Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/01/04 23:59 - 2010/01/04

SDHC化した「Eye-Fi Pro X2」、エンドレスメモリー機能も搭載

カテゴリ : メモリ タグ :

■アイファイジャパン、自動削除とRAW対応の「Eye-Fi Pro X2」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100106_340729.html
■容量8GB・11n対応の新Eye-Fi Pro X2発表、エンドレスモード機能付き
http://japanese.engadget.com/2010/01/05/eye-fi-pro-x2/
 
撮った写真を無線LANで自動転送できるSDカード「Eye-Fi」の
最新バージョンがCESでお披露目になるそうです。
新バージョンの名称は 「Eye-Fi Pro X2」
日本でも今春発売であることが日本法人の
アイファイジャパンから発表になりました。
 
Eye-Fi Pro X2 では主に以下の点が強化されています。
 
・容量を 8GB にアップ
SDHC 化し、Class 6 に対応
802.11n 対応 (802.11g/bももちろん対応)
「エンドレスメモリー」 機能
 (転送済みデータを自動削除して容量を確保)
 
個人的には容量アップ、SDHC Class6化、802.11n対応というコンボが
動画での使用に耐えうるかどうかという意味で非常に興味深いと
思っているのですが、巷の話題は最後の「エンドレスメモリー」機能
のほうに向いているようです。
 
エンドレスメモリー機能を搭載した8GBカードなので、
 
 とりあえず俗称は「Eye-Fi エンドレスエイト」
 
ということで(やめれ)
 
エンドレスメモリー機能とは、Eye-Fiが母艦であるEye-Fi Managerと
データ転送で通信する際に、どの写真が転送済みなのかの情報を貰って、
Eye-Fiカード側で自動削除 して容量を空けることによって、自分で
フォーマットなどをしなくても容量が一杯になることがないという機能です。
 
実際にはどんなタイミングでデータが自動消去されるのかというのが
気になるところなのですが、ニュースリリースにはこう書いてありました。
 
When the card reaches the user's pre-determined amount of space used, it will remove files that have been safely uploaded, beginning with the oldest
つまり、8GBのうちユーザ設定で 「6GBになったら消す」 としておけば、
撮影していって6GBを超えてから初めて通信する段階で転送済みデータを
整理するという形です。つまり今まで正常な通信ができれいればその時点で
カード内にある6GBのデータは全て転送済みなハズですから、6GBに到達した時点で
全て空になってまた6GBになるまでは貯め続ける、という感じになるようですね。
 
元々Eye-Fiは個々のデータに一意の 内部識別ID のようなものを持っているようで
(おそらくタイムスタンプ/ファイル名/バイト数などから識別)
転送済みのデータは再送しないというロジックが入っていますから、
こうして転送済みのデータだけ確実に狙って削除するという処理は
いわばその延長で簡単に実装できるものなのだと思います。
 
もちろんこの「エンドレスメモリー」機能はオプションになっていて、
使う/使わないはユーザで選択できるようです。
 
なお、ちょっと話は戻りますが、Eye-Fi Pro X2 の機能を見回してみると
こんな記載もありました。
 
The Eye-Fi Pro X2 wirelessly uploads JPEG and RAW images and videos from the camera to computer and one of 25 online photo and video sharing sites, such as Flickr, Picasa or Facebook.
RAWモード の写真データにも対応しているという記載です。
これ、実は Eye-Fi には 「Eye-Fi Pro」 というRAWモード対応の
バージョンが存在していて、米国では発売されたもの日本では
発売未定のまま終わってしまったという経緯があります。
 
ということは、日本に限って言えば、RAWモード対応Eye-Fiは
初お目見え ということになるのではないかと思うのですが、
だとするとこれはこれでそれなりに注目のトピックと言えるでしょう。
 
他にも消費電力との関係など色々気になるところはあります。
発売日はまた「今春」としか発表されていませんが、
注目して待ちたいところです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | メモリ | | 2010/01/04 23:59


« 月が出ている、冬の朝

トップに戻る

東芝のVARDIA Blu-rayドライブ搭載は間もなく? CESで方針発表 »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks