Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2011/09/04 12:09 - 2011/08/30

再びXbox360 Kinect用スタンドを試す「Sensor Floor Stand Dock」

カテゴリ : ゲーム タグ :

■2011/08/26 [Kinectの液晶テレビマウンタ「MS-3604」を試す - 方向が限定されるのが悩みドコロ?]
実際、私はいままで、ゲームをプレイするとき、テレビの本当の正面とは
ちょっとずれた角度からの視線でプレイをしていたのでありました。普通のゲームであれば、慣れれば特に気にならないものなのですが、Kinectのようにプレイエリアを厳密に限定するような場合はなかなか折り合いが難しいようです。
このような場合はもっと別のマウンタが必要になるのかもしれません。

ということで、前回購入した 「XBOX360 KINECT TV MOUNT」 は、
商品そのものには特におかしなところは無かったものの、完全にテレビの
正面方向 にしかKinectが向かないというのが、部屋のレイアウト上
問題になる場合がある、というお話をしました。
 
そこで、またまた別のマウンタを試してみました。
 

 
「Sensor Floor Stand Dock For Xbox 360」 という
商品名のようなのですが、ちょっと調べたくらいではメーカが
分からないという何ともアレな感じの商品です。
Amazonのマーケットプレイスで注文しました。
 
基本的には単なるプラスチック製の 小型棒スタンド という感じで、
一番上にKinect用の台座が付く、という部分だけがポイントの製品です。
 
 第一印象は、タテ笛みたいなのが2本キタ!
 
という感じでしたが、この柱のところに付いている穴は何かに
使えるワケではなく、製造上必要だったネジを止めるための
ネジまわし通し用の穴のようです。正直をいうと作りはかなり
ちゃちな感じがします。が、まぁ使えないということでもありません。
 

 
実際に組み立てて部屋の隅に立ててみました。
 
このスタンド、全高は65cm くらいしかなく、床に立てると実は結構低い
位置にKinectが固定される印象があります。それでいて高さ調節もないため、
設置位置が一発で決まらない部屋の場合は苦労するかもしれません。
 

 
こちらは40インチの テレビの背面 にぴったり寄せて設置したところです。
これなら前回ご紹介したテレビマウントにすればいいという話もあるのですが、
それだと方向が調節できないのでこういう形を頑張ってみたりしています。
 
しかし、40インチの場合、全高65cmのこのスタンドではKinectがテレビの高さを
超えられないこともあり、ここからカメラを下に向けるような構図をとると
画面下にいわゆる 「ケラレ」 (テレビが障害物になってカメラの視界が遮られる)
という状況に陥ります。なかなか難しいところです。
 
日本の狭い部屋でKinectをどこに設置するのかというのは悩ましい問題なのですが、
いろいろなツールを持っていたほうが設置の自由度が広がることは間違いありません。
ただ、今回試してみてよく分かったのは、
 
 しっかりとした 「プレイエリア」(動く側のスペース) が取れないと
 
Kinectは結局まともに使えないという悲しい事実であったりします。
ベッドの上で立ち上がってドスンドスン動き回ってゲームするとか、
ちょっと難しいですよね。。。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2011/09/04 12:09


« コミックダッシュ! 10,000ユーザ目前カウントダウン

トップに戻る

デジ埋2011年8月のpv上位リスト »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks