Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2011/04/15 08:32 - 2011/04/11

さくらVPS 512Mと8G、そして自宅サーバとのパフォーマンス比較など

カテゴリ : 雑談 タグ :

■2011/03/22 [ASUS「EeePC 1015PEM」を購入、計画停電中も動き続けるノートPCサーバに]
■2011/03/26 [自宅サーバの移行先として、「さくらのVPS」を試してみるのこと]
■2011/03/27 [VPSでサーバを立てたその日に、数万回の辞書アタックが襲来]
■2011/04/06 [さくらVPSの8Gプランを契約、512Mプランのお試しが良いリハーサルに]
 
「さくらのVPS 8G プラン」 をお試しで開始してちょこちょこと
触ってみています。既にお伝えしているとおり、使い心地については
特に何の不満もなくといったところで、OSのrootをまるごと触れる
VPSというのはやはり気持ちの良いものです。
 
さて、せっかくさくらVPSの512Mプラン、8Gプランの2つが契約状態に
ありますので、以前自宅サーバでもやってみた 簡単なベンチマーク
この2つのVPSでもやってみることにしましょう。

 
■2011/01/04 [Core i7-875K サーバでMySQL処理実験、リモート処理、パラレル処理]
 
やってみた実験というのは、昨年末に購入した Core i7-875K ベースの
新サーバの性能を4年前の Core2Duo E6700 ベースの旧サーバと比較する
ために行った実験です。単純なテーブル構造のmysql DBに対して、
単純に1レコードの内容を取得するクエリを1万回繰り返します。
シングルで実行したときと多重並列で実行したときで、それぞれ
1万回あたり何秒掛かるか、という実験です。
 
残念ながら Core2Duo E6700 のマシンは既にHDDがお亡くなりになっていて
起動不可能な状態ですので追試ができませんが、それ以外の3環境については
シングル、2並列、4並列、8並列、16並列 をそれぞれ計測しています。
 
■さくらVPS mysql_multi 実験
 
 (1) さくらVPS 512 (仮想2コア)
 (2) さくらVPS 8G (仮想4コア)
 (3) 自鯖 Core2Duo E6700(2.66GHz, 物理2コア)
 (4) 自鯖 Core i7-875K (2.93GHz, 論理8コア(物理4コア×HT)

(1)(2)(3)(4)
シングル14sec11sec6sec4sec
2並列14sec14sec-4sec
4並列19sec16sec-5sec
8並列34sec26sec24sec7sec
16並列69sec50sec47sec12sec

結果は上記のようになりました。
 
 正直を言うと、ちょっと微妙です。。。
 
ご覧いただけるとわかりますが、大まかにいうと、
1コアあたりの処理性能がCore2Duo E6700の半分くらい?で、
コア数が倍になるぶん並列処理になるとE6700に追いついてきます。
ただし結局、4年前のフラッグシップ であるE6700と 同等程度 までしか
パフォーマンスは上がりませんでした。
 
低価格VPSの中ではさくらVPSはこれでもかなりパフォーマンスの高いほう
というのが巷の評価なのですが、これだけ見ると、昨年末に購入した
自宅サーバの Core i7-875K のバケモノぶりが際立ちます。
 
■Twitter @kunihirotanaka 田中邦裕
http://twitter.com/#!/kunihirotanaka/status/18591373436
間違った。cat /proc/cpuinfo だ。 RT @kunihirotanaka さくらのVPS。cat /dev/proc すると、「Core(TM)2 Duo CPU T7700」って出てくるなぁ。本当はQuadCore Xeonのサーバなのに・・・(涙)
さくらVPSでcpuinfoを見ると確かに、
「Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz」
という表記になっています。実際の物理サーバはQuadCore Xeonなのだそうですが、
KVMではゲストマシンのCPU表記は設定次第になっているそうですので、
もしかすると意図的に変えているのかもしれません。
 
たまたまかもしれませんが、Core2Duo T7700 (2.40GHz) というCPUのスペックは、
上述でいうところの4年前のフラッグシップである Core2Duo E6700 (2.66GHz) と
似通っており、そういう意味で、実パフォーマンスに即したCPU名がわざと
与えられていたりするのかもしれません。(違ったらごめんなさい)
 
さて、微妙、という話ですが。。。
 
月額7,980円の最上位プランに於いても、自宅サーバで最新の10万円のマシンを
買ったときと比べると 4分の1程度のパフォーマンス なのか、というのが
正直な感想です。が、VPSの料金は当然ながら、マシンの故障などに対応する
メンテナンスのコストや、電気代など を全て含んでいますので、自分で
全てのリスクを負って苦労する自宅サーバとは直接比べられないのは当然です。
 
個人的には、「電力不足問題」 さえなければ、もしかしたらVPSへの移行は
せずに留まったかもしれません。やはりマシンパワーは新しい実験をするときの
源ですから、あればあるほど安心です。しかし、この夏の電力不足問題だけは
どうにもリスクが高すぎます。サービスが 1日数時間止まりっぱなし になるような
状態を作らないためには、VPSへの移行はやはり必須ということになるでしょう。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2011/04/15 08:32


« Intelの新SSD「320」シリーズが登場、「バリュー価格帯」とはいうものの

トップに戻る

今年も始まるプロ野球の季節、デジタルテロッパが大活躍の季節 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks