Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2011/08/22 01:44 - 2011/08/16

自宅のPCまわりを整理中。Core2Quad、Core2Duoベースの2台のPCが退役に

カテゴリ : デジモノ タグ :

    さて、ちょっとひと休み。。。週末を利用して 古いPCの整理 をしていました。
     

     
    ■2011/07/18 [新マシンに Intensity Pro を付け替え、特に問題なくキャプチャ可能に]
     
    デジ埋、コミックダッシュ!などのサービス群をさくらVPSに移行し、
    それまでサーバとして使っていた Core i7-875K を新たにエンコードPC用に
    移植する作業が完了したため、それまでエンコードPCとして使用していた
    Core2Quad Q9450 のシステム一式が余ることになりました。

     

     
    ■2008/08/12 [Core 2 Quad Q9450 で組む無難すぎるキューブPC - 組み立て編]
     
    このPCを購入したのが今からちょうど3年前の夏です。
    当時としては中の上くらいのパフォーマンスでした。
     
    長らく愛用していたShuttle製のベアボーンともこの 「XPC SX48P2 E」
    退役させることでひとまずお別れです。自宅からShuttleのベアボーン
    システムが無くなるのは 7年ぶり くらいではないかと思います。
     
    もう1つはこちら。
     

     
    ■2011/02/07 [サーバディスク障害 - 故障時の状況や復旧状況の補足について]
     
    私にとってはトラウマものの今年2月の自宅サーバディスク大障害により、
    急遽撤去された Core2Duo E6700 ベースの旧自宅サーバです。
     
    ディスク障害ということでサービス運営としては大きなダメージを受けたのですが、
    デバイス的に問題があったのはあくまでHDDだけで、CPU、メモリ、マザーボード
    そのほかすべてのハードウェアはまだ使おうと思えば使えます。
     

     
    ■2006/08/05 [秋葉原に再びPCの灯をともすか? - Core 2 Duo 深夜販売レポート(2)]
     
    思えばこの Core2Duo E6700 も、ちょうど5年前の夏に 秋葉原で行列に並んで
    手に入れたものでした。当時 CPUだけで7万円以上 もしたハイエンド品です。
     
    この2つのPCはこの夏で 「退役」 という扱いになります。ひと昔前であれば、
    メインの用途から外れたこうしたハードも 「サブサーバにして遊べる」
    という発想に切り替えたものですが、いまは電力問題の兼ね合いもあり、
    自宅で必要以上のパソコンを稼動させない方向に切り替わっています。
     
    思えば以前はサブサーバだらけだった自宅LANの中も、サーバPCらしきものは
    ノート1台だけ になりました。上述の2台は友人宅に里子に出される予定です。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2011/08/22 01:44


    « ScanSnap S1500 でスキャンノイズが出る原因 - スキャン面の糊の付着は拭き取り可能

    トップに戻る

    Lenovoの無線ミニキーボード「N5901」を試用・・「_」の入力はドコ?! »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks