Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/05/20 12:42 - 2012/05/14

アプリ単体でDTCP-IPに対応?! Twonky Beamの新版はGoogle Playで公開予定


■「Twonky」がDTCP-IP対応。スマホでレコーダ録画番組再生
-ドコモ6機種に採用。他キャリアでも近日利用可能に
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120516_533360.html
 
DLNAサーバ/クライアントでお馴染みのTwonkyですが、そのAndroid用
アプリ 「Twonky Beam」がDTCP-IPに対応 するとのことです。
最初はdocomoのこの夏の新端末6機種に搭載されるのみですが、
後日にはGoogle Playにも公開され、どの端末でも使えるようになるとのこと。
 
あれ? DTCP-IPの対応って厳密な認証や暗号化が必要で、
ハードの対応が必須 ではありませんでしたっけ? と思ったのですが、

 
これまでは、スマートフォンのハードウェアがDTCP-IPに対応する必要があったが、アプリをインストールすることで、端末を問わずに利用できるようになる。
とわざわざ記載されているところからみると、どうやらハード的な
対応が特にされていない機種でも、アプリのみでDTCP-IP転送が
可能になるようです。
 
以前からDTCP-IPの対応はハードとのセットでその 端末メーカー純正
ソフトでしか対応しないという形がほとんどで、一般的なアプリメーカーが
DTCP-IPに対応することはありませんでした。
 
その理由に付いて、鍵の漏洩時のペナルティ が大きすぎて割に合わないから、
という話が聞かれていました。少なくともここで書かれているsMedio社では
そういう判断をしていたようです。
 
■CEATEC: DTCP-IP対応アプリ sMedio True Link+
http://blog.isnext.net/issy/archives/1538
sMedio社としてはOEM提供を前提としていてアプリ単体でマーケットに出す予定はないとのこと。理由を伺ってみたところ、DTCP-IPの鍵を発行するための ライセンス管理がアプリでやろうとすると大変(メーカーだとデバイス単位でいいが、単体アプリだと購入の都度ライセンス発行することになる可能性がある)なこと、DTCP-IP自体のライセンスは高価ではないが 万が一鍵が漏えいした場合の損害賠償請求 が高額になる可能性があり小さな会社ではとてもそのリスクを負えないことなど、なるほどと納得のいく説明をしていただくことができました。
Twonky Beamの新版がアプリのみでどの端末でもDTCP-IPを可能にする、
というのであれば、このあたりの問題をTwonkyを出している PacketVideo社
解決したということになるのでしょう。鍵の保護と、万一漏れた場合のリスクも
合わせて考えてリスクをとる価値があると判断したのかもしれません。
 
あるいは、一部ではAndroid4.0から AndroidOS側 に何らかの仕組みが加わって
より安全に運用できるようになったのでは?という推測をする筋もあります。
このあたりの真相はご存知の方はご存知なのだと思いますが、裏側の仕組み
だけあってなかなか正確な情報を知ることはできません。
 
いずれにせよアプリを作るメーカが増えてくれれば選択肢が増えますので
願ったり叶ったりというところでしょう。
 
さて、先ほどメーカ純正アプリと特定端末の組み合わせではすでにDTCP-IP対応
がなされているというお話がありましたが、私の持つSC-12Cもその1つです。
「Smart Familink」 というアプリがそれになります。
 

 
純正アプリだけあって、いちいち 「AQUOSで見る」「AQUOS PHONEで見る」
といったようにAQUOS限定でしか使えないような記述に見えるのがちょっとアレ
なのですが、中身は普通にDLNA、DTCP-IP対応のアプリであり、
たとえば DBR-Z160 や BRAVIA KDL-40HX800 などとも普通に連携できました。
 

 
こんな感じで、DBR-Z160の中にある スカパー!HD録画番組なども
DTCP-IPを使って普通に再生ができました。ただ、フォルダ分けに対応して
おらず、レコーダ内の映像が全て一列のリストになって出てきてしまうため、
お目当ての映像を探すのがひと苦労だったりと、やはりソフトとしての
洗練度がもう1つかなと思える部分もいくつかあります。
 
一方、SC-12Cにはdocomo端末として標準でインストールされている
「Twonky Mobile Special」 というアプリもありまして、こちらで見ると
DLNAサーバ上のファイルをフォルダを辿ってみていくことができる等、
やはり専用アプリメーカーだけあって色々洗練されています。
 

 
ただ、こちらは前述のとおり現状のバージョンではDTCP-IPには対応
していませんので、昨今のレコーダ事情で考えると宝の持ち腐れという
ことになります。早くこの辺りの面倒な問題が解消されて、
色々なアプリから気軽に映像が再生できるようになって欲しいものです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2012/05/20 12:42


« 作品が持つリアリティと、「自分のリアル」「他人のリアル」「大勢のリアル」

トップに戻る

急に切れると困るボタン電池 - CR2025リチウム電池を慌てて注文 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks