Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2011/03/23 00:21 - 2011/03/20

停電中のUPSには、ONU、ルータ、ハブの消費電力だけでも重荷?!

カテゴリ : デジモノ タグ :

■2011/03/14 [無停電電源装置(UPS)、オムロン「BY50S」をセットアップ]
■2011/03/15 [計画停電とオムロン「BY50S」、自動シャットダウンができるUPSの魅力]
■2011/03/16 [UPS(無停電電源装置)は満充電までに相当の時間が掛かる、ほか]
■2011/03/19 [計画停電中の代理サーバとしてノートPCの活用を考える]
 
停電中の代理サーバとして Let's note R1 を持ち出したという
お話をしましたが、そもそもこれが、どういう全体像の中に
位置するものなのか、というお話に移ります。
 

 
いままでUPSを使って安全にサーバを停止する、ということだけを
考えていたときは、以下のような構成を取っていました。
 

 
Core i7のメインサーバと、Fiono330のサブサーバ、そして
QNAPのNAS「TS-219P」と、それらを繋ぐハブというのが1セットです。
これらをずっと動かし続ける電力はUPSにはありませんから、
停電が起きたら早々にハブ以外の3台を 自動シャットダウン して終わり、
というシナリオしか出来ることはありません。
 
これに対して、新しい構想では以下のような構成になります。
 

 
ここではサブサーバはFiono330ではなくLet's note CF-R1に変わっています。
停電が起こったら、Core i7サーバとNASを自動シャットダウンせざるを得ない
のは以前と変わりません。しかし、Let's note R1 はUPSから電源を貰わずとも、
3時間くらいは 自前のバッテリで 動き続けることができます。すると、
あとは ONU、ルータ、ハブ の小物3点を動かし続ける電力がUPSにあれば、
ノートPCを基点として代理サーバを動かし続けることができるかもしれない、
というワケです。(といっても503を返すくらいが精一杯ですが)
 
 
そうして実際に環境を整えて実戦に臨んだのですが、
 
 残念ながらその結果は散々なものでした。
 
今回遭遇した停電は 15:41~18:40 までの3時間で、UPSの自動シャットダウン
ソフト「PowerAct Pro」では 停電後4分後 から一斉にシャットダウンを
走らせる手はずになっていました。ところが、
 
 15:41 停電発生。
 15:45 自動シャットダウン開始(3台)
 15:46 シャットダウン完了
 15:55 通信断絶(!)
 
という結果になりました。
シャットダウンが完了してから わずか10分しか 持っていません。
 
あとから各サーバのログを入念に調べてみると、バッテリ駆動で動いている
Let's note R1 にはまだまだ余裕があり、3時間後の停電復旧まで 一度も落ちて
いない という優秀な結果を出していました。つまり、問題はUPSのほうで、
ONU、ルータ、ハブという小物3台を、わずか10分しか支えられなかった、
ということになります。
 
実はこのときはまだFiono330も並行稼動中だったため、上記の新構想の図よりは
機器が1つ多いのですが、これを差し引いても理想とは程遠い結果です。
試算をしてみたところ、自動シャットダウンの時間を 1分(待機) +1分(シャットダウン)
まで減らし、Fiono330を退役させて、余力をONU、ルータ、ハブに回したとしても、
どうやら 30分くらいしか持たない ということが分かってきたのです。
 
私には元々、「UPSはパソコンのような消費電力の大きい機器を繋げるから
バッテリが持たないのであって、小さな機器なら相当持つだろう」という
先入観のようなものがあったのですが、現実には想像より遥かに厳しいものでした。
UPSのバッテリは小物機器であってもそれほど持たない、いや、言い換えれば
小物に思えるモノでも集まれば それなりの電力を喰っている
という事実を思い知らされたというほうが正しいでしょう。
 
ということで、目論見が見事に外れて、途方に暮れることとなりました。。。
UPSの本来の役目からすると、サーバを自動的に安全にシャットダウンする
という目的は果たせていますので、それ以上を望むのが酷なのだという話では
あるのですが、ここで諦めてしまうのも何かとてもくやしい気がします。
計画停電とUPSをめぐる戦いはまだまだ続きそうです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2011/03/23 00:21


« 計画停電中の代理サーバとしてノートPCの活用を考える

トップに戻る

機器が増えても取り回しが楽!「やわらかLANケーブル」が活躍中 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.30415   投稿者 : 匿名   2011年3月23日 02:02

3時間以上続く停電対策はどこも大変そうですね


No.30417   投稿者 : 優駿   2011年3月23日 08:35

BY50Sで30分と言うことは60Wくらいですか。それで3時間以上
持たせたいのならBN100S~150Sでしょうねえ。普通のAC100V
コンセント使うなら、この辺がほぼ限界の容量でしょう。

まあ、10万円はしないので、買えなくもない…のか?
昔からすると安くはなっているしなあ。


No.30418   投稿者 : 匿名   2011年3月23日 08:54

ああ計算間違い。最初に150Wを5分間維持しているから、容量の半分は
こっちに消費されているので、その後10分間持つのだから、Fiono330入れて
80Wですね。だから10分しか持たなかったと。

30Wならフル充電で1時間くらい行けるはずなので、容量半分からスタートなら
確かに30分。これを3時間にするなら…ああやっぱり100Sは必要か。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks