Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/04/22 17:17 - 2012/04/16

キャプチャ用のRAID-0 HDDアレイでパーティション情報が破損!?

カテゴリ : デジモノ タグ :

Corega CG-HDC2EU3100 で構築しているキャプチャ用の RAID-0
HDDアレイ をずっと使い続けているのですが、本日とつぜん、
 
 パーティションが吹っ飛びました。。。
 

 
『 ドライブ D: を使うにはフォーマットする必要があります。 』
 
一瞬、何が起こったのか分からなかったのですが、
電源をOFFにして再起動してみても結果は変わりません。
 

 
このRAID-0のディスクは、2TBのHDDを2本使って合計4TBの領域を作り、
そこに外周の2TB(D:ドライブ)、内周の2TB(E:ドライブ)という形で
2つの2TBパーティションを作ったものです。
 
すなわちこの2つの領域(D:、E:)は同じディスクをまたいで作られて
いるのですが、その中でD:の領域だけ吹っ飛んで、E:は完全に無事、
という症状になっています。ハード故障ではなさそう です。
 
ディスク管理ツールで見ると、D:の領域は「正常」と書いてありながらも、
元々NTFSだったものが 「RAW」という領域 になっていました。
どうやらパーティションブートレコード?が吹っ飛んでいるようです。
 

 
このディスクは主にゲーム画面のキャプチャ用に使っていたものです。
一部失いたくない動画などもあったものの、大半は一時的な素材置き場になって
いましたので、とりあえずそのまま クイックフォーマット をしてしまいました。
データはもちろん消えてしまいましたが、そのまま使い続けられそうです。
 
あとから調べてみると、このような状態になったときに手動で復旧を試みる
手段が無いわけではなさそうなのですが、危険度はそれなりに高いようです。
 
今回のディスクトラブルは、キャプチャした数百GBのファイルを一斉に
移動しようとしたときに発生したものですが、その前に延々と数時間、
ゲーム画面をキャプチャしていたという事情もあって、HDDに負荷を
掛けすぎて いたのかもしれません。
 
それにしてもHDDまわりのトラブルは本当に絶えませんね・・・。
今回はそこまで大事なデータではなかったから良かったものの、本当に
大事なデータはやはり何重にもバックアップをしておいたほうがよさそうです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2012/04/22 17:17


« Intel SSD 330シリーズ登場 - SATA 6Gbps対応で180GBが2万円前半?

トップに戻る

Panaザク「HX-WA20」とアクセサリキットを注文完了、給電撮影は? »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.31925   投稿者 : 匿名   2012年4月22日 19:23

バックアップを取りたいが、HDDが高い、3T1万切ってくれ


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks