Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/03/27 08:28 - 2012/03/23

PanaザクことXactiの末裔の新商品登場、「HX-WA20」はワイド端28mm~スタート

カテゴリ : デジカメ タグ :

■パナソニック、防水/裏面MOS採用の縦型ビデオカメラ -AV Watch
-水中モード搭載「WA20」など3モデル
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120322_520556.html
 
Panasonicから、Xactiの末裔 とも言える縦型ムービーデジカメの第二世代、
「HX-WA20」「HX-WA2」「HX-DC2」が発表されました。発売日は4/25です。
 
注目は最上位機種(といっても4万円台)の 「HX-WA20」 ですが、前機種の
「HX-WA10」からの変化としては、保護等級IPX8⇒IP58などもさておき、
裏面照射型CMOS の採用や、ワイド端28mm~ の採用が挙げられます。

 
特にワイド端28mm~というのは思い切ったことをしたなぁという印象
なのですが、光学ズームは相変わらず5倍のまま
ということで、テレ端は基本28mm~140mmまでしか伸びないということに
なって、わりと遠くの撮影には苦労をしそうなパターンになります。
以前LUMIX LX3などでもこういうスペックの切り方をしたことがありました。
 
で、それに対するPanasonicの回答は、「超解像iAズーム」 があって、
これが 15倍相当 だから遠くも十分カバーできる!ということのようです。
このあたりは実際に撮ってみたときの絵を見て納得がいくかどうかを
確かないことには何とも言えないところでしょう。ただ、そう言いつつ
スペック値が 「28~280mm」 という妙な値になっているのが個人的には
気になるのですが、、、15倍ではないのでしたっけ(;´Д`)
 
そのあたり光学ズームを外れる領域のクオリティは気になるところですが、
それをさておいて優先した28mm~スタートのワイド端は、室内撮りなど では
とても重宝しそうです。ある意味、そういうシチュエーション用としての
スーパーサブとして活躍させても良いかもしれません。
 
裏面照射型CMOSの採用もあってか、最低照度は3ルクス⇒ 2ルクス へと
さらに強化されました。暗がりでの撮影には威力を発揮しそうです。
 
フルHDでの プログレッシブ は今回も見送られました。あれは必要スペックが
高すぎるわりに違いが分からない人も多いということで、Panasonicのような
大衆向けを重視するメーカーの判断としては妥当なところでしょう。
いずれは1080pがスタンダードになってほしいところですが、
このランクのデジカメが対応するのはまだちょっと先になるのかもしれません。
 
「Xacti」という名前は付かないものの、「どう見てもXacti」
シリーズの後継にこうしてお目に掛かれることは大変喜ばしいことです。
願わくばこのシリーズがこれからもずっと進化を続けていって欲しいですね。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2012/03/27 08:28


« あまとも通信 - MITSUBISHIのリモコン付き23型液晶「RDT233WX-3D」が値下がり

トップに戻る

どうにも慣れない「カナル型」イヤフォン、Sony EX300SL は及第点? »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks