Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/09/28 23:59 - 2010/09/28

新型iPod nano使用レポート(動画あり) - 非常にスムースなインタフェース

カテゴリ : 携プレMP3 タグ :

■2010/09/25 [9/3 に注文した新型iPod nano、結局お届け予定日は 9/29 に・・・。]
■2010/09/27 [ようやく届いたか新型iPod nano! まずは恒例の写真館から]
 
ということで、新型iPod nano を使い倒していくことにしてみます。
 
ちなみに、普段からiPod、iTunesにどっぷり漬かっている方に
とっては、新しいiPodが増えるというのは 単なる端末の追加
という意識だけで済むと思いますが、私は音楽ライブラリ管理を
iTunesに任せるのはどうにも違和感があるほうでして、
今回もiTunesにはiPod nanoに転送するためだけの音楽ファイルを
別途コピーして準備する方式をとっています。
 
では、実際に使用している様子を動画で見ていきましょう。
まずは メニュー画面 からです。

Get the Flash Player to see this player.



「iPodというとタッチホイール」という時代から、
 
 「iPod/iPod touchといえばタッチパネル」 という時代に
 
変わっていき、インタフェースは完全にiPhoneライクになりました。
個人的にはこのインタフェースは大歓迎というか、昔の タッチホイール
細かな操作ミスを誘発するのがどうしても性に合わなかったこともあって、
今回の新型iPod nanoが凄く使いやすく感じます。
 
新型nano発表時には、
 
「あんな 小さすぎるタッチパネル じゃ使いづらくなるだけじゃないの」
 
という反応が多かったのですが、全然そんなことはないと思います。
むしろ反応は抜群といっても良いでしょう。
 
イコライザ は相変わらずプリセットしかないのがiPodの悪い点
なのですが、とりあえず通勤電車内でもっとも無難に過ごせる
ようにと、「Treble Reducer」 をメインで使っています。
 
 
続いて プレイ画面 です。
 
ちなみに前述のとおり私はiTunesでライブラリ管理をしていないため、
転送したいファイルだけをiTunesフォルダにコピーして、曲順を確定
させるために プレイリスト・ベースで管理 する方法を取っています。
普通にiTunes管理で使っている方とはちょっと操作パターンが
違うところがありますがご容赦ください。

Get the Flash Player to see this player.


操作中にちょっと狙ったところが押せてなくて反応が悪いように見える
部分があるのですが、これは実は私が 撮影中のビデオカメラ を見て
操作しているために目測を誤っているためです。実際に直接目視で
見るときにはもっとスムースに使えています。
 
再生画面は、
 
・「再生」「巻き戻し」「早送り」
・「シークバー」「リピート」「Genius」「クロスフェード」
 
という 2段がまえ の構成になっていて、それぞれをスライドでサッと
切り替えることができます。押しにくい部分もほとんどありませんし、
このあたりのインタフェース設計の良さはAppleならではです。
 
 
続いて ホールドとスリープ です。

Get the Flash Player to see this player.


iPodの伝統に則って(?)このiPod nanoにも 電源ボタンはなく
スリープボタンしかないのですが、音楽再生中にスリープボタンを押すと
再生が止まらずにタッチパネル画面だけOFF、すなわち ホールド状態
になります。この状態でも音量UP/DOWNはちゃんと操作できます。
(これらのボタンは硬いため誤操作の心配はありません)
 
再生が止まっているときにスリープボタンを押すと当然音が鳴らないまま
タッチパネル画面がOFFになり、これが本来のスリープ状態の扱いになります。
 
この新型iPod nanoはどうやら 「電源OFF」という操作が無い ようです。
従来型のiPodでは中央の決定ボタンを長押しすると電源OFFになったのですが。。。
このスリープ状態で電池がどれだけ持つのかちょっと心配ではあります。
 
 
最後は ラジオ です。iPod nanoはFMラジオも搭載しています。

Get the Flash Player to see this player.


これが意外に良好な反応でちょっと驚きました。小型プレイヤーだと
電波をちゃんと受信できない場合が多いのですが、この新型iPod nanoは
周囲の電波状態にもよりますが、FMラジオとして 普通に使えるレベル でした。
手持ちの既知の音楽に飽きたときには気晴らしになるかもしれません。
 
 
ざっと新型iPod nanoの利用シーンを動画でご紹介しました。わたし自身
このnanoをまだ2~3日使ってみただけの段階ですが、全体的にはとても満足
をしています。もしかしたらようやく iriver S10 から卒業して
このnanoをメインにできるかもしれない、という予感もあります。
しばらくこの新型nanoを通勤のお供にするつもりです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 携プレMP3 | | 2010/09/28 23:59


« ようやく届いたか新型iPod nano! まずは恒例の写真館から

トップに戻る

デジタルテロッパ(EN-NL1068) の2台目を購入 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.30176   投稿者 : たすけ   2010年10月 3日 13:46

今回のnano、店頭で触った感じだとボリューム調整がやりにくい
(ボタンが固い)と感じました。
実際にクリップで挟んだ状態で持ち歩いて聴く場合に、
ボリューム調整は問題無かったでしょうか。

前世代までは、シャツ程度だとポケットの外からホイールを回して
ボリューム調整できるのが個人的に非常に便利なので。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks