Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/12/22 23:59 - 2010/12/22

コレガのRAIDボックス「CG-HDC4EUS35-W」 - USB3.0よりeSATAのほうが実測は上?

カテゴリ : デジモノ タグ :

    ■平澤寿康の周辺機器レビュー コレガ「CG-HDC4EUS35-W」
    ~5種類のRAIDに対応するUSB 3.0/eSATA HDDケース
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hirasawa/20101222_416166.html
     
    コレガから3.5インチHDD 4基搭載可能なeSATA/USB3.0接続の
    RAIDボックス、「CG-HDC4EUS35-W」 が発売になっています。
    発売予定日は12月上旬で、Amazonでは12/31発売予定となっていますが、
    楽天のショップでは即時発送になっている店舗もあるようで、どうやら
    すでに発売されているモノのようです。価格は2万円台後半になっています。

     
    HDDが4基入るわりに NAS機能が無い、というのも需要がピンポイントで
    人によっては躊躇するものになりそうですが、私は以前もコレガの
    2基搭載RAIDボックス 「CG-HDC2EU3100」 を購入して、RAID-0での
    一時保存用ディスク として有効活用できた経験があり、
    使いどころをうまく見てやれば重宝するアイテムとは言えそうです。
     
    ■2010/03/07 [160MB/s超えのパフォーマンス! Corega CG-HDC2EU3100 で eSATA RAID-0構築]
    ■2010/03/12 [Corega CG-HDC2EU3100 の運用快調、改めて実感するRAID-0の実力]

     
    このとき500GBのHDDを2基、RAID-0にして 160MB/s超え のパフォーマンスを
    叩き出したことをお伝えしたのですが、上述の4基版「CG-HDC4EUS35-W」では
    eSATA接続の3TB×2基で 210MB/s超え (Read)を計測したというレビューが
    あがっています。インタフェース側とディスク側のどちらがボトルネックに
    なっているのかはわかりませんが、もしかすると4基ならさらに向上の余地も
    あるのかもしれません。
     
    ちなみに、
    ただし、200MB/secを超えるのはeSATA接続時のみで、同じ環境でも USB 3.0接続時には速度がやや遅くなっている。これは、PC側のUSB 3.0ホストコントローラまたは、CG-HDC4EUS35-W側のUSB 3.0コントローラの制限と思われる。現時点では、まだUSB 3.0コントローラのほとんどが理論値に近い速度を発揮できていない。そのため、USB 3.0で速度が遅くなっているのは、ある意味仕方がないだろう。
    ということで、インタフェースの理論値としてはeSATAが3Gbps、USB3.0が5Gbps
    であるにも関わらず、eSATAのほうがベンチマーク値は高いという話が出ています。
     
    実はコレ、公式サイトの実測値レポート でも同様のことが書かれています。
     
    ■「CG-HDC4EUS35-W」商品概要 | コレガ
    http://corega.jp/prod/hdc4eus35-w/

    USB3.0接続 180MB/s
    USB2.0接続  33MB/s
    eSATA接続 249MB/s

    理論値だけでアピールせず、こうしてメーカ公式の参考実測値をアピールする
    というのは嬉しいことですね。USB3.0のパフォーマンスがあと一歩伸びないのは
    ホスト側の所為なのか機器側の所為なのかわかりませんが、いまのところは
    最速を求めるならeSATA にしておくのがよさそうです。
     
    RAID-0 で最速ディスクを組む場合はどうしてもデータ消失の危険が伴うため
    あまり大事なデータの置き場にはしづらいところがありますが、
    上述のレポートでもRAID-1にすると一気に 130MB/s 程度まで落ちていることから、
    やはり用途によってはRAID-0がどうしても必須になってくることもあります。
    お値段とリスクと相談しながら上手い落としどころを見つけていきたいところです。

    コレガ(アライドテレシス) 4BAY RAID対応 eSATA/USB3.0接続 PC連動電源機能 SATA3.5インチHDDケース WEBモデル CG-HDC4EUS35-W
    Powered by
    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2010/12/22 23:59


    « 部分モザイクに映像マージ 「TMPGEnc Video Mastering Works 5」体験版を試してみた!

    トップに戻る

    あまとも通信 - 「ねんどろいどぷち けいおん!」発送日がちょっとズレた? »



    ▼ コメント ▼

    No.30299   投稿者 : sakura   2010年12月26日 13:45

    USB3.0で理論値の半分程度なのは仕方がないと思います。
    USBの仕様で一つの機器で帯域全てを使うことは許されていないはずです。
    USB3.0は今後標準装備されてeSATAはVLバスのように消える運命かと思いますが、個人的には一対一対応しているバスに魅力を感じます。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks