Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2011/09/17 06:13 - 2011/09/11

ZOOM for Xbox360 Kinect を試す - 距離は縮まるもののエリアも狭まり・・

カテゴリ : ゲーム タグ :


 
ZOOM for Xbox360 Kinect が届きました。
 
私としては煮ても焼いてもにんともかんともしがたいKinectをどうにか
したいという思いがあって設置場所などを色々工夫しているワケですが、
この ZOOM for Xbox360 Kinect もそうした工夫の一環になります。

 

 
ZOOM for Xbox360 Kinect はいわばKinectに取り付ける ズームレンズ
のようなもので、これを付けることにより、通常より近い距離で
プレイヤーを認識させることが可能になります。
 
これまでも何度かレポートをしてきましたが、Kinectは本当に 「プレイエリア」
という定義が狭くて、ちゃんとした場所を確保できないと認識がまったく
ままならないという問題がありました。まして狭い部屋ではプレイエリアを
取ること自体が難しいのですが、この ZOOM for Xbox360 Kinect があれば
多少狭い部屋でもプレイエリアを取ることができるというワケです。
 

 
正面から見るとこんな感じ。左右のレンズは黄色がかっています。
 

 
裏面からはこんな感じ。
メカ構造は全くなくて、本当にレンズのみの構成になっています。
 

 
実際にKinectに取り付けてみたところです。
取り付け自体も変なギミックはなくて、本当に 「かぽんっ」 とハメるだけ、
という構造になっています。取り付けてみても見た目の違和感は全くなくて、
普通のKinectが置いてあるだけにしか見えません。
 

 
Xbox360を立ち上げてプレイエリアの調整をしてみると、
たしかに識別可能エリアの距離はかなり縮まっていました。
しかし、私としてはいまひとつ識別率が高まったような気がしません。
ズームで近づけるという特性上、距離は縮まりますが、そのぶんプレイエリアの
「広さ」も失われる ということであり、ちょっと前後に動くとすぐ
 
 「プレイエリアに戻ろう!」
 
という忌まわしいメッセージと遭遇することになります。
この ZOOM for Xbox360 Kinect の使用有無に限らず、Kinectは識別がハマれば
とても快適になるのかもしれないと思う一方、しっくりくる識別エリアが
作れない人にとっては本当に 「難物」 でしかありません。
 
いろいろといじってみましたが、わたしの場合はこの ZOOM for Xbox360 Kinect
を使っても結局、快適なKinect生活が送れる空間にはめぐり合えませんでした。
Forza4の発売も迫ってきていますが、今回のウリである ヘッドトラッキング だけでも
試すくらいはちゃんと出来るのかどうか、そんなレベルでも不安な昨今です。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2011/09/17 06:13


« PS Vita の陰で Xperia PLAY が発表、そして取り残される Xperia pro ・・・

トップに戻る

色素薄子さんが本当に色素薄すぎでAmazonでも掴まえられないというお話 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks