Amazon商品の価格変動チェック「あまとも」
コミックダッシュ!は初音ミクGTプロジェクトを応援しています
個人ニュースサイトを巡回する「メガとんトラック」
全ての記事 携プレMP3 デジカメ レコーダ ゲーム メモリ デジモノ コラム 雑談 ブログ あまとも コミックダッシュ!
前の記事次の記事
2009/05/10 23:59 - 2009/05/10

ひとやすみ: 東京駅の「一旦ドア閉め」、東京に現れた「巨大な虹」

カテゴリ : 雑談 タグ :

ちょっとした余談を1つ2つ。
 
これはGW前にたまたま東京駅で見つけた張り紙です。
 

 
よく知られているお話ですが、東京駅の中央線ホームは、
平日の夕方18時頃から 「一旦ドア閉め整列乗車」 というのを行います。
 
上り電車が到着して終点の東京駅に着くと、折り返し下り電車の乗客は
そのまま乗ることができず、上りの乗客を全て降ろして
誰もいなくなったことを駅員が確認してから、一旦ドアを閉め、
それからドアを開けて下りの乗客を乗せるというやり方です。
東京駅以外でも実施しているところはあると思います。
 
この表向きの目的は、降りる人と乗る人が互いに邪魔をし合うために
起こる混乱を避けようという理由ですが、本来の目的は、これもよく
知られているように、神田、御茶ノ水などから下りに向かう乗客が、
「座るためだけに一度東京駅まで出て折り返す」 ことを防ぐためです。
 
本来は下りの乗客が一度東京駅まで上ってきて折り返すこと自体が
無賃乗車に当たるものですからJRとしても認めたくないのは勿論のこと、
東京駅で順序良く並んでいた人がその人たちの所為で座れなくなって
しまうとしたら、いつどこで険悪な事態になってしまってもおかしくありません。
そもそもラッシュ時には混雑がさらに悪化するというのも問題です。
 
そこで、一見非効率に見える一旦ドア閉めを行うことで、上りの乗客を
そのまま座って折り返しさせないという措置を取っているわけです。
 
ところが、この「一旦ドア閉め整列乗車」、ダイヤが乱れて電車の到着が
遅れだすと、すぐに「取り止め」になって しまいます。
「電車に遅れが出ているため、一旦ドア閉めは中止とさせて頂いております」
というアナウンスが流れ、乗降は普通のやり方に戻ります。
 
こんなに簡単に取り止めるようだったら、また混乱が起こるんじゃないか、
と一瞬思ってしまうのですが、実際には大した混乱は起こりません。
というのも、普段から「東京駅は一旦ドア閉めをやっている」ということが
多くの人に周知されているため、神田や御茶ノ水から乗る人は、
「東京駅に出ても無駄だ」 ということが身にしみて分かっているからです。
 

(「沈黙の艦隊」 かわぐちかいじ 講談社)
 
私がふと思い出したのは、コミック「沈黙の艦隊」のエピソードです。
核の使用に対して懲罰の核を打つ艦隊を作るという話が出てきますが、
ここでいう沈黙の艦隊は「実際にはなくても、あると信じ込ませるだけで
他国の核使用を躊躇させる効果がある」という話がでてきます。
 
実際にはJRがそうしているように、本当に何度も実施して経験をさせる
ことではじめて、時々手を抜いても問題ないという状況を作ることができる
のだと思いますが、この「一旦ドア閉め」が、7~8割実施されていれば、
あとの2~3割は実際にやらなくても効果はそれほど落ちない、
という原則で実施されているのを見るとなかなか新鮮です。
 
 
もう1つ。
先日の東京近辺に 巨大な虹 が現れましたが、
そのとき私もたまたま駅前にいてその光景に遭遇しました。
 
■東京のやつらwww超ぶっとい虹が出てるwwwwwwwww
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-685.html
 
その虹は確かに、今までに見たことのない凄い大きさで圧倒されたのですが、
それよりも私の目を惹いたのは、
 
 その虹に向かって一斉にケータイのカメラを
 
差し向ける人の群れでした。
 
その姿が滑稽だとかいうつもりはありません。むしろその衝動は
とても理解できるものでした。むしろ、これだけ多くの人が
一様に同じ行動を取るということに素直な驚きを感じたものです。
 

(「マスターキートン」 浦沢直樹 小学館)
 
私の大好きなコミック「マスターキートン」(残念ながら絶版中)に
こんなエピソードがあります。人と人が分かり合えるなんて幻想だ、
他人の心の中は分かりっこない、人はいつでも自分の中のことしか分からない、
でも、荘厳なオーロラ を目の当たりにしたときだけは、自分も他人も、
人だけでなく獣たちでさえも、きっと同じことを考えていると。
 
人々を同じ方向に向かせるということを考えるとき、その原理を
「理屈」に頼るべきか、「感情」に頼るべきか、ということを、
時々考えます。もちろんどちらが正しいというお話でも何でもなくて、
どちらもアリなのは間違いありません。
 
ただ、その1つの例として、東京に現れた巨大な虹はとても強烈なものでした。
群集が一様にケータイで写真を撮っている姿は、まるで手を差し伸べて
何かを崇めているかのようだった、といったら言い過ぎでしょうか。

CK@デジモノに埋もれる日々 @ckom
ブログ「デジモノに埋もれる日々」「アニメレーダー」「コミックダッシュ!」管理人。デジモノ、アニメ、ゲーム等の雑多な情報をツイートします。



投稿者 CK : 記事URL | 雑談 | | 2009/05/10 23:59


« Amazon APIが電子署名必須の「Product Advertising API」に変更、その目的は?

トップに戻る

315gの超小型軽量UMPC「mbook」 - 韓国版の実機レポートが上がっています »


▼ 関連記事 ▼



▼ コメント ▼

ご自由にコメントください(=゜ω゜)ノ  ▼ コメント入力欄を開く ▼
※管理人は多忙のためお返事はほとんどできません(スミマセン)。
スパムおよび本文と無関係なコメントは削除対象になる可能性があります。


▼ はてなブックマークのコメント ▼


▼ トラックバック ▼

このエントリーのトラックバックURL:

★コミックダッシュ! 10,000人突破ありがとうキャンペーン!(9/18~10/23)
 
デジモノに埋もれる日々 : (C) CKWorks