Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2012/01/23 01:55 - 2012/01/17

eSATAで2TB×2のRAID-0ボリュームが見えない?! USB2.0接続でボリューム確保

カテゴリ : デジモノ タグ :


 
キャプチャボードも新調して色々試していたのですが、キャプチャ記録用に
使っていた RAID-0 の外付けeSATAドライブ 「CG-HDC2EU3100」
容量がちょっと手狭に感じてくるようになりました。

 
■2011/01/23 [不具合に見舞われたRAID-0ディスクを交換 - WD1002FAEXの実力]
 

 
これまで使っていたのは WesternDigital の Caviar Black 「WD1002FAEX」
500GBプラッタで64MBキャッシュを搭載した、7200rpmの1TBのHDDです。
これを2基積んでRAID-0にしていたのですが、できるだけ高速性を確保できる
ようにと、そのまま2TBを確保せずにわざわざ 2ボリューム に分け、外周部側
の1TBを直接キャプチャ用、残りの1TBをデータ一時保管用としていました。
 
しかし、アマレコTVのAMV2MTで可逆圧縮したファイルは、30分で25~35GB
といったペースでディスクを消費していきます。撮ったものを即、再エンコなり
何なりして処理していけばよいのですが、ちょっと油断しているとすぐに
容量が圧迫されていきます。
 
ということで、これを 2TB×2台 の構成に切り替えて、同じように
外周部2TB、その他2TBという構成を作ろうと考えた次第です。
 

 
今回あたらしく購入したのは、Seagateの 「Barracuda ST2000DM001」
同じく7200rpmで64MBキャッシュを搭載した、1TBプラッタ構成の2TB HDDです。
私は基本WesternDigital派(?)ですが、Caviar Blackの2TB版というのは
いまは見つからないようで、成り行きで同じようなスペックを探したところ
このSeagate製に行き着きました。
 

 
RAID-0用のケース Corega CG-HDC2EU3100 を開けてHDDを付け替えますが、
その前に、旧HDDである WD Caviar Black「WD1002FAEX」をまっさらにして
一度RAID-0でベンチマークを取っておきましょう。
 

 
さて、いよいよ Seagate Barracuda「ST2000DM001」に載せ変えてテスト、
・・・といきたかったのですが、ここでトラブルが発生しました。
 
このRAIDケース、Corega CG-HDC2EU3100 は基本的にディップスイッチで
RAIDパターンを切り替えるほかは何もしなくて良いシステムになっていて、
とりあえず繋いだら即、2基のHDDがRAID-0で統合された1つのディスクになって
認識されるはずなのですが、
 

 
何かおかしいです。
 
 容量が 「1677GB」 しかありません。
 
明らかに少なすぎます。というか、2TB一杯までもいかない微妙な容量です。
このケースが2TB×2基を認識するというのは仕様では確認済みで、
もちろん強制的に2TB以下にするスイッチなども入れていないのですが、
設定をいくら見直してもどうしても4TBどころか1.7TBしか認識しません。
 
これはもしかして大失敗かと思ってがっくりと肩を落としていたのですが、
ふと思い立って、わらにもすがる思いで USB2.0で接続 をしてみると、
 

 
 「3725GB」を認識しました! これならいいんだ!?
 
頭の中には「???」が浮かんだままですが、とりあえず認識されている
ウチが華ということで、このままUSB2.0接続の状態でボリュームを確保。
予定どおり2TB+2TBの2つのボリュームを作成しました。
 
このままではUSB2.0の非常に遅いHDDにしかなりませんが、ボリュームを確保
したあとに、おそるおそる eSATAで接続しなおして みたところ、
見事にどちらもボリュームも認識してくれました(;´Д`) よかった・・・。
 
ということで、何とか事なきを得たHDD置換騒動でしたが、
eSATA経由で最初に4TBボリュームを認識しなかったのはマザーボード直結の
eSATAとの相性か何かが影響していたのでしょうか。今も謎のままです。
同じような事態になったときには、USB2.0で試してみることをオススメします。
 

 
最後はベンチマークです。「WD1002FAEX」を使っていたときと比べて
シーケンシャル の性能ははっきり上がりましたが、
ランダムアクセス の性能はむしろ下がっているのが気になります。
 
アマレコTVのAMV2MT可逆圧縮では平均 20MB/s くらいのペースを保てれば
何とかなりますので、キャプチャテストをしてみたところでは幸い
問題が出ることはありませんでした。何にせよ容量的には少し余裕が
できましたので、満点ではありませんが及第点といったところでしょうか。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2012/01/23 01:55


« W録の「R1/R2」の考え方を整理する - レグザブルーレイ「DBR-Z160」利用開始

トップに戻る

BUFFALOがさらにHDD/NASの6製品を値上げ、HDD市場が落ち着くのはまだまだ先? »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks