Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/07/03 23:59 - 2010/07/03

裏面照射型CMOS搭載で最低被写体照度「4ルクス」!? Everio GZ-HM350

カテゴリ : デジカメ タグ :

■ビクター、裏面CMOS採用/36倍ズームの小型Everio -AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100701_377927.html
 
Victorから小型ムービーデジカメ「Everio」の新作が
発表されました。型番は 「GZ-HM350」、7/7発売予定で、
店頭予想価格は 8万円前後 です。
 
EverioのHMシリーズは、ちょっとこだわる人向けのフラッグシップ
でちょっと大柄の GZ-HM1 があり、HMのあと3桁が続くモデルは
それよりちょっと機能を省いて小型化したモデル、という
位置づけになっています。

 
■ビクター、裏面照射型CMOS搭載の「Everio」2モデル -AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100114_342110.html
 
今年2月発売だったのは GZ-HM1 と、GZ-HM570 ですが、
GZ-HM1 が大型レンズと光学手振れ補正を積んでいるのに対して、
GZ-HM570 は 手振れ補正が電子式に なっていたりします。
単に機能を省いた廉価版、という意味合いではなく、そのかわりに
小型を求める人に向けた製品に仕上げてあるという印象です。
 
今回発表された GZ-HM350 はこの GZ-HM570 と比べると
後継機でなく 姉妹機 にあたり、どちらかというと昨年3月に
発売された GZ-HM200 の後継機にあたるモノになりそうです。
 
■ビクター、「ダブルSDカード」対応の小型AVCHDカメラ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090219/victor1.htm
 
せっかくですので、GZ-HM570、GZ-HM350、GZ-HM200、の3機種で
違いの出ている部分を並べてみました。
 
■ハイビジョンメモリームービー Everio GZ-HM350製品仕様|ビクター
http://www.victor.co.jp/dvmain/gz-hm350/spec.html
■ハイビジョンメモリームービー Everio GZ-HM570 製品仕様|ビクター
http://www.victor.co.jp/dvmain/gz-hm570/spec.html
■ハイビジョンメモリームービー Everio GZ-HM200 製品仕様|ビクター
http://www.jvc-victor.co.jp/dvmain/gz-hm200/spec.html
 

GZ-HM570GZ-HM350GZ-HM200
撮像素子1/2.3型
高感度B.S.I.CMOS
1062万画素
1/4.1型
CMOS
332万画素
1/4.1型
CMOS
305万画素
光学ズーム10倍36倍20倍
最低被写体照度4ルクス4ルクス9ルクス
焦点距離48.3~43.7~41.4~
F値2.8~4.51.8~5.81.9~3.2
記録メモリ内蔵64GB
SDHCスロット
内蔵32GB
SDHCスロット
SDHC
ダブルスロット
サイズ110×62×55mm110×62×52mm113×65×55mm
重量約260g(約300g)約220g(約260g)約260g(約310g)
連続撮影時間約1時間20分(約45分)約1時間40分(約55分)約1時間25分(約40分)
手振れ補正電子式電子式電子式

こうしてみると GZ-HM350 はかなりイイ線いっている機種に見えます。
というか、一応最上位にあたるはずの GZ-HM570 の頑張っている部分が
予想以上に少ない・・・という印象があります。
 
たしかにカメラとして重要な点として、レンズと撮像素子 という部分に
ついては GZ-HM570 が一番頑張っているのはわかるのですが、それ以外
の点について GZ-HM350のほうがことごとく上回っているというのも
ちょっとどうなのか・・・という気がしないでもありません。
特に 焦点距離 の 48.3~ vs 43.7~ という数字は気になるところです。
 
さて、私が今回突然Everioを取り上げたのは、裏面照射型CMOS の性能が
とても気になったからです。裏面照射型CMOSはソニーの一部の高級機でしか
採用されていませんでしたが、最近になって他社にも技術が供給される
ようになったようで、ムービーよりもむしろコンパクトデジカメでの採用が
多くなっています。普及価格帯のムービーデジカメで採用したのはおそらく
ソニー以外ではこのVictor Everioが初めてでしょう。
 
その効果として、嘘か誠か、スペック表には
 
 最低被写体照度「4ルクス」という数字が
 
刻まれています。「ランプモード」のような特別な低フレームモードでの
ことではなく、ちゃんと30フレームの撮影での数字です。これがもし本当に
数字どおりの効果を示すのであれば、主に室内撮影では抜群の効果を発揮
することが期待されます。
 
もちろん、スペックだけを見てそう判断するワケにもいきません。
数値はあくまで目安であり、各社の基準も違います。やはり実際に
撮り比べてみないと何とも判断できません。ということで、
 
 さっそく GZ-HM350 を注文してみることにしました。
 
発売日は7/7ですので、この週末あたりにはレポートできるのではないかと
思っています。今からちょっと楽しみです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2010/07/03 23:59


« スカパー!HDの映像全体が乱れる問題に遭遇 - はっきりとした原因は不明・・・

トップに戻る

Everio GZ-HM350 のために一緒に注文したバッテリと充電器だけが先に届く »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks