Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/05/18 23:25 - 2012/05/12

お値段なんと11,800円! 配置自由のプロモデル MadCatz「MLG Pro Circuit Controller」


■マッドキャッツ、「MLG プロサーキット コントローラー」を5月24日に発売
アナログスティック、方向パッドをカスタマイズ可能なゲームパッド
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20120517_533621.html
 
MadCatzから「MLG プロサーキット コントローラー」が発表されました。
国内では5/24から発売ですが、北米では昨年12月に発売されていた
モデルになります。
 
 価格はなんと、11,800円!
 
コントローラ1つに1万円オーバーとは・・目玉が飛び出そうなお値段です。
Xbox360用とPS3用の2種類が用意されています。繰り返すようですが
2つで11,800円ではありません、それぞれ11,800円です。

 
しかし、この「MLG Pro Circuit Controller」、北米の プロゲーマリーグ
MLG(メジャーリーグゲーミング)の公式ライセンス商品ということで、
ひと味もふた味も違うギミックが備わっています。
 
1つはMadCatzお得意、十字ボタンとアナログスティックの 配置入れ替えです。
以前わたしも十字ボタンと左アナログスティックの位置を入れ替える
ことができる 「MadCatz CYBORG RUMBLE PAD」 という
コントローラをご紹介したことがありますが、
 
■2009/09/09 [配置入れ替え可のXbox360用コントローラ Mad Catz「CYBORG RUMBLE PAD」を試す]
 
今回の「MLG Pro Circuit Controller」では、さらに右アナログスティックも
脱着可能になっています。そうはいってもさすがに右に十字ボタンという
レイアウトはやっても仕方が無い気がしますし、例にもないのですが・・・。
 

 
ただ、脱着可能なことには意味があり、なんとアナログスティックは上が
凹型 (Xbox360タイプ)と 凸型 (PS3タイプ)がそれぞれ2個ずつ付属しており、
右だけ凸型にするといったカスタマイズもできるのです。
 
さらに、十字ボタン も、十字が繋がったような形のXbox360タイプと、
それぞれがセパレートになっているPS3タイプが1つずつ付属します。
Xbox360のようなコントローラでPS3をプレイしたい、あるいは逆に
PS3のようなコントローラでXbox360をプレイしたい、という声は良く
聞かれますが、これはそれに近いことを実現してくれるワケです。
 
もともとMLGのプロゲーマーが、
 
 「あのゲームのときはこの配置のコントローラで」
 
といった感じでプレイする種目(?)ごとに最適な配置を選ぶというのが
このコントローラのコンセプトですので、このあたりは徹底的にこだわって
作られています。
 
さらに十字ボタンには、別売りで セガサターン タイプの十字ボタンまで
売られているから驚きです。ほかにも別売りパーツがいくつかあって、
アナログスティックの 高さを調節するアダプタ みたいなものもありますし、
アナログスティックのキャップだけ別売りになっているものもあります。
これは「すり減ったら取り替える」という趣旨なのでしょう。

標準で付いているアナログスティックや十字ボタンのパーツも、
それぞれ替えのパーツが売られています。つまりプロゲーマーにとっては
これらは 消耗品 であり、その部分だけ部品を取り替えるというワケです。
 
ほかには、背面に おもりを搭載 する場所があり、35g×2で合計70gまで
重量を増やすことができます。しっくりくる重さになるように
きめ細かく調整ができます。ただ、重りを乗せない時点でももともと
かなり重めではあるようです。
 
ちなみに北米で出始めた頃には 「振動はあるの?ないの?」 という
話が何度か聞かれていて、一部でも振動がないというレポートが
あったのを見かけたのですが、今回のスペック発表を見るかぎり
振動機能は付いているようですね。
 
■マッドキャッツニュースリリース(.pdf)
http://www.madcatz.co.jp/images/pdf/MLG_ProC_rls_final01.pdf
 
いままでXbox360の純正コントローラの十字ボタンにずっと不平不満を
抱いてきた私としては、これも試さざるを得ないという気持ちでいっぱい
なのですが、前述のとおり同社の「CYBORG RUMBLE PAD」で一度ちょっと
期待はずれだったことがあったために今回もうーんとうなっているところです。
 
というのも、これだけ色々こだわったコントローラでありながら、
 
 アナログトリガ(LT,RT)については全く触れられていない
 
のですよね。実は前回「CYBORG RUMBLE PAD」でも違和感があったのは
アナログトリガでしたし、他社も含めて様々なコントローラを試した結果、
いつも気になるのは純正コントローラのアナログトリガとの差でした。
 
せっかく高価なプロモデルということでしたので、アナログトリガにも
「ねじでバネの強さを調節できる」 とかいったギミックがあっても
良かったのに、と思ったりもします。
 
・・・でもまぁ、買うか('A`) 高いですケド。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2012/05/18 23:25


« クラリオン「NX712」「NX612」 声優ナビだけでなくカスタム録音も可能なナビ

トップに戻る

作品が持つリアリティと、「自分のリアル」「他人のリアル」「大勢のリアル」 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks