Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2010/01/13 23:59 - 2010/01/13

Amazon直販(=送料無料キャンペーン)で買えるラーメンのお話

カテゴリ : 雑談 タグ :

    昨年10月頃、ちょっと気まぐれに ラーメンを注文 してみたことがありました。
    どこだかでもらったお中元のラーメンがおいしかったとかで製造会社を
    控えておいたことがあったのですが、そこのラーメン(藤原製麺)を
    楽天で探して みたところあっさりと見つかったので勢いで注文してしまった感じです。
     
    モノはというと、こんなのでした。非常においしかったです。
     
    ■北海道物産展の「北の森ガーデン」
    北海道旭川 『旭川生ラーメン 【ギフトセット】』

    ふじの華 本場旭川旭川生ラーメン 【ギフトセット】
    北海道物産展の「北の森ガーデン」
    北海道旭川 『旭川生ラーメン 【ギフトセット】』 旭川専門店ガラ味スープ!! 厳寒の街、旭川で造られ..

    生ラーメンで 16食入りで3,675円 です。1食あたりにすると 230円 という
    換算になります。生ということで 60日という賞味期限 が付いていて、
    じつは60日で16食を消費するのはなかなか大変だったのではありますが、
    それだけのことはあったという感じがします。
     
    ただ、このとき1つ大きな問題がありました。「送料」です
     
    ネット通販では避けて通れない道ですが、当然ながら送料が掛かります。
    ここでは800円でした。すると、
     
     3,675円+送料800円=4,475円 (1食あたり280円)
     
    ということで、1食あたりのお値段は跳ね上がってしまいます。
    これが食品に於けるネット通販の最大のネックでしょう。
    お値段そのものには納得できるんだけど、送料のために躊躇する、
    というケースは多くの方が遭遇していると思います。
     
    で、そういえば3/31までAmazonで 全カテゴリ送料無料キャンペーン
    だったな、と思い出しました。Amazonの食品コーナーでこういうラーメンは
    扱っていないのだろうかと思って検索したところ、

    ありました! こんなのが! (倒置法)
     
    生ラーメンではなくてもうちょっとお安い感じの 「低温熟成乾燥麺」 ですが、
    というかまぁ即席麺なのですが、たまたま上の商品と同じ藤原製麺です。
    1,680円で12袋入り ですので 1食あたり140円 の換算になります。
    もしこれが送料800円だったとしたら合計2,480円、1食あたり206円 にまで
    跳ね上がってしまうことを考えると、送料無料がいかに偉大かが分かるでしょう。
     
    ということで、とりあえず1つ注文してみることにしました。
     
    他のもあるかなと思って色々調べてみたのですが、Amazon直販のものだと
    カップめんのような保存が利くものがほとんどで、生麺っぽいものは
    ほとんど扱っていませんでした。見つかったと思ったらほとんどが
    マーケットプレイス出品 のものばかりです。
     
    ここで先日の「送料無料キャンペーン対象商品の見分け方」を
    思い出して頂ければと思いますが、
     
    ■2010/01/09 [Amazonが全商品対象の送料無料キャンペーン - マケプレとの見分け方のおさらい]
     
    今回の送料無料キャンペーンはあくまでAmazon直販のものか、
    Amazonに発送委託しているものに限られていて、マーケットプレイス出品
    の商品のほとんどは対象外 (=送料が掛かる) ことになっています。
    そのため、Amazonでもやはりこの手の食品を納得価格で手に入れたい方は
    送料との兼ね合いを十二分に注意する必要があるでしょう。
     
    Amazon直販=Amazonで在庫を持つということになりますから、
    通常は 日持ちしないもの はあまり扱いたくないはずです。
    上で見つけた、「【Amazon.co.jp限定】(お徳用ボックス) ラーメン
    バラエティアソートセット」は、よくよく見ると、
    日持ちがして、手鍋1つで簡単調理ができて、生ラーメンに近い味を再現した、新タイプの即席ラーメンです。
    ということで、扱いとしては普通の即席麺ということになっているようです。
    やはり「ご当地ものの生麺セット」みたいなものは扱えないということですね。
     
    送料無料だと思うと食品もネットでどんどん注文できそうな気分なのですが、
    現実はなかなかそうもいかないようです。Amazonの中で送料無料の対象品に
    なっている食品を探してみるのも面白いかもしれませんね。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2010/01/13 23:59


    « Xacti DMX-CS1が正式発表 - って、VPC-SH1は国内発売予定なし!!?

    トップに戻る

    あまとも通信 - Xacti HD2000が4万円付近まで値下がり »



    ▼ コメント ▼

    No.29595   投稿者 : m   2010年1月20日 05:35

    なんで「寒干しラーメン」って書いてないんだろう?と思ったら、菊水(こちらも、旭川のラーメンやさん)の登録商標なのですね。

    カチカチの乾麺が、茹でると生麺のようになるのが、何回食べても不思議です。


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks