Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/07/12 23:59 - 2009/07/12

一時ファイル置き場はやはりNASよりも・・・eSATAケース検討中

カテゴリ : デジモノ タグ :

    先日、RAID-5で使っていた NASをRAID-0 にして、Gigabit Ethernet経由で
    使ってみたらそこそこのパフォーマンスが出るというお話をしました。
     
    ■2009/05/15 [3基のHDDをRAID-5からRAID-0へ、Promise NS4300N のRAID構成変更]
     
    ただ、しばらくこの状態で使ってみるとやはり不満は隠せないものです。
    具体的にはTMPEncのエンコソース置き場として使っていたものの、
    各種操作の 合間合間で突っかかる ようになるのがどうにも納得いきません。
     

     
    前述の記事では「NASとしては」そこそこ速かったというだけで、
    USB接続のHDDにもパフォーマンス的には劣っています。
    どうせ一時ファイル置き場ということであれば
    もうちょっと工夫しても良さそうです。
     
    そこでふと気になったのですが、eSATA接続 です。
    今使っているshuttleのSX48P2Eというベアボーンには
    eSATAポートが2つ付いています。
     
    ■【 日本Shuttle株式会社 】 : シャトル 製品情報 - SX48P2 E
    http://www.shuttle-japan.jp/Product/SX48P2E/sx48p2espec.htm?PI=638
     
    eSATAであれば何となく外付けで使えて、パフォーマンスは
    内蔵HDDと同等ということになります。エンコ用一時ディスクという
    用途ではeSATAの活用というのはマッチしているのかもしれません。
     
    たとえば1TBだとこんなのがあります。実売で1.5万円くらいですね。
     
    ■ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0/eSATA用 外付けHDD
    http://buffalo.jp/products/catalog/storage/hd-hssu2/

    既存のHDDを活かしたいなら ケースを買う という手もありますし、
     
    ■NOVAC SATA 2台はい~るKIT TwinTurbo
    http://www.novac.co.jp/products/hardware/nv-hd/nv-hs201u/index.html
     
    中にはそのケースも 2台でRAID-0 できるという製品なんていう
    のもあります。ただ、扱いとしてはちょっとレアのようです。
     
    ■CREMAX、RAID対応のUSB/eSATA対応HDDケース
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090706_300289.html
     
    今はまず、どれでもよいから1台eSATAで試してみたいという気分です。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジモノ | | 2009/07/12 23:59


    « cd2wav32使用時にブルースクリーン! USB接続ドライブが原因?!

    トップに戻る

    玄人志向の「玄蔵Duo」でeSATAのRAID-0ドライブを構築 - ベンチマークも絶好調 »



    ▼ コメント ▼

    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks