Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/06/05 23:59 - 2010/06/05

指が「2010」を覚えるまで何ヶ月も掛かった、というお話

カテゴリ : 雑談 タグ :

    年が明けてから、1月~2月頃までに掛けてずっと「あること」が
    気になって仕方が無い期間が続いていました。
     
     「2010」という数字がすんなりキー入力できない
     
    という問題です。いや、もちろん入力はできるのですが、
    ついクセで 「200..」 とキーを叩いてしまいます。
     
    2001年から2009年までの9年間、「2」のあとはずっと
    「0」×2つでした。10年間近く慣れ親しんだこの 「00」
    なかかな指から離れることはなく、暫く200まで打ったところで
    「あ、違う違う・・・」とBackSpaceを叩いて2010に打ち直す
    ということが続いていました。
     
    これがようやく慣れて普通に「2010」と叩けるようになったのが、
    最近、たしか 4月に入ったあたり からです。人間の習慣というのは
    恐ろしいものだと思います。そういえば1999年から2000年になった
    ときにも全く同じような経験をしたことを覚えています。
     
     「西暦というのはまず『19』から始まるものだ」
     
    というのは、生まれたときからの長い習慣でした。パソコンのキーボードの
    タッチタイピングに限って言えば私が習得したのは1994年頃ですので
    それから約6年間ですが、「199」 の呪縛はかなり強烈だったことを覚えています。
     
    もうちょっと言うと、「199x」というのは「9」が2つ続く部分が打ちやすく、
    「200x」というのもその意味では同様でした。今年「2010」になって
     
     20年ぶりに連続する数字がなくなりましたが、
     
    それでも 左手、右手と交互に 打つ形式になって右手を常に「0」に
    固定できるところはまだリズムとして救いがあるパターンです。
     
    「2011」はきっと「11」のところでリズムを取ることになるのでしょう。
    でも「2012」は連続数字もなく、指も交互ではなくなるため、かなり
    リズムが取りにくくなりそうな気がします。「2013」にもなると、
     
     1987年以来、なんと25年ぶりに
     
    西暦から同じ数字が1つもなくなるワケです。
     
    どうでもいいことの様に思えるかもしれませんが、実際に毎日キーを
    叩いていると、「指が止まる」 のが凄く気になって仕方ありません。
    今年「2010」は、その期間が妙に長かった年でありました。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2010/06/05 23:59


    « TECの格安HDMI分配器「THDSP12」を試す - 若干相性にシビアなのか・・?

    トップに戻る

    iPadを”窮屈”に思うボクらが意識させられる「立ち位置」のコト »



    ▼ コメント ▼

    No.29955   投稿者 : 通行人1   2010年6月 9日 15:47

    ついコメントを残してしまいたくなるほど同感です。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks