Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/06/12 23:59 - 2010/06/12

E3の先陣を切る Xbox360 メディア・ブリーフィングはひたすらKINECTプッシュ!

カテゴリ : ゲーム タグ :

■米Microsoft、「Xbox 360 Media Briefing」を開催。
小型Xbox 360が電撃発売!! 「KINECT」ラインナップも披露(速報) - GAME Watch
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100615_374426.html
 
6/15~6/17のE3の開幕に先駆けて、6/14(日本時間の6/15 am2:30~)に
マイクロソフトによる 「Xbox360メディア・ブリーフィング」
開催されました。
 
この模様は各国で中継され、エンターブレインのLIVEサイトでも
同内容が(英語のみですが) ストリーミング配信 されました。
 
■エンターブレインTV LIVE(ライブ) - ファミ通.com
http://www.famitsu.com/live/
 
昨年もそうだったのですが、こうして海外のイベントの様子が
リアルタイムで分かるというのは素晴らしいことですね。
 

 
この放送は通信状態さえよければ HD画質(720p) にも対応して
いました。大型液晶テレビに映すともう完全にテレビの生中継のように
なります。ただ、残念ながら私がテレビに繋いでいるEeeBox EB1501
ではコマ落ちが激しくてフルサイズ再生はできませんでした。
 




 
「Call of Duty: Black Ops」、「Metal Gear Solid: Rising」
「Gears of War 3」 「Halo REACH」と、しょっぱなから流麗なHD作品の
紹介が続きます。CoDとギアーズがプレイアブルで実際に紹介者が
コントローラを持ってプレイしながら紹介したのに対して、
MGSはまだトレイラーだけでした。
 

 
本日のメイン、NATAL (ナタル) あらため KINECT (キネクト) です。
このメディア・ブリーフィングは全部で1時間半のセッションでしたが、
半分以上がこのKINECTを使った紹介に充てられました。
 

 
ビデオチャットが「ヘッドセットなしで自然に」できるということを
強調するシーン。両者の中間にビデオ再生画面を出して、
映画を見ながらおしゃべりする場面などもありました。
 



 
KINECTを使った特徴的なソフトの紹介が続きます。
画面上の動物をなでたりして触れ合えるという 「KINECTIMALS」
東京フレンドパークみたいに迫り来る画面に対応してジャンプしたり
ジェスチャしたりしてくりあしていく 「KINECT ADVENTURES!」
指定されたダンスアクションをこなしていくとそのとおりに
キャラクタが動く 「DANCE CENTRL」 などなど。
 

 
Turn10 も登場したのですが、巷で噂されたPGR5ではなく、
なんと Forza3ベース のKINECTデモを引っさげて登場。
カメラの前で伸び上がって覗き込むような動作をすると
車内が見えるようになったり、ハンドルを回すしぐさをするだけで
レースができたりといった内容でした。
 
Forza3のロゴマークが表示され、しかも「2011」という年まで
大きく表示されたのですが、これはどう解釈すればよいのでしょうか。。
まさかForza3がアップデートだけでKINECT対応になる、とはちょっと
考えづらいのですが、何か別のエディションが用意されるのかもしれません。
 

 
最後は小型化された 新型Xbox360 の発表。250GBのHDDと802.11n無線LANを
標準搭載して本体サイズはふた周りくらい小さくなっています。米国では
299ドル で今週から店頭に並びます。日本では少し遅れて 6/24 とのことです。
 
全体的に見ると今回のMSは 「KINECTプッシュ」 という大方針があって、
KINECTの持つ体感ゲーム的な要素に惹かれない方からすると
ちょっと物足りないセッションになったかもしれません。
KINECTを楽しそうにプレイしている姿というのはやはりWiiと同じく、
 
 広いリビングで家族みんなでプレイする
 
というシーンになります。Xbox360はWiiより高性能なKINECTを擁して、
しかしWiiから3年遅れてこの分野を取りに行くということになり、
一方で、こうしたシーンが日常生活から想像できない層にとっては、
ちょっと肩透かしの感があったかもしれません。
 
それはそれとして、新型本体にはとても興味があるのですが、
これだけサイズが変わると、少なくとも HDD形状 が互換である可能性は
なさそうです。既存のユーザが買い換えるときには 転送ケーブル
移行することになると思いますが、飛びつく場合にはその転送が
ちゃんとできるというところだけは先に確認しておきたいですね。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2010/06/12 23:59


« 表示テストを兼ねて Google Chrome をお試し中。

トップに戻る

新型Xbox360へのデータ転送は従来と同様、HDDデータ転送ケーブルで可能らしい »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks