Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/09/18 23:59 - 2009/09/18

HDMIキャプチャカード「Intensity Pro」を使って綺麗な1280×720動画を作る

カテゴリ : デジモノ タグ :

■2009/09/11 [HDキャプチャカード「INTENSITY Pro」・・・の前にLeadtekの薄型ビデオカード]
■2009/09/12 [HDキャプチャカード「Intensity Pro」 インストール右往左往!]
■2009/09/13 [やはり綺麗! Intensity Pro でXbox360の映像をHDMI経由で録画にトライ]
上述の映像は最終的に 512x288のflvに再変換 したものですので綺麗さはあまり感じられないとは思いますが、1280x720のまま残したいといった場合にはしっかりとクオリティを感じられるものと思います。
 
Intensity Pro によるHDMIキャプチャですが、前回のサンプルは
512×288ピクセル、500KbpsのFLVにエンコードしたものしか
お見せしていませんでしたので、いまいちピンと来なかった方も
多いかと思います。(しかもあれはVP6でもありませんでした)
 
そこで、今回はもうちょっとHDMIキャプチャの本領が発揮できるような
ケースではどのようになるのかというサンプルを録ってみます。
 
たとえば ニコニコ動画 にアップするときに一番綺麗に見えるのは
512×288ピクセルは変わらずで、コーデックをMEPG4/H.264にし、
ビットレートを限界の1Mbps付近まで近づけたものということになります。
 
私が最近好んで使っているのが映像800Kbps+音声128Kbpsという
組み合わせですが、それでやってみるとどうなるでしょうか。
 
Forza2 資料映像 Intensity Pro 録画テスト (HDMI 720p)

 
前半はプレイしながら録画、後半はリプレイ録画です。
 
1) Intensity Pro でXbox360のHDMI出力(720p)を直接キャプチャ
2) ふぬああ+Huffyuvsで可逆圧縮
3) TMPGEnc XPress4.0 で平均800Kbps(最大5Mbps)の
 512x288ピクセル MPEG4/H.264 にエンコード
 
という手順を踏んでいます。素の映像がちょっと淡白なため、
テレビ映像っぽい色合いにしたくて彩度とコントラストを若干UPしました。
 
・・・たしかに綺麗といえば綺麗です。が、それでも、それほど強烈な
インパクトを与えるほどの綺麗さではないようです。もうちょっといえば、
 
 512×288ならSD録画をソースにしても大して変わりない
 
というのが偽らざる印象です。私はいつもXbox360のゲーム映像を
S端子経由でHDDレコーダに録画 してそれをソースに使っていたのですが、
最終的な品質に「512×288の1Mbps以下」という制約がある状況では、
このHDDレコーダでの録画データをソースにしたものとIntensity Proの
HDMI直録画データをソースにしたものの間にそこまで大きな差を感じません。
 
編集作業中は逆に、Intensity Proの可逆圧縮形式のほうがデータがかさばって
使いにくいのは当然のことで、そうなると、ニコニコ動画が目的であれば
ここでのコダワリはあまり実を結ばないのかもしれません。
 
 
・・・と、それだけで終わってしまっては悲しすぎますので、
本領発揮できる例もご紹介しましょう。これは先ほどの手順(3)を、
解像度を 512×288 ⇒ 1280×720 に、映像ビットレートを
「平均800Kbps(最大5Mbps)」⇒「平均5Mbps (最大50Mbps)」に上げたのです。
 
■Forza2 資料映像 Intensity Pro 録画テスト (HDMI 720p)
http://ckworks.sakura.ne.jp/data/intensity_pro_test_full_5mbps.zip
(232MB, 1280×720, MPEG4/H.264, 5Mbps)
 
232MB もありますのでご注意ください。.zipを解凍すると.mp4になります。
一部を静止画だけ抜粋するとこんな感じになります。
 

 
赤のまわり(メーター棒など)は最近の映像の鬼門ですが、全体をみると
おおむねハイデフな映像がくっきりと残せていることが確認できます。
 

 
1280×720くらいの解像度になると、動きの少ないアニメなら2Mbpsくらいで
ギリギリ何とかなる感じがしますが、この映像のようにグリグリ動きっぱなし
のゲーム映像になると、2Mbpsでは綻びが目立ってしまいます。満足いく映像に
なるまでビットレートを上げていくと どうしても5Mbpsくらい になりますね。
 
これだと10分で400MB近い大きさになりますので、管理のしやす、その前段階の
編集のしにくさなども考慮に入れると、ちょっと悩みどころではあります。
 
最後にこの 1280×720, 5MbpsのMPEG/H.264映像をそのまま YouTube に上げてみました。
 
Forza2 資料映像 Intensity Pro 録画テスト (HDMI 720p)
http://www.youtube.com/watch?v=kcXvZtvp50U

デフォルトのままではSD画質になっていることが多いですので、
HD再生するにはYouTube側に行ってプレイヤーの右下の 「HD」というボタン
を押してみてください。(HDが有効になっているとボタンが赤くなります)
 
YouTubeは1280×720のHD映像を MPEG4/H.264 の 2Mbps で蓄積します。
じっくり見ると、先の5Mbpsの映像に比べると若干荒れているのが
分かるはずです。それでも512×288をターゲットにしていた最初の
ニコニコ動画のサンプルよりは高解像度なぶん綺麗に見えるはずです。
 
 
ということで、HD画質での編集をいろいろ試みましたが、
編集の手間が大きい(中間ファイルが巨大になる等)ことと、完成品として
残すファイルも巨大にしないとメリットが出てこない、等の点を考えると、
使う人によっては 「ちょっと手に余る」 機材という印象も出てくるでしょう。
 
Intensity Pro によるHDMIキャプチャは仕組みとしてはたしかに魅力的ですが、
その魅力を使い倒せる「体制」が使う人(と環境)の側にあるのかどうか
というあたりも、あらかじめ考えておいたほうがよさそうです。
 
ちなみにForza2のプレイヤーの中には、Intensity Pro を「録画」ではなく、
 
 ペイント時のツールとして「プレビュー」だけ使う
 
という方もいらっしゃいます。この場合はおそらくCPUリソースも
ディスク容量もそれほど使わずにメリットを享受できるはずです。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2009/09/18 23:59


« あまとも通信 - Xacti HD2000が大幅値下げで5万円ジャスト!

トップに戻る

Groovy「UD-500SA」 - SATAとIDEのHDDを接続できるUSBケーブルを”発掘” »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

No.29302   投稿者 : western   2009年9月25日 03:10

せっかくIntencity Pro導入されたんでしたら、ニコニコ動画への投稿を800x450(16:9の場合)で行われてみてはどうですか?
ニコニコ動画は非公式ながらMP4投稿では800x600(4:3の場合)までの解像度を受け付けています。

もちろんウィンドウモードのブラウザで再生した場合、800x600で投稿したものも512x384に縮小されて再生されるので、画面全体がちぢむっていうか、字なんかはつぶれてしまいますが。
そこはコメントに「800x450で投稿していますので全画面でご覧ください」と書いておくと、全画面で見てもらうことでSDキャプチャとは一味違う高解像度の動画を見てもらえるのではないかと。

ちなみにForza3のデモをちょっくらキャプってみましたが。
512x384では字とかつぶれちゃって悲しいことになりました。
背景描写や車のモデリングの美しさもどこまで伝わるか……
自分もSDキャプとはいえ、640x480で投稿に移行するかなぁと考えさせられました。


No.29360   投稿者 : western   2009年10月31日 01:40

昨日から、ニコニコ動画(smilevideo)が1280x720サイズの投稿を受け付けるようになったと聞きました。
さっそくアイマスやよいが富士見を爆走してる動画があがってたのですが……
えー、ウチのPCが非力なせいか、カックカックで全然再生できませんでした。
ニコ動flashプレーヤの改善を待たないと実用にはならないかもしれません。


ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks