Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/01/08 23:59 - 2010/01/08

CESでXacti新モデル(北米仕様)発表! サイズのVPC-CS1、画質のVPC-SH1

カテゴリ : デジカメ タグ :

■【CES】三洋、フルHD対応で薄くなった新Xactiを発表
-縦型が299ドル。タッチ操作のボイスレコーダも
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100108_341362.html
 
CESでXactiの新型が発表されました。
縦型で小型モデルの 「VPC-CS1」 が299ドル、
横型で大きめのモデル 「VPC-SH1」 が399ドルです。
 
最大解像度が フルHD(60i) になったほか、主な仕様は
それぞれアドバンストズーム10倍、30倍、重量が約142g、
約204gなど、大まかなスペックは記されていますが、
もうちょっと細かいスペックがないかと思っていたところ、
海外サイトでは既に 詳細スペック表 が公開されていました。
 
■SANYO VPC-CS1 Specifications (pdf)
http://us.sanyo.com/Dynamic/DocumentsManager/CamerasCamcorders/SANYO_VPC_\
CS1_Specifications.pdf

 
■SANYO VPC-SH1 Specifications (pdf)
http://us.sanyo.com/Dynamic/DocumentsManager/CamerasCamcorders/SANYO_VPC_\
SH1_Specifications.pdf

 
主だったところを、従来機種の最新モデルであるCG11と
HD2000を対象に比べてみることにしましょう。
 
==================================================
型番
 ○VPC-CS1
 ○VPC-SH1
 ・DMX-CG11 (参考)
 ・DMX-HD2000 (参考)
 
有効画素数
 ○280万画素(HD)/330万画素(SD)
 ○350万画素(HD)/400万画素(SD)
 ・828万画素(HD)/1000万画素(SD)
 ・531万画素(HD)/200万画素(SD)

撮像素子
 ○1/5インチ CMOS 340万画素
 ○1/3.6インチCMOS 430万画素
 ・1/2.33インチCMOS 1066万画素
 ・1/2.5インチCMOS 810万画素
 
記録画素数(ムービー)
 ○1920×1080/60i (16Mbps)
  1920×1080/30p (12Mbps)
  1280×720/60p (12Mbps)
  1280×720/30p (9Mbps)
  960×540/30p (24Mbps)
  640×480/30p (3Mbps)
 
 ○1920×1080/60i (16Mbps)
  1920×1080/30p (12Mbps)
  1280×720/60p (12Mbps)
  1280×720/30p (9Mbps)
  960×540/30p (24Mbps)
  640×480/30p (3Mbps)
 
 ・1280×720/30p (9Mbps)
  640×480/60p (6Mbps)
  640×480/30p (3Mbps)
 
 ・1920×1080/60p (24Mbps)
  1920×1080/60i (16Mbps)
  1920×1080/30p (12Mbps)
  1280×720/30p (9Mbps)
  640×480/30p (3Mbps)
 
ズーム/レンズ
 ○光学9倍(アドバンスト10倍)
  f=38-380mm (35mm換算)
  F=2.8(W) - 3.0(T)
 ○光学23倍(アドバンスト30倍)
  f=35-1050mm (35mm換算)
  F=3.5(W) - 4.1(T)
 ・光学5倍
  f=38-190mm (35mm換算)
  F=3.5(W) - 3.7(T)
 ・光学10倍(アドバンスト16倍)
  f=44.4-710mm (35mm換算)
  F=1.8(W) - 2.5(T)
 
最低被写体照度
 ○15ルクス (4ルクス)
 ○10ルクス (4ルクス)
 ・16ルクス (4ルクス)
 ・6ルクス (2ルクス)
 
連続撮影時間
 ○約60分
 ○約120分
 ・約70分 (実撮影 約40分)
 ・約135分 (実撮影 約80分)
 
サイズ
 ○124.5×63.5×26.9(mm), 126cc
 ○116.8×58.4×40.6(mm), 190cc
 ・112.8×72.0×38.0(mm), 167cc
 ・112.6×90.0×54.5(mm), 272cc
 
質量
 ○約142g (159g)
 ○約204g (235g)
 ・約173g (190g)
 ・約268g (311g)
 
==================================================
 
気になる点はいくつかあります。
 
まず、CS1では CMOSのサイズ がCG11の半分以下になっていること。
これは例えばHDR-TG5Vなどでも1/5インチだったりしますので
一概に大きさだけでどうこうは言えないのですが、
ちょっと気になる部分ではあります。
 
それから、ズームについてはCS1が光学9倍、アドバンスト10倍、
SH1については光学23倍、アドバンスト30倍となっていて、
有効画素が多いぶんSH1は 多くのアドバンストズーム部分
持っていることがわかります。
 
レンズの明るさという意味ではCS1がF=2.8~3.0、それに比べて
SH1はF=3.5~4.1と若干暗めです。ただ、最低被写体照度は
CS1は15ルクス、SH1は10ルクス と、暗所性能ではSH1に分がある
ように見えます。しかしこのあたりの性能を見るとHD2000の
数字が際立ちますね・・・(でかいですが)。
 
続いてズームのワイド端、つまり広角側の広さですが、
CS1は従来どおり38mmからなのに対して、SH1は35mmから
かなり広がっています。過去のXactiで動画のワイド端が35mm
というのは最広角なのではないかと思います。
こういう部分は室内撮影などで威力を発揮するでしょう。
 
最後に連続撮影時間ですが、CS1の60分 というのはCG11の70分より
さらに短くなっています。これはバッテリとしては同じDB-L80を
使いつつ、フルHD撮影をした際の時間となっていますので、
そのぶんキツイということなのでしょう。
 
 
こうしてスペックを見回してみると、CS1はやはり299ドルという価格
が示すとおり、CG11の純粋な後継 という色が濃く、小さくて安く、
でもそれなりに使えるというセンを狙っている機種といえます。
10倍ズームとフルHD(ただし60i)というのは目に見えて分かる利点ですので、
その意味では正統進化をしているといえるでしょう。
 
SH1はそれより高画質狙いですが、それでもHD2000やFH1のような
ハイエンドと比べるような機種ではなく、あくまでCS1の上位版 という
印象です。それでもHD2000などと比べるとハッキリと小さい筐体を
していますので、バランスは取れているといえるかもしれません。
 
日本国内での発売は正式には発表されていませんが、発売予定は
あるとのことですので、まずは正式な発表を待ちたいと思います。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2010/01/08 23:59


« あまとも通信 - FinePix F200 EXR が値下がり

トップに戻る

Amazonが全商品対象の送料無料キャンペーン - マケプレとの見分け方のおさらい »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.29575   投稿者 : Xz   2010年1月14日 10:08

明日


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks