Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2011/05/25 01:38 - 2011/05/20

硬さを調節可能な「Razer Onza TE」を試す - スティックよりもトリガが問題?!

カテゴリ : ゲーム タグ :

■2011/05/11 [Xbox360「ワイヤレスコントローラーSE」を注文、ついでにあの「Razer Onza」も・・・]
■2011/05/13 [米Amazonで注文した「Razer Onza」は5日で届く?! 意外とお手軽な国際注文]
 

 
米Amazonから取り寄せたXbox360用コントローラ 「Razer Onza TE」 ですが、
本当に5日で届いてしまいました。こんなに早く手に入るとは思っても
見ませんでしたのでちょっと驚きです。

 

 
舶来品 でございます(船では来ていないとは思いますが)。国内では
正規には取り扱っていない商品というのはちょっとドキドキしますね。
 

 
パッと見の形としては、純正のコントローラによく似ています。
しかしよくよく見ると、十字キーはセパレート型で、アナログスティック
には調節リングが仕込まれています。START、BACKボタン の位置も
最下部にある等、純正コンと共通点のほうが少なかったりします。
 
ケーブルも結構ゴツくて、曲がりにくいものになっています。
 

 
裏面にはボタン割り当て機能のためのボタンが付いていますが、
 

 
LT、RTの上にLB、RBと、その上にもう1段LRボタンが付いていて、
それぞれを好きなキーに割り当てられるという仕組みです。
 

 
完全に セパレートタイプ になった十字キー。
 

 
そして一番の特徴である、調節リング の付いたアナログスティックです。
調節リングは右、左、両方のスティックに付いています。これを回すことで
スティックの硬さを調節するというワケです。実際にやってみましょう。

Get the Flash Player to see this player.


こんな感じで チキチキ、チキチキと回すと 硬さが変わります。
初期状態の、リングを一番上に持ってきているときには、
ちょっと左右に倒すと 「カコン、カコン」 とすぐ倒れてしまうのですが、
一番下(とはいっても上部からちょっと離れるだけ)まで持ってくると、
力いっぱい 「ぐいっ」 と押してもなかなか倒れないくらいになります。
 
硬いモードはレースゲームなど繊細な操作をするときにオススメ、ということで、
確かに微妙な操作はしやすくなった感じがします。ただ、forza3で試して
みたところ、一番硬くするとステアリングを切りたいところでしっかり
切れなかったりすることが多かったため、あまりやりすぎるのも考えモノ
という印象でした。ちょこっと硬め にするくらいが良いのかもしれません。

Get the Flash Player to see this player.


それ以外のキーも色々さわってみます。
A/B/X/Yのボタンは純正コンとフィーリングがずいぶん違っていて、
マウスのクリック をしているかのような軽い押下感になっています。
 
セパレート型の十字キーですが、こちらはしっかりとしたクリック感がありますが、
セパレートになっているからこそ、クリック感がありすぎて隣のキーにスムースに
指が行き来できない という問題もあります。純正コンのような横滑り誤操作が
なくなるという意味で期待をしていたのですが、シューティングや格ゲーなど、
上下左右を忙しく行き来するようなゲームにはあまり向かないかもしれません。
FPSなどのメニュー操作であれば問題ないでしょう。
 
個人的に一番問題視をしたいのはLRのトリガです。
これは毎回のことですが、純正コンのLRトリガのバネの強さは絶妙であり、
サードパーティのLRトリガは総じて芳しくないというのが今までの経験でしたが、
今回もやはり LRトリガが軽すぎて 細かい操作がしにくい、という結論になりました。
 
純正コンで「半分くらいまでじわっと踏み込みたい」というくらいの力加減で、
このRazer Onzaではどうしても 「スコッ!」 と全開まで押し込んでしまい、
中間を探るのが非常に難しくなっています。
 
何とか慣れようとして、forza3で頑張って何週もタイムアタックをしてみたのですが、
結局純正コンを使っているときと比べるとタイムが1~2秒落ちるところから
どうにもならなくなりました・・・。特にブレーキが、いくら注意していても
ふとした弾みでロック してしまうという状況からはどうやっても逃れられません。
 
アナログスティックの効きを調節できるのであれば、このLRのアナログトリガの
バネの重さも調節できたら良かったのに・・・と思わずにはいられません。
最終的には残念ながら、Razer Onzaの使用を諦めるという結論になりました。。。
 
 
この辺りは製品のデキよりも慣れの問題が大きいことも間違いないとは思いますが、
それを差し引いても本当に純正コンのアナログトリガは良く出来ています。
こうなったら6月に発売される純正の新コントローラに期待を寄せたいと思っています。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2011/05/25 01:38


« あまとも通信 - AVCのW録に対応したREGZAブルーレイ「RD-BZ810」が値下がり

トップに戻る

Creative ZEN Style M300 16GB を注文完了! 仕様に「イコライザ」が無い・・・? »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.30598   投稿者 : じゅん   2011年5月25日 21:05

私も先月同じコントローラー「Razer Onza」をUSから入手しましたが、全く同じ感想です。付け加えますと、RLのトリガーの出っ張りが私の持ち方に合わなくて、指が痛くなってくるという問題がありました。
結構期待していたのですが、ちょっと残念な結果となりました。。。
次回に期待しています!


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks