Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/02/23 23:59 - 2010/02/23

暗所性能一斉比較! Xacti SH11、HD2000、CG65、HDR-TG5V 期待のSH11は劣勢?!


■2010/01/08 [CESでXacti新モデル(北米仕様)発表! サイズのVPC-CS1、画質のVPC-SH1]
■2010/01/25 [Xacti DMX-SH11 国内でも発表キタ! ワイド端35mm~に期待]
■2010/02/20 [Xacti DMX-SH11 の予備バッテリ(DB-L90)、充電器(VAR-L90)は品薄? 出荷遅れ?]
■2010/02/21 [届いたぞ!コンパクト横型ムービー Xacti DMX-SH11 - まずは恒例の写真館から]
■2010/02/22 [Xacti DMX-SH11 でテスト撮影 - 画質は期待よりは苦しい?]
 
Xacti DMX-SH11 の撮影テスト、続けていってみましょう。
 
暗所テストの前に、前回の撮影が「曇り」「早朝」「市街」という
ちょっと難易度の高い環境だったこともあって、もうちょっと難易度の
低いシーンを撮ってみようと思ったのが以下のサンプルです。
「曇り」は同じですが、「昼間」の「動物接写」 のサンプルになります。
 
■屋外テスト Xacti SH11 1920x1080, 16Mbps, 60i
オリジナルデータ ⇒ xacti_sh11_dogtest.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


これはワリと綺麗に撮れています。細部が気になるという方も
いらっしゃるかもしれませんが、一般にはこの画質でダメ出しを
される方はそんなにはいないかと思います。
 
ということで、「明るさが十分の屋外」 ではXactiは期待どおりの
パフォーマンスを発揮するという点ではSH11も変わらないことは確認できました。
 
 
それではお待ちかね、その真逆となるシーン、
 
 「暗所撮影比較」にいってみましょう!
 
ここデジ埋でいう「暗所」というのは、本当に暗闇という意味ではなくて、
ちょっと暗めの室内の一角 にカメラを向けるというレベルのものです。
 
人間の目はちょっとした暗さにもすぐ順応できますが、カメラというのは
意外と暗所に弱いものです。室内で撮影するときに鮮明な絵が撮れるか、
それともちょっと暗く寂しい絵になってしまうのか、というのは、
いわばポケットムービーの生命線です。
 
今回比較用に準備したのは、以下の4機種です。
 1、SANYO Xacti DMX-SH11
 2、SANYO Xacti DMX-HD2000
 3、SANYO Xacti DMX-CG65
 4、Sony HDR-TG5V
 
なお、それぞれオリジナルmp4(.zip)ファイルと、Webブラウザ上でそのまま再生できる
.flvがありますが、.flvは2度のエンコードを挟んで小さくしてあるものですので、
画質そのものの判断についてはオリジナルデータのほうでご確認ください。
 
 
==========
 
最初は今回の新製品、SH11からいってみましょう。
 
■暗所テスト Xacti SH11 1920x1080, 16Mbps, 60i, ISO=AUTO
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_sh11_auto.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


これがオートモードで撮影した際の明るさです。
明るさそのものは悪くはありませんが、そのぶんノイズの多さが
目立つというか、絵作りが少し厳しいことになっています。
 
その理由は以下のサンプルで判明します。
それぞれ ISO=100、ISO=200、ISO=400 で固定したときのサンプルです。
 
■暗所テスト Xacti SH11 1920x1080, 16Mbps, 60i, ISO=100
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_sh11_iso100.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


■暗所テスト Xacti SH11 1920x1080, 16Mbps, 60i, ISO=200
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_sh11_iso200.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


■暗所テスト Xacti SH11 1920x1080, 16Mbps, 60i, ISO=400
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_sh11_iso400.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


過去のXacti暗所比較テストをご覧になったことがある方は気が付かれた
かもしれませんが、今までの暗所比較テストでは、ISOオートというのは、
ISO固定のどれかとほとんど一緒になっていました。ところが今回は、
一番明るいISO=400よりもオートのほうが はっきり明るくなっています。
 
ということは、オートの基準を満たす明るさがISO=400でも捉えきれず、
それ以上(ISO=800?)の感度アップ を強いられているということです。
それが絵作り(ノイズ)にもおのずと影響を与えてしまうということになります。
 
これが比較としてどのくらいの評価になるのか、ということで、
HD2000、TG5V、CG65のサンプルをみていきましょう。
 
==========
 
まずはHD2000から。
 
■暗所テスト Xacti HD2000 1920x1080, 24Mbps, 60p, ISO=AUTO
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_hd2000_auto.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


HD2000のオートは、この環境では明るさでいえば ISO=400 のときと
近い状態になっています。ただ、以下のサンプルで見るとわかるとおり、
ISO=100、ISO=200、ISO=400、いずれのときも暗さの中でしっかり対象を
捉えており、絵作りが破綻することがほとんどありません。この暗さだと
ノイズの量を考えればISO=100でも十分実用に足るといえるくらいです。
 
■暗所テスト Xacti HD2000 1920x1080, 24Mbps, 60p, ISO=100
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_hd2000_iso100.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


■暗所テスト Xacti HD2000 1920x1080, 24Mbps, 60p, ISO=200
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_hd2000_iso200.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


■暗所テスト Xacti HD2000 1920x1080, 24Mbps, 60p, ISO=400
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_hd2000_iso400.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


==========
 
続いてSD画質時代に 暗所性能で栄華を 極めた(?)CG65です。
 
■暗所テスト Xacti CG65 640x480, 3Mbps, 30p, ISO=AUTO
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_cg65_auto.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


オートは ISO=200 と同じくらい。SD画質であることもさることながら、
元々ちょっと暗所では明るさが出すぎて ノイズが多い機種 ではあります。
ISO=400になるとそこまでするなといわんばかりに明るいのですが、
やはりノイズが激しくなりますので、ISO=200くらいまでが精一杯でしょう。
 
■暗所テスト Xacti CG65 640x480, 3Mbps, 30p, ISO=100
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_cg65_iso100.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


■暗所テスト Xacti CG65 640x480, 3Mbps, 30p, ISO=200
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_cg65_iso200.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


■暗所テスト Xacti CG65 640x480, 3Mbps, 30p, ISO=400
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_xacti_cg65_iso400.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


==========
 
最後はハンディカムHDR-TG5Vです。
以前もご紹介しましたが、TG5Vには 「ISO固定」という概念 がありません。
そこで、明るさ調整を「オート」「-2」「+2」の3種類で撮影してみました。
 
■暗所テスト HDR-TG5V 1920x1080, 16Mbps, 60i, 明るさ=AUTO
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_hdr-tg5v_brightness2.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


綺麗さでいえばやはりオートが、明るさもそれなりで絵も破綻が少ない
感じになります。HD2000のオートに比べると若干暗さがありますが、
これを明るさ「+2」まで上げていくとノイズも増えていきますので、
やはりこれくらいが妥当なセンといえるでしょう。
 
■暗所テスト HDR-TG5V 1920x1080, 16Mbps, 60i, 明るさ=-2
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_hdr-tg5v_brightness1.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


■暗所テスト HDR-TG5V 1920x1080, 16Mbps, 60i, 明るさ=+2
オリジナルデータ ⇒ isotest20100223_hdr-tg5v_brightness3.zip (130MB)

Get the Flash Player to see this player.


==========
 
 
ざっと4機種15サンプルをご覧頂きましたが、CG65はさておくとして、
今回の新型であるSH11と、HD2000、TG5Vを比較した場合、
やはり 劣勢 といわざるを得ない結果となりました。
 
何度も繰り返しになりますが、HD2000、TG5Vはそれぞれ新製品の時は
10万円していた機種 ですので、5万円付近のSH11がいきなり並んで比較
されることのほうが酷だといえば酷です。ただ、HD2000の一年後に発売され、
一応でも今回の ラインナップとしては最上位 に位置するSH11ですので、
もうちょっと頑張れるかと思っていた節はありました。
実際にはその期待にはちょっと届かなかったということになります。
 
SH11はすでに5万円を切ったお値段になっていますので、コストパフォーマンス
という意味で評価するのはアリかもしれません。ただ、実はHD2000が暴落して
いてすでに 4万円を切って いることもあるという現実もあります。HD2000に対する
SH11のアドバンテージは30倍ズームくらいですので、あと多少HD2000のほうが
大きくて重いとはいえ、両者の差をどう考えるかは悩みどころです。
 
一方、暗所性能だけ見ればHD2000に一歩およばないように見えるTG5Vですが、
Xacti全般に見られる 手ぶれ補正、AF追従 といった部分の弱点がTG5Vでは
見られません。クセがなく誰でも無難に使えるという意味では、
私の中ではトータル評価としてはまだTG5Vのほうが上という気がしています。
(そのぶん値下がりもしなくてまだ7~8万円くらいはする機種ではありますが・・・。)

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2010/02/23 23:59


« Xacti DMX-SH11 でテスト撮影 - 画質は期待よりは苦しい?

トップに戻る

画角の広さがウリ! Xacti DMX-SH11 のワイド端(35mm~)の広さを比較検証 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks