Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/02/13 23:59 - 2010/02/13

”あの人”もちょっと不満? bloggie MHS-PM5K の360レンズの解像度

カテゴリ : デジカメ タグ :

    ■2010/02/08 [Sonyの低価格HDムービーカメラ「bloggie」、360度カメラは擬似多視点撮影?]
    ■2010/02/09 [360度レンズが売りのHDスナップ「bloggie MHS-PM5K」到着! まずは写真館から]
    ■2010/02/10 [bloggie MHS-PM5K 試し撮り - 360度レンズは縦180px以下のおまけ画質・・・]
     

     
    先日の記事では、bloggie MHS-PM5K の360度レンズ撮影 について、
    360レンズを擬似多視点撮影のように使って、
    必要な部分をあとから編集で切り出して繋げれば面白いことになるのではないか、
    というお話をしたのですが、残念ながらこの解像度では その野望も画餅に帰す
    としか言いようがありません。この画質では360レンズの評価はどうしても、
     
     ちょっと面白い映像が撮れるけど、面白おまけ機能の域を出ない
     
    という感じがします。将来この機能が進化して、せめて480pくらいの
    しっかりした画質が出せるようになれば、と願って止みません。。。

    というお話をしましたが、その後、ネットでの評判をいろいろ探して
    いたところ、思ったより 「面白いねコレ」 的な話題で埋まっていて、
     
     あれ・・ これでいいの? 自分が変な期待をしすぎなの?
     それとも何か見落としでもしているの?
     
    という感じで、実はちょっと不安になっていたりしました。
    そんなワケでその後の評判もいろいろウォッチしていたのですが、
    やっと自分と同じ意見の方が見つかったと思ったら、
     
     
     それはかの 伊集院光さんのtwitter でした。
     
     
    ■伊集院光 (HikaruIjuin) on Twitter
    http://twitter.com/HikaruIjuin
    すごく期待して買いましたが、その機能は期待外れもいいところでした。本体は悪くないけど、360度ははっきりいっておもちゃ以下。RT @your6_6only この360ビデオって面白い。360度のパノラマで、しかもムービー @HikaruIjuin さんとか既に使って実験してそう
    http://twitter.com/HikaruIjuin/status/9182821053

    有効画素数と記録のシステムを考えれば、画質は推して知るべしなんでしょうけど、期待しすぎました。いつか出ませんかね、せめてSD画質くらいで見られる、後からカメラを振れる360度映像記録システム。RT @your6_6only: でも、360度動画には期待するな!ってことですね
    http://twitter.com/HikaruIjuin/status/9183200462

     
    おお、がっかり感だけでなくて、本来期待していたモノ
    (せめてSD画質くらいで)まで同じでしたのでちょっとホッとしました。
     
     
    先日の記事でも書いたのですが、このMHS-PM5Kの360度レンズは
    720pの映像の 中心部分に円形の映像を記録 して、
    それを伸張して元の映像を復元します。

    Get the Flash Player to see this player.


    つまり、元々の垂直解像度が720ラインあるとしたら、
    ドーナツ状になっている1辺、というか 半径の部分はその半分以下
    せいぜい300ライン以下くらいしか取れないことになります。
     
    さらに、一番中心は文字通り300ライン取れるかもしれませんが、
    垂直からずれた角度の部分になれば、斜めのドット から垂直方向への
    ドットへの変換が起こるわけで、実解像度はもっと下がります。
     
    さらにさらに、水平方向はもっと悲惨で、外周部 は十分なドット数が
    取れますが、内周部 はほとんどドットがありません。ここでも
    普通に平面で記録した映像とは雲泥の差が出てきます。
     
    先の記事で 「320x180でも持て余すくらいの低画質」 というお話を
    したのも、こうした事情を踏まえればお分かりいただけることと思います。
     
     
    ところで、ほかに同じような360度レンズが市販化されて
    いないかなと思ってちょっと調べてみたのですが、たとえば
    グローバルシステム というところからこんなものが出ています。
     
    ■Home360 360度パノラマレンズ パノラマムービー
    http://www.home360.co.jp/
     
    98,000円 ですか・・・。
     
    それでも出来上がった映像はやはり 200pくらい で、180pでも持て余している
    MHS-PM5Kと比べれば良いほうですが、480pはまだ夢のまた夢という印象です。
     
     
    この点では実は 静止画 のほうがずっと進んでいるのですが、
    その理由は解像度の扱いにありそうです。
     
    静止画は高画質=解像度の増加という図式が成り立ち
    (増えればよいというものでもありませんが)、
    たとえば 縦3000ライン といった画像を作る需要はあちこちにあります。
    そういうデバイスが前提であれば、そこから 縦800ラインのパノラマ画像
    キレイに作り出すことはそこまで無茶な注文ではありません。
     
    一方、動画は基本的に 「解像度が固定」 の世界です。
    その時代々々で主流となっている 最高解像度(今なら1080p) 以上の
    縦解像度があっても宝の持ち腐れになりますから、撮影時のリソースの配分も、
    「撮像素子をむやみに切り刻むより、必要画素数を確保したらあとは
    1素子あたりの質 を上げる」という方向に向いていきます。
     
    従って、良いムービーカメラを作ろうとすればするほど、
    余分な数の素子は持っていないということになります。
    言い換えればパノラマの素材を記録する映像の解像度上限が
    せいぜい1080ライン になってしまい、それを半分以下に切り刻む
    ことでしか映像を作り出せないということです。
     
    たとえば、2160p等の誰得な映像 を記録できるムービーカメラがあれば、
    それを元にキレイな480pのパノラマ映像が作り出せるかもしれません。
    が、そこまで倍プッシュを頑張って、得られる成果がパノラマだけ、
    というのも何か虚しいものです。「そういうのは業務用でやってね」
    というのも言い分としては正しいのでしょう。。。
     
    そんな感じで、パノラマで擬似多視点を実現して楽しむというのは、
    まだまだハードルが高いということは分かってきました。
    360度レンズの使い道は、そうした「しっかり撮って残す」系の
    使い方ではなく、しばらくは「面白い映像を撮って グリグリして遊ぶ
    系の使い方になるのではないかと思われます。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2010/02/13 23:59


    « 再び「玄蔵Duo」がエラーで認識外・・・原因は玄蔵Duoとは限らない?

    トップに戻る

    LGの新型液晶 W2340V は”ライブセンサー”廃止! 使い勝手を重視 »



    ▼ コメント ▼

    No.29912   投稿者 : ef   2010年5月14日 21:24

    このレンズで動画は撮るなら、フィルムの方が向いているかもしれません。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks