Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/11/29 23:59 - 2010/11/29

4基構成のLinkStation「LS-QVシリーズ」は性能3倍? NASもCPUが重視される時代

カテゴリ : デジモノ タグ :

    ■【平澤寿康の周辺機器レビュー】 バッファロー「LS-QV1.0TL/1D」
    ~3倍以上高速化したRAID 5対応家庭向けNAS
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hirasawa/20101201_410530.html
     
    BUFFALOの家庭用NAS LinkStationの新製品 「LS-QVシリーズ」
    のレビューが上がっていました。4基構成のRAID NASです。
     
    従来から「LS-Qシリーズ」として、TeraStationだけでなく
    LinkStationとして4基構成NASは存在していたのですが、
    これはその新バージョンということになります。一昔前だと、
     
     ・1~2基構成のライトユーザ向けなら 「LinkStation」
     ・2~4基構成のヘヴィユーザ向けなら 「TeraStation」
     
    という感じでわかりやすかったのですが、現在はLinkStationにも
    TeraStationにも4基構成が出てきて、どちらを選べばよいか迷って
    しまう人も多いと思います。

     
    BUFFALOとしてはTeraStationは 「法人向け」、LinkStationは
    「個人、SOHO向け」 というブランド分けを狙っているようで、
    TeraStationのほうが高性能、高信頼を謳う場面が多くなり、また、
    ホットスワップ等はTeraStationしか搭載していなかったりという
    差別化をしています。
     
    あ、TeraStationにはサポートプロトコルにちゃんと 「NFS」
    あるのに、LinkStationにはありませんね・・・。
    等など、細かい点はしっかり見比べてみたほうが良いでしょう。
     
    ただ、LinkStationでもユーザ管理くらいはそこそこできる
    ようですので、性能に不満がなければ何も考えずに
    LinkStationを選んでしまっても良いのかもしれません。
     
     
    というところで、上記のレビューで 「性能改善」 のお話がありました。
    従来比で3倍とのことで、実測値で以下の数字が上がってきています。
    (いずれもシーケンシャル)
     
     READ     WRITE
     53.99(MB/s) 50.17(MB/s) LS-QV1.0TL/1D
     20.46(MB/s) 14.89(MB/s) LS-Q1.0TL/1D (旧シリーズ)

     
    この数字は標準構成の 「HDD×1基」 のときの数字だという点には
    注意が必要です。一般的にRAID-1であればREAD値がさらにアップ
    しますし、RAID-0であればWRITE値もアップすることになります。
     
    私がちょうど1年前に購入した QNAP TS-219P という、という時としては
    高性能を謳っていた2基仕様のNASがあるのですが、そのときRAID-1で
    計測をしたときの値が、「READ 55.05(MB/s)、WRITE 32.16(MB/s)」でした。
     
    ■2009/11/24 [高性能NASケース QNAP TS-219P で2TBディスクを組む - パフォーマンスは良好]
     
    使用するHDDやネットワーク環境が違いますので一概には言えませんが、
    新製品の「LS-QVシリーズ」の性能向上のうたい文句は確かに間違いなさそうです。
     
    一昔前であれば、NASを使うときのボトルネックは、
     
     1、LANの速度
     2、HDDの単体性能
     3、NASの性能(CPU等)
     
    という順序をイメージすることが多く、NASそのものの性能はあまり問われない
    というのが一般的だったのですが、ここ数年でGigabitイーサが標準になり、
    HDDの性能も容量と共にアップしてきたことで、
     
     1、NASの性能(CPU等)
     2、HDDの単体性能
     3、LANの速度
     
    というように 優先順位が逆転 してきたように思います。
    NASのCPU性能は特に気になる指標の1つです。最近は高級機のNASだと
    CPUにPCと同じAtomを使うものも増えてきました。
     
    ちなみに公式サイトを見ているとこんな記載も見つけました。
     
    ■リンクステーション ネットワーク対応HDD HDD増設ベイ搭載 高速モデル : LS-QVL/1Dシリーズ | BUFFALO バッファロー
    http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls-qvl_1d/

     
    NAS単体で(PCなしで) Eye-Fi から直接データを受け取れる機能も
    ファームウェアアップデートで実装予定とのことで、これは
    個人的はとても嬉しい機能です。ぜひとも実現して欲しいところです。
     
    なお、この「LS-QVシリーズ」には、最初からHDDが 4基埋まった状態
    出荷されるものと、最初は1基だけ埋まっていて、あとで自由に
    HDD単体を購入してきて追加できるものがあります。
     
    純正で4基埋まっているものはどうしても割高になりますので、
    1基のみのものを購入して自分で追加するほうがオススメではあるのですが、
    その際は最初の1基を外してしまうのか、あるいは無理矢理同じ容量の
    HDDとペアを組ませてしまうのか、というあたりは考えどころですね。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2010/11/29 23:59


    « 老舗PCショップ「T-ZONE」が廃業?! 最後の1店舗は「ドスパラ」に譲渡

    トップに戻る

    デジ埋2010年11月のpv上位リスト »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks