Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/06/28 23:59 - 2009/06/28

Xactiみたいなフォルム?! EXEMODE DV533UW は1万円台の単焦点ムービーデジカメ

カテゴリ : デジカメ タグ :

    ■エグゼモード、3m防水対応の縦型SDビデオカメラ
    -640×480ドットのXviD記録。実売14,800円
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090630_298523.html
     
    EXEMODE から縦型デジタルムービーカメラの新型である
    「DV533UW」 が登場しました。発売予定日は7/18で、
    店頭予想価格は 14,800円 となっています。
     
    EXEMODEは前々から、「パッと見、○○製みたいな」 デジカメを
    いろいろ出していて、よくよく見ると トイカメラ仕様?!
    みたいな市場を狙ってくるトコロではあるのですが、今回のは、
     
     どうみてもXactiです 本当にありがとうございました。
     
    三洋のOEMかというと特にそういうことはなさそうで、
    やっぱりXactiっぽいフォルムを狙ってみましたみたいな
    そういうところみたいな感じみたいなのかもしれませんみたいな。
     
    あと重要なことを付け加えておくと、
     
     - 136.0×80.0×40.0 (mm)  EXEMODE DV533UW
     - 112.8×72.0×38.0 (mm)  SANYO Xacti CG10
     - 111.4×70.4×40.5 (mm)  SANYO Xacti CA9
     
    フォルムが似ているだけで、サイズは実は一回り大きかったり しますね。
     
    それはさておき、スペックのほうを見てみると、まず
    おさえるべきところは 単焦点(光学ズームなし) という点でしょう。
     
    この時点でアウトォ!という方も多いかとは思いますが、
    これがある意味EXEMODEの真骨頂で、まず1万円前後という価格、
    市場ありきで設定して 「必要な機能を」削ぎ落として いくところが
    大変大胆です。実際、とにかく撮れればいいから少しでも安く、
    という需要はそれなりにありそうな気がします。
     
    次に、最高画質が 640×480 30fps XviD(.avi) となっています。
    MPEG4/H.264が完全に主流となった今、あえてXviDというのも
    珍しいのですが、これもおそらく権利周りが関係して、1万円付近を
    狙おうとするとXviDのほうが良いことが多いのでしょう。
    過去のEXEMODEのビデオカメラもXviDを採用しています。
     
    最高ビットレートが良く分からなかったのですが、内蔵メモリの
    32MBで57秒記録できると書いてありますので、逆算すると 4.5Mbps
    ということになります。例えばかつての名機だったXacti CG65などは
    同じく640×480で最高ビットレートが3Mbpsだったことを考えると、
    4.5Mbpsというのは十分すぎるスペックといえそうです。
     
    ちなみに32MBというのはあくまでオマケの内蔵メモリで、
    もちろんSD/SDHCカードを挿すことができます。ただしサポートは
    8GBまで となっていますのでご注意ください。このくらいは32GBまで
    頑張ってサポートしてくれても良さそうなものですが・・・。
     
    もう1つ注目したいのは連続撮影時間で、何と 2時間20分 という
    公称スペックになっています。これは撮影中の操作を一切せずに
    流し撮りした際の数字だと思うのですが、もし額面どおりであれば、
    Xacti CG10の2倍近い数字です。上述したとおり外形寸法が一回り
    大きいことやコーデックが違うことも影響していると思いますが、
    たとえば三脚付けて固定視点でひたすら長回しするような用途だと
    この EXEMODE DV533UW が優位に立つシーンもあるのかもしれません。
     
    いずれにせよもっと小さくて5倍ズームで価格も3万円以下の
    Xacti CG10Xacti CA9 が存在する現状では、単焦点の DV533UW が
    求められるケースというのは限られてくるでしょう。ただ、1万円
    ちょっとで買えるというのはそれはそれで大きな魅力ではあります。
     
    それと個人的にはXviD 4.5Mbpsというのがどんな絵になるのか
    ちょっと試してみたい気持ちもあります。。。

    CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
    ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



    投稿者 CK : 記事URL | デジカメ | | 2009/06/28 23:59


    « 4×4入出力の全パターンに対応した「PM4X4」 - お値段も12万円?!

    トップに戻る

    「自宅サーバにSSD」の道は遠いが・・・未使用キャッシュ削除で60GB開放 »



    ▼ コメント ▼

    No.29113   投稿者 : 船橋   2009年7月 1日 10:53

    先日の「飛び出せ!科学君」で、風船にハイビジョンカメラをぶら下げて、高度3万メートルからのテレビ史上初の映像を撮影するという企画をしていました。
    まるでスペースシャトルから撮影したようなめちゃめちゃきれいな映像が公開されてましたが。
    そのハイビジョンカメラってのが、Xactiだったんですよね。
    Xacti、まだまだいけると思いました。


    No.29114   投稿者 : 船橋   2009年7月 1日 10:54

    先日の「飛び出せ!科学君」で、風船にハイビジョンカメラをぶら下げて、高度3万メートルからのテレビ史上初の映像を撮影するという企画をしていました。
    まるでスペースシャトルから撮影したようなめちゃめちゃきれいな映像が公開されてましたが。
    そのハイビジョンカメラってのが、Xactiだったんですよね。
    Xacti、まだまだいけると思いました


    ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
    ※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
    スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


    ▼ はてなブックマークのコメント ▼


    ▼ トラックバック ▼

    このエントリーのトラックバックURL:

    ★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
     
    デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks