Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/10/19 23:59 - 2010/10/19

カードリーダ性能試験追試 - Kingmax の Class10 32GB SDHCカードを試す

カテゴリ : メモリ タグ :

    ■2010/10/15 [SanDisk Extreme SDHC 32GBカードを試す、ExtremeブランドのClass10の実力は?!]
    ■2010/10/16 [カードリーダもベンチマーク - IO-DATA、BUFFALO、SanDisk の3種を試す]
    ■2010/10/17 [カードリーダ3種とSDHCカード4枚で総当たりベンチマークを実施]
    どうやらSanDisk製 「以外」 の高速カードを更に調達して調べてみるしかない、ということになりそうですが・・・ここまで来たらやるしかないでしょうか・・・(;´Д`)
    SanDiskのカードリーダ「SDDR-199-J20」 が、SanDisk Extreme
    カードのときだけ20MB/s超えの爆速値を叩き出すものの、他社のカードで
    20MB/s超えを出したことがないという事態について、
     
    A) SanDiskのカードリーダは確かに優秀で、
      他社のカードが20MB/s超えの領域に入ってこないだけ
     
    B) SanDiskのカードリーダは自社カードのときの相性だけが抜群で、
      他社のカードを使うときには他社のカードリーダの性能と遜色ない
     
    という2つの仮説のどちらが正しいのか良く分からない、というのが
    ここまでのお話でした。巷で高速といわれるカードリーダとSDHCカードが、
    どうやらどちらも 20MB/sあたりが上限値 になっているみたいで、
    20MB/s付近の数字が出たとき、それがカードの限界なのかリーダーの限界
    なのかを見分けづらいというのが、問題を分かりづらくしている要因です。

     
    「SanDisk Extreme以外」のカードが1つでも20MB/sを 突破してくれて
    SanDiskのカードリーダとそれ以外のリーダではっきりとした差を出して
    くれれば、A)の仮説に真実味が帯びてくるワケです。ということで、
     

     
    もはやベンチマークのためだけに、もう1枚購入してみました。
    公称の実測値で20MB/s超えを謳っているカードの中から選んだもので、
    モノは Kingmax の「KM-SDHC10X32G」、32GB SDHC Class10 です。
     

     
    Kingmaxの公称値では実測で 22MB/s(リード時) とのことですので、
    これではっきりと20MB/s以上の数字を出してくれたらこの検証が
    一歩前進することになります。
     
    ということで、例によって3つのカードリーダでベンチマークです。
     
    ■IO-DATA「USB2-W33RW」×Kingmax「KM-SDHC10X32G」
     

     
    ■BUFFALO「BSCRA38U2BK」×Kingmax「KM-SDHC10X32G」
     

     
    ■SanDisk「SDDR-199-J20」×Kingmax「KM-SDHC10X32G」
     

     
    結果から見ると大変残念なことに、3つのカードリーダで 数字の差はほとんど
    確認できませんでした。SanDisk「SDDR-199-J20」による計測でも見事に
    シーケンシャルリード 20MB/s の壁で止まってしまっています。
    これだとカードの性能が目一杯だったのか、カードリーダの性能上限に当たったのか
    区別が付かないため、新たに分かった事実は何もないということになります・・・。
     
    これ以上ベンチマークを続けてもラチが開きそうにないため、ひとまずは
    このあたりで留めておきたいと思いますが、一連のベンチマークでは、
     
     SDHCはカード、リーダともに 20MB/s 付近で1つの壁があり
     
    「それ以上」を求めてもどうとなることはない、という印象を受けました。
    実際問題として30MB/sに迫ったところで、ガジェット側 にはその速度で
    書き込みができるものはほとんどないでしょうし、PCとのやりとりだけを
    超高速してもそれほどの恩恵ではないのかもしれません。
     
    ただ、今回のKingmax「KM-SDHC10X32G」については、ランダムライト で遅い数字が
    出ているのはちょっと気になりました。シーケンシャルライトでは17~18MB/sと
    おおむね優秀なのですが、512KBのランダムライトでは 0.6~0.7MB/s と、ちょっと
    他のカードででは見ないような数字を出しています。(普通は1.5~2.5MB/sくらい)
    そうはいっても使えば普通に使えてしまう類のものだとは思いますが・・・。
     
    ひとことでSDHCカードといっても、性能も相性もカードごとに全然違う特性を
    持っていたりしますので、自分に合ったものを見極めるのはとても難しいですね。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | メモリ | | 2010/10/19 23:59


    « デジ埋の「ブロガー名刺」を前川企画印刷さんに作って頂きました!

    トップに戻る

    ELECOM SDXC対応カードリーダ「MR-A001BK」 - SanDisk Extremeのポテンシャルを引き出す! »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks