Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/10/05 23:59 - 2009/10/05

PSP go はUMD取り込みサポート無し! 当面は次世代への「布石」扱い?

カテゴリ : ゲーム タグ :

■2009/06/02 [UMDスロットを省いたDLソフト専用「PSP go」 - 流通との兼ね合いは?]
 
UMDドライブを持たず、ゲームソフトをダウンロード販売だけで
行うという野心的なゲーム機「PSP go」ですが、
 
 既に持っているUMDゲームソフトは
 
遊べるのかどうか、というのが1つの焦点になっていました。
北米・欧州では日本より1ヵ月早く10/1から発売されるPSP goですが、
その直前の9/28、SCEAから
 
 PSP goへのUMDゲームの取り込みは将来もサポートされない
 
という発表が行われました。
 
■ソニー、PSP goへの既存UMDの変換プログラムを見合わせ
http://japan.gamespot.com/news/story/0,3800076565,20400656,00.htm
「UMD変換プログラムの検討を続けていたが、法的および技術的な理由から、現時点でのプログラム提供は見送ることにした」とソニーの広報担当者はGameSpotに語った。
これは PSP go にとってはある意味「決定的」な決断で、
このUMD取り込みのサポートがなければ、既存のPSPユーザは
乗換えを躊躇する確率 が非常に高くなるでしょう。
 
すでに初代の発売から5年も経っているPSPは製品としての
寿命も峠を越えているわけで、そこにきて、今後の新規
購入者だけを相手にします、というのはほぼ、
 
 メインストリーム機になるのは諦めた
 
といえなくもありません。
 
理由として使われる「法的および技術的な理由」というのは、
理由が2つあるように見えますがおそらく根っこは同じところで、
 
 海賊版ソフト利用機能として悪用される
 
という懸念を完璧に取り除く方法が現時点では見出せなかった
ということなのだと思われます。
 
認証が完璧すぎるとたとえば 中古で買ったUMD だけ取り込めないなど、
利用者の常識と異なる線引きが生まれてしまったり、あるいは現物と
交換で取り込める、といった非現実的な手続きを介すことになったりと、
あちらを立てればこちらが立たず、という感じになります。
 
もし管理ソフト側に穴が見つかると、それこそ 公式のCFW を配っているのと
何ら変わらない状態になりかねません。そう考えると、現時点ではUMDの
取り込みを約束するのはリスクが高すぎるという判断も止む無しでしょう。
 
ただ、この発表をたとえ直前とはいえ、10/1の発売より前に
行ったというのは評価できるところです。というか、このUMD取り込み
サポートの有無があやふやなまま変に期待を持たせつつ PSP go を
売っていったら、あとで大きなトラブルを招いていた可能性もあります。
 
一方、1ヵ月遅れて11/1に発売予定の日本ですが、当然日本だけOK
といったことになるはずはなく、やはりUMDソフト取り込みを
見送るという公式発表がありました。
 
■SCE、「PSP go」でのUMDソフト対応を見送り
-権利処理等が問題。キャンペーンやPSN充実で対応
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091005_319675.html
しかし、「権利処理等の問題もあり、お手持ちのUMDタイトルをPSPgoでも遊べるようにするプログラム(施策)の導入は見送ることになった」という。
これでどうやら、「PSP go」はまだ見ぬ次世代機 「PSP2」への試金石
として、「ダウンロード専売の実験場」 という立場を与えられることが
確定的になってきました。ダウンロード販売をメインとするゲーム機を
どう運用していったらよいか、というノウハウを積むための投資として
この PSP go を位置づけるようになるという具合です。
 
もちろん、この PSP go を信じて購入する新規ユーザもいるわけですから、
ダウンロード販売をUMD販売よりおろそかにするといったことはできません。
ただ、ダウンロード販売の「規模」が当面は伸びなくても仕方がない、
という割り切りは必要になってくるでしょう。
 
流通経路の問題もさておき、ユーザの使い勝手という面においても、
ダウンロード販売(=メディアからの脱却)というのはある意味
理想的な環境ともいえます。何よりも、複数のゲームを持ち歩いて
ディスクの入れ替え無し で起動できるというのは大きなメリットです。
 
一方で、貸し借りができなくなる というのは、特に若年層に
とっては大きなデメリットになります。中古に売れないというのも
同様にデメリットの1つとして挙げられるでしょう。
 
PSP go はユーザ規模としてはメインストリームにはなれないかも
しれませんが、その動向には注目をしてみたいところです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | ゲーム | | 2009/10/05 23:59


« 三洋からeneloopの新型 - 繰り返し使用回数が1,000回⇒1,500回へ

トップに戻る

Sony渾身の超薄型ネットブック「VAIO X」は画面の大きい「type P」? »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks