「8.5時間」のLet's note SX1なのですが、

プラン90%→60%(秒)グラフ推定連続利用時間
★LaVie Z ECOプラン
液晶モニタ20%
6,781秒5時間57分53秒
Let's note SX1 軽量バッテリ(S)
パナソニックの電源管理(モバイル)
液晶明るさ20%
7,095秒6時間14分27秒

結果的には 「6時間14分」 となりました。こうしてみると公称値との比率は
ほぼ変わりません。「6時間を切るかも」と言われるとちょっと不安になりますが、
「Let's note SX1 の軽量バッテリ(S) と 遜色ないですよ」と言われると
まぁそんなもんで十分かな、という気にもなってくるから不思議です。
 
 
さて、追加でもう1つ実験をしてみました。
ニコニコ動画を延々とループモード にして再生するという実験です。


昨今のノートPCにとっては特段重い処理ではなく、CPU使用率としては
大体10~20%のところをウロウロするといったレベルですが、

プラン90%→60%(秒)グラフ推定連続利用時間
★LaVie Z ECOプラン
液晶モニタ20%
4,350秒3時間49分35秒
★LaVie Z LaVieプラン
液晶モニタ100%
3,240秒2時間51分00秒

やはりこれは SAN値バッテリ残量がガリガリ削られていきました。
ECOモードでも4時間持たずにダウンしてしまいます。何時間も連続で動作再生
をするというのは、バッテリのみではかなり辛いということになるでしょう。
 
 
ということで、LaVie Z のバッテリ持続時間の実験結果でした。
トータルでみれば、Let's note SX1 の軽量バッテリ(S)と同程度といわれると、
875gの超軽量ノートとしては非常に良く頑張っているといえるでしょう。
 
ただ、LaVie Zは当然、必要に応じて大容量バッテリに替えるようなことは
できません。それどころか バッテリ交換自体が不可 のため、予備バッテリを
持ち歩くという技も使えません。バッテリの経年劣化(へたり)も出てくると
思いますので、そういう意味では
 
 バッテリ交換不可で良いかわりに、本体を薄くできる
 
というUltrabookのコンセプト自体が持つ弱点はLaVie Zでも心に留めて置く
必要があるでしょう。そのあたりは逆に割り切って、2年くらいで使いつぶす
というくらいの気分でいれば、あとは付き合い方次第であるともいえます。
 
それよりも今回改めて驚かされたのは、ノートPCのバッテリ持続時間にに於ける
液晶モニタの明るさの影響の強さでした。一度この数値を見てしまうと、今後は
外出時は できるだけ液晶を暗めに しておこうかな、という気分になってきますね・・。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2012/09/03 12:10


« スマホ用にmicroUSBケーブル購入 - 無くすケーブルと溜まっていくケーブル

トップに戻る

あまとも通信 - マイケル・ジャクソンBAD 25周年記念限定版はすでに在庫なし? »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks